~熱風の果て~

観劇の記録

夏に舞う雪のように(Southern'X)@シアターモリエール

【演出】陽田翔大、【脚本】蜂巣和紀

【出演】さいとう雅子、陽田翔大、古野あきほ、蜂巣和紀、今吉めぐみ、御崎かれん、寺崎まどか、石橋寛仁、澤野泰誠、山下哲平、麻生金三、土田卓弥、吉田菜都実、渡壁りさ、有村瞳、髙橋凪沙、中村衣里、高橋喜和子、小山未結、網野ちひろ、渡邉理恵、永瀬葵子
f:id:JoanUBARA:20171112231459j:plain
期待して見に行った4月の旗揚げ公演がいまいち肌に合わなかったので、第2弾があったとしても見に行くことはないかもしれないと思ってしまっていたSouthern'Xの公演。しかし、まぁこさんの久しぶりの主演舞台と聞いてはチケットを買わずにはいられない。作品の紹介文にも興味を惹かれたこともあり、再び期待値を高めて、5年ぶりとなるシアターモリエールへと向かった。
「虫と話ができる少女」と「植物と話ができる少女」というファンタジー要素あふれる設定だが、繰り広げられるのは心理劇。昔ながらの雰囲気のある劇場にシンプルなセットが組まれ、ライトやBGMによる演出も、セミの鳴き声など最低限。だからこそ一つ一つの台詞や表情がより強い意味を持って感じられた。自分にとっては、華やかさのあった旗揚げ公演よりも、こちらの方が性に合っていた。人間と虫と植物。種が全く異なる三人の男たちが、他者との関係に悩み、自分に悩み、時に言葉を重ねながら孤独なモノローグを紡ぐ、これぞ演劇という場面が特に好きだった。
星空ハーモニーでは、例えば麻生金三さん演じる教師なんかは細かく内面まで描かれることはなかったが、今作は、同じ麻生さんが演じた副会長の内面の葛藤と、それを乗り越え、人間として成長する過程がきちんと描かれた。明生にしてもそうだし、こうして様々な糸を絡めながらまとめ上げた結果として、芯のしっかりした物語が紡がれた。
蜂巣さんのアイデアを基に原案となる小説を書いたという「海々うみ」さんという方は、検索しても全くヒットしないので、もしかしたら、普段は他の名前で活動している方の別名なのだろうか、と想像もしている。
実際にはそれぞれの姿のまま存在している虫たちやサボテンが、少女たちのイマジナリーの世界を投影した人間の姿を纏って舞台上に現れるので、中盤でそれが一気に明らかにされるまでは、真実は観客に対して上手に覆い隠される。全てを知ったうえで観た2回目の観劇で一つ一つの台詞や、人物たちの視線に注意を傾けると、自然なコミュニケーションのように見えていた部分が実は擦れ違っていることが分かったり、なるほどと思うことばかりの緻密さだった。
主演のまぁこさんは、役に感情を預けて、全霊をかけて演じるタイプの女優さんだから、役によってその色を変える。台詞が口をつくひとつ前のタイミングで、瞬きや僅かな表情まで使って感情を表す。これまでも彼女の演技の魅力には惹かれてきたが、凄みまで感じられる今作での演技だった。感情をヒステリックに爆発させてしまう場面もあり、叫び声の痛々しい鋭さは劇場の空気を悲しく切り裂いた。
古野あきほさんのことは、ファーストインプレッションだった「ノッキンヘブン」の雪華さまのイメージがいまだに強いが、今作でようやくセーラー服姿がしっくりと来るようになった。まぁこさんとほとんど背丈が変わらないというのは意外。明るい表情と伏し目がちになったときの悲しみの表情、どちらも魅力的だ。雪に詰め寄られた後の場面は舞台上では描かれなかったが、サボテンの樹くんの台詞から雫の姿を想像するだけでも胸が痛む。樹くんはその名前から、植物にしても、セットにある一本の大きな木かと思ったが、実体は可愛いミニサボテン。これは意外だった。
旗揚げ公演では主宰という遠慮もあってか、館長役として一歩引いた位置で舞台に上がっていた蜂巣さんは、アブラゼミ役として、今回は大声を出して大いに暴れて存在感を存分に発揮してくれた。繊細さを悟られないかのようにする豪快さ、そして時折見せる寂しげな目と背中。陽田さんという演技の面でも頼りがいのある柱もいることだし、唯一無二の個性を生かさない法はない。今吉さん演じる「カナ」との「ヒグラシノコイ」は美しく儚い。夏に降る雪のように羽を落として雪に最後の贈り物が届く場面は感動的だった。今吉さんもまた、まぁこさんと同じく、感情で演技をするタイプの女優さんだ。
AKBの「ヒグラシノコイ」は人間の恋をセミになぞらえた歌だが、セミを主題とした歌といえば、次のような曲を思い出す。

たったひと夏で 消える命だと 知って蝉たちは 鳴いているのか
(赤い鳥「せみしぐれ」)

蝉が鳴いてる どこか遠くで 短い命に 夏は長すぎる
(ふきのとう「蝉」)

蝉をはじめとする虫たちの寿命の短さは、この劇でも歌の中でも悲しげであるように描かれる。しかし、短いというのは人間の尺度を当てはめているからで、それぞれの寿命というのは長い、短いでは測れないようにも思う。グリム童話には、ロバや猿が人間にこき使われるくらいなら長い寿命はいらないと神に訴え、結果その分を人間がもらって、動物よりも長生きするようになった・・・という話もある。家畜でなくても、1年~999年の寿命を選べるとして、人間や動物たちはどのくらいの長さを選ぶだろうかと考えると、単純に999年を選択するというものではない・・・はず。それに、種としての寿命を考えると、個体の寿命の長さは決して有利とは言えないということもあるわけだし。とはいえ、セミやカブトムシが生命の終わりを受け入れようとして葛藤する姿は辛い。
まぁこさんのように、ゴキブリを見かけると「クロちゃん」と愛情を持ってしまうのも、それはそれで困ったことかもしれないけど、この劇を見れば、その気持ちはよく分かる。
「星空ハーモニー」のときも印象に残っていた、渡壁りささんのホスピタリティ溢れる物販の接客ぶりは本当に素晴らしい。本当は、接客よりも演技で褒めないと意味はないのかもしれないけど、生徒会長役は彼女の本領ではなかったかな・・・。どちらかと言えば、昆虫役の方で見たかった。
【⇒これまでの観劇作品一覧

名探偵とナン(カラスカ)@日暮里d-倉庫

【脚本・演出】江戸川崇

【出演】緒方有里沙、前田真弥、三輪翔志、塩原康孝、星守紗凪、吉本剛士、ぴんきゅ、ささきあや、西山駿太、黒津勇介、伊藤新、大橋タクヤ、丸山祐花、藤崎日菜子、藤井玲乃、大仲マリ、久高将史、滝川華子、
f:id:JoanUBARA:20171112220529j:plain
「シュベスターの誓い」と「ノッキンヘブン」に出演していた役者さんが複数出演する舞台をはしごすることになったこの週末。日暮里d-倉庫では、「シュベスター」から緒方有里沙さんが主演、星守紗凪さんが変則ダブルキャストで出演する舞台が演じられた。9月に上演された江戸川崇さん作の舞台「バック島」を見ているという縁もあった。
公演タイトルを聞けば、「ナン」とは何ぞやとなるわけだが、元名作劇場ファン的思考としては、「ナン」といえば、「ナンとジョー先生」の主人公であるノーティ・ナンことアニー・ハーディングさんのことを真っ先に思い浮かべることになる。もちろんそれは不正解で、「名探偵コナン」と、インド料理のナンを掛けているのが正解。作者が江戸川さんだから、江戸川コナン君という発想がすぐに出てきたのだろうか。
「こなそ君」が登場したり、基本的にはパロディ色も豊かなナンセンスコメディ。しかし、会場が一番大きな笑いに包まれたのは、インド人役で、劇中ずっと甲高い声で滅茶苦茶な言葉を語り続けていた吉本さんが普通の日本語で喋った瞬間だった。
殺人事件による死人が一人もいない探偵ものというのも珍しいが、探偵ものらしく、どこか不自然な設定や伏線が至る所に張られていて、最終的には回想シーンと行き来しながら全て回収される。飛び道具が使われているとはいえ、なかなか周到だった。今回は1公演しか見られなかったが、こういう舞台は複数回見ると全く違った見方ができて面白いはず。インド人にすっかり騙されて、「幽霊」という発想までは思い至らなかったな。しかし、こなそ君の言うように、真実は一つとは限らず、舞台上で描かれた光景が真実とも言い切れない。もしかしたら、統合失調症とされていたナン姉ちゃんだけが真実を見ていて、秘密組織が実在している可能性もゼロではないのだ。
主演の緒方さんは、探偵のベレー帽姿と、前髪から三つ編みにした髪型は可愛らしい。いまだに「シュベスター」のときのブリちゃん役の印象が強すぎるので、顔を見ていると「眼鏡を外したら美女だった」という感覚を抱いてしまう。眉根を少し険しくして八の字の眉の下の綺麗な瞳を光らせ、口の中に飴玉を入れているかのように頬を膨らましながら謎解きに挑んでいた。過去を思い出すことを避け、過去を思い出してもなお、未来へ進み続けていく生き方は賛否両論あるところかもしれないが、強さに溢れていた。
星守さんは、ナンに足を滑らせて転落死してしまった幽霊という設定。今回のような、力が入り過ぎて空回りしているような役もよく似合う。途中までは、なぜ時が経過しているはずなのに制服姿のままなのかという疑問はあっても、そうとは気づかなかった。声優としても活躍する彼女らしく、ルド女のときよりも一段高い声を張って精一杯の演技ぶりだった。一発芸コーナーもあって、そこはお約束の滑りっぷりだったが、こういう経験をして舞台度胸がついていくもの。共演者がネタを拾った場合の展開も見てみたかった。12月には、また江戸川さんが作・演出の「ダーリンの進化論」にも出演が決まっているので、そちらも楽しみにしている。そして、来年2月の「ルド女」では、また馴染みのある顔が揃うことになる。
【⇒これまでの観劇作品一覧

勇者セイヤンの物語(仮)(爆走おとな小学生)@CBGKシブゲキ!!

【脚本・演出】加藤光大

【出演】佐川大樹、篠田みなみ、川隅美慎藤嵜亜莉沙、高木聡一朗、釣本南、仲谷明香、芹沢尚哉、上田悠介、加藤光大、富田麻帆、市川咲、石原美沙紀、夏目愛海、千歳まち、早乙女ゆう佐藤誠悟、山田裕太、丸山正吾、岡延明、上野健、澤田洋栄、小林諒大、竹崎佳祐、平塚あみ、宇都美月、竹内花
f:id:JoanUBARA:20171112214137j:plain
セイヤンシリーズでは、7月に観た「(真)」の前日譚となる「(仮)」。
RPGの世界を舞台として、人間とモンスターとの関係、善悪とは何かということを考えさせる物語の土台は(仮)で既に出来上がっている。人間であることを捨ててモンスターの守護者となった軍隊長の正義を貫く生き様が美しく、セイヤン以上に主人公らしい人物だった。義に殉じて死んだと思いきや、ラストでは不死身であることが示されたので、もしかしたら彼が(真)のユウシャンになる男なのかとも思ったが、それはさすがに辻褄が合わないか。
人間も全員が悪ということはなく、むしろ国王一人が諸悪の根源で、ほとんどの死の原因は彼に行き着く。この作品では、善人は無残に死に行く運命にあるが、裏切り者を装って仲間に切り殺される道を選んだ丸山正吾さん演じる「兵士1」の最期は胸を打った。しかし、すぐに国王が余韻を打ち砕いていくので、感傷に浸るような暇もない。善人要素の欠片もない国王という登場人物を出したことで、やや構図が単純化されてしまった憾みはある。なぜ彼のようなモンスター国王が生まれたのか、理由があるのであれば見てみたいが、単なる卑劣漢ならば仕方がない。いずれ倒される運命を知りつつも諦めずに正しい道を行こうとする2面のボスや、深く考えないゆえの単純な正義感を貫く1面のボスの生き様もまた美しかったが、モンスター側にも裏切り者のような「悪」の要素が盛り込まれたりしてもよかったのではないかとは感じた。物語の深みとしては、やはり後から書き上げられた(真)の方に軍配が上がる。高木聡一朗さんの演技を見るのは「ノッキンヘブン」以来2回目だったが、こんな破天荒な演技もする人だったのかと、少し驚いた。
ヒロイン役は、本職が声優の二人がダブルキャストで演じていて、観に行った回は、篠田みなみさんの初日となる回だった。アニメはほぼ見ないので、名前を聞いたのも初めてだったが、彼女はこの舞台で最大の発見。声は周りの役者に比べると出ていない感じはあったが、驚かされたのは美しい身体の動かし方。147センチという小柄な身体のあらゆる関節を柔らかく操りながら、時にしなやかに、時に鋭くダンスや殺陣をこなす姿には惚れ惚れした。どこかで舞台に挑戦する姿をまた見たいものだ。
オープニングのダンスは迫力があったが、ネタバレ要素が強すぎたのが難点。篠田さん演じるキャメロンが両親と妹を撃ち殺して、最後は自らの頭を撃ち抜くという衝撃の展開がそのままストーリーで演じらたのは、ある意味では予想外とも言えるが・・・。
キャメロンの妹を演じた市川咲さんは、こういう高飛車で生意気で、なおかつ小悪魔的な魅力を持つお嬢様役は恐ろしいほどはまる。自業自得とはいえ、あの両親の下で育てられた不運を思えば、今わの際に改悛するようなところがあった方が救いはあったと思うが、キャメロンも同じ両親から生まれたのだから、生まれのせいとばかりは擁護できないので仕方がない。
子役を使うのは、この手の舞台では珍しい。ビジネスの潮流を語るおませな妖精少年はショタ趣味云々とかいう以前に存在が可愛らしい。しかしそんな彼ですら凶弾の下に斃すシナリオの容赦のなさよ・・・
(真)ではモンスター役だったあいみんこと夏目愛海さんは、今回は人間役。役のインパクトとしては前作の方が強かったが、脇役ながら、パーティに加わる前の哀れな境遇だった頃の描写もきちんと描かれていた。使えない仲間を足蹴にするようなブラックな一面も見られて満足。8本の舞台に出演して、休む間もなく駆け抜けたあいみんの舞台出演も今年はこれで最後。映画やグラビアにも活躍の場を広げつつあるので、舞台で会える機会は少なくなりそうなのは寂しい気もするが、熱いほどの向上心の持ち主でもある彼女にとって、来年は大切な1年になりそうだ。
なかやんこと仲谷さんのことを見るのは、5年前の劇場公演以来。声優になるという夢を叶えた彼女は、舞台でもスラウィムという純粋無垢なモンスター役を、そのキャラクターにぴったりの可愛らしい声で堂々と演じていて、AKBでは必ずしも陽の当たる道を通ってきたわけではない彼女の立派な姿を見られたのは嬉しかった。
【⇒これまでの観劇作品一覧

リングのリア王!?(T-ZONE)@築地ブディストホール

【演出】私オム【作】矢澤和重

【出演】小日向茜、石井陽菜、荒木未歩、加藤里保菜、マホ、熊谷知花橘花凛芦原優愛白川未奈、モモコ、ユミ、安里南、芦田美歩、石川あんな、園部実卯、林さくら
f:id:JoanUBARA:20171105205704j:plain
演劇作品としては過大な期待をせずに見に行ったつもりだったが、それでも見るべきものがほとんどなかったというのが正直な感想になってしまう。上演時間は僅か75分ほどで、場面の転換を繰り返しながらテンポよくと言えば聞こえはよいが、シェイクスピアの作品を翻案することへのこだわりやそうすべき理由は感じられず、人間関係や欲望が抉り出されるような台詞や場面も見られなかった。リピーター特典や特典会の料金設定を見れば、アイドルイベントとしての色彩も濃いとはいえ、厳しい出来栄えだった。初舞台の出演者も多かったようなので、これを足掛かりにして活躍の場が広がっていく人が現れていくのならば、この舞台の意味もある。
唯一の見せ場と言えるのが、アイスリボンの指導を受けたバトルロイヤルのシーン。場外乱闘のサービスまであったが、せっかく教わった技術を十分に見せる間もなく、雑然としたまま同時多発的にあっさりと終わってしまった印象だった。リングアナ役を置いた方が臨場感が出た気もする。戦いながら台詞を挟んで人間模様を浮き彫りにするとか、相手への愛憎入り混じった感情をバトルにぶつけるとか、バトルの中で描くべきものがあったのではないかと思う。
演技の面で目立っていたのが、よく通る舞台向きの美声を響かせていた荒木未歩さん。髪を上げたデコ出しスタイルだったので、「イバラヒメ」に出演していた荒木さんということは、カーテンコールでの自己紹介を聞くまで気づけなかった。コーディリア役の石井陽菜さんも、ショートカットになったこともあって、どこかで見た覚えがある人ということは分かったが、やはり自己紹介まで思い出せなかった。元チアチアの芦原さんも自己紹介で名前を聞いて驚いた一人だった。悪役を演じた熊谷知花さんは、企みを秘めた表情と従順さを装う表情で、二面性を巧みに演じていて、スラっとした舞台での立ち姿も映えていた。
アフィリアからは、3名が初舞台を踏んだ。グループを率いるマホさんは、甘ったるいながらもはっきりと通る声で、初舞台ということを感じさせない演技。舞台上の態度も堂々としていて、もしこの企画が次もあるのなら主役を任せられることもありそうだが、できれば違う企画にも進出して、舞台女優としても今後につなげていってほしいと思った。モモコさんはプロレスコスチュームでもとにかく可憐でアイドル。ユミさんは覆面姿のときの暴れぶりが清々しかった。
小日向さんは、「シンデビ」への出演もあって、なかなか稽古に参加できない中で苦労と焦りも感じながら迎えた初座長の本番。派手な場面はなかったが、演じぶりは安定感十分。王家に生まれることで王となる西洋の王朝とは異なり、魅力と実力でトップに上り詰めたプロレス界のクイーンなので、もう少し人を引き付ける魅力が伝わるようなエピソードが盛り込まれれば、クイーンの肩書きがより生きただろうと思うと、少し惜しい役だった。

【⇒これまでの観劇作品一覧

映画「アリスインデッドリースクール・アジタート」上映イベント@コフレリオ新宿シアター

f:id:JoanUBARA:20171006154751j:plain

【出演】若林倫香船岡咲中塚智実八坂沙織大塚愛菜、民本しょうこ、天音、渡辺菜友、佐藤琴乃、山岸謙太郎
舞台版の「ノクターン」に出演したメンバーが夏にロケを敢行した映画版、そして同じメンバーが声をアテたアニメ版の上映会が新宿で開催。映画上映にも対応するとはさすがコフレリオ。いずれはここでアリスインの演劇が演じられることもあるだろうか。
映画版とアニメ版を同時上映する回を選んだところ、それが唯一の民本さんのMC回。水貴のフリフリ制服で登場して強烈な出オチには成功した民本さんだったが、舞台上での瞬間風速の強さとはまた違った危うさ満点のMCぶり。それはそれで面白かったが、民本さんが生きる場所はやはり演劇の舞台の上だと思ったり。助けを求めているうちに、いつの間にか中塚さんがメインMCとしてトークを仕切る形に・・・。ボケの民本さんとツッコミの中塚さんのともしょうコンビは、リアル「のびゅーん」な感じだった。AKB時代はどちらかと言うと控え目だった中塚さんは、すっかり舞台度胸がついて、頼もしい仕切りぶり。自分を解放して、演者としても人間としても成長した姿があった。

映画版「アジタート」(【監督】山岸謙太郎、【脚本】麻草郁

山岸監督は、アニメ版のフィルムが完成した後で撮影に入ったということで、最後発ゆえの挑戦的な映画に仕上がった「アジタート」。生きることにこだわりが感じられる作品で、真剣に生きることから逃げようとしている水貴への優の怒りも見られた。尺は40分ほどなので、のびゅーんコンビ以外の背景やエピソードは思い切って削られていた。和磨会長ですら気が付いたら退場しているというほどの急展開で、蚊に刺されるようにその他大勢的に食べられ、ゾンビ化もしていく登場人物たち。うっ血したような皮膚と白コンタクトで施されたゾンビメイクはかなり強烈だ。
舞台版とは違ったキャラクターの一面も見られた。大きなコンパスを得物に必死に戦う氷鏡や、必死に生き抜こうとする水貴の姿は新鮮で、彼女たちが短い劇中の中で成長し、変わった証として印象に残るシーンだった。
紅島さんの金属バットの前にゾンビたちは死屍累々で、映画版ならではの流血シーンも数多。彼女の相手に相応しい大ボスも用意されるという優遇ぶり。ブラジャーに包まれた大ボスの最期はきっと幸せだったでしょう。映画版、アニメ版の両方で改変なく再現されたエピソードが、紅島さんと高森部長へのライターの受け渡しと、高森部長の爆死。映画版は、これまでで最もトラウマ度が高い描写で、感動を通り越して呆然と見守るしかなかった。
信子が噛まれた後の展開も斬新。あのまま屋上でのサバイバル生活を長く続けた優は、いずれゾンビマスターとなって、救出に訪れた人間たちと戦うことになる可能性すらあるのではないだろうか。フォーエバー菌に感染したビジュアルはショッキングだったが、船岡さんの整った顔貌は、フィルム映え、スクリーン映えをする。花火に照らされる顔は美しかった。
ロケ地は常陸大宮市にある、杉林の裏山が迫る廃校。舞台版では、もっと都会にある学校のイメージだったが、常陸大宮にもショッピングモールはあるようなので、何も問題はない。蜂に襲われた天音さんをスタッフたちがゴキジェットで救出したり、虫愛ずる姫となって大きなバッタを手づかみで逃がしてあげる持田さんなど、自然の中でのロケならではの裏話も聞くことができた。

アニメ版「コンチェルト」(【監督】山内重保、【脚本】影山由美

公開までに紆余曲折もあったと想像されるアニメ版デッドリー。キャラデザインは2015年に上演された「ビヨンド」の出演者がベースになっているとのことで、唯一同一キャストが演じた信子は船岡さんにそっくりだった。「コンチェルト」という副題が表すとおり、美しい音楽を背景に、終末の訪れが音もなく散る花のアニメーションを交えながら、美しく描かれる。下着がちらちらするシーンが散見されたのは少し気になったが、あの状況であれば、見える方がむしろ自然か。
持田さんが声をアテるピアノに殉じる新キャラや、食べないことを選択するゾンビといった新たなエピソードも挿入され、短編ながら趣の深い作品となっていた。一方で激しさも描かれ、戦場カメラマンのような依鳴と霧子の壮絶なジャーナリスト魂は、舞台版にもない鮮烈な印象を遺すエピソードだった。
映画版では活躍の場があまりなかった和磨会長は、可憐なビジュアルで、敬語を崩さないという完全無欠の美少女キャラ。その絵柄に合わせて、舞台版とは全く違った声で演じ分ける中塚さんはさすがだ。アイドルの夢の実現のしかたとしては、舞台版以上に感動を残す描き方で、これは舞台で再現しようとしても難しい、アニメならではのものだった。
信子の感染と変化も、舞台版や映画版とは異なり、静かに描かれる。言葉ではっきりと言わなくても伝わり合う信子と優の気持ち。コンビ結成に至るエピソードで、信子が背負っていた寂しさとそれを救った優。お互いを救った二人の関係がブランコを介して描かれたのもよかった。

【⇒これまでの観劇作品一覧