~熱風の果て~

観劇の記録

楽園の女王(ILLUMINUS)@シアターモリエール

【脚本・演出】吉田武寛

【出演】相笠萌、岡田彩花、栗生みな、千歳ゆう、星守紗凪、椎名香奈江、丸瀬こはる、倉沢しえり、植野祐美、日下部美愛、真田真帆、西村美咲、平原ゆか、楓菜々、神野紗英子、田中亜美、徳岡明
f:id:JoanUBARA:20190604220424j:plain
1月に上演された「赤の女王」が持つ世界観、色彩が好きだったので、続編制作決定と聞いたときから楽しみにしていた。作品への期待が高く、今回は早めに席を確保して、2日間観劇することにした。
若さを保ち続けるリリィ、エリザベート、アメリア、そして悪魔の4人はキャスティングも同じく、再登場。そして、その他の人物の中にも、前作の生まれ変わりと明示される人物や、はっきりと示されないまでも前作の香りを漂わせる人物たちが登場して、40年後という舞台設定にもかかわらず、前作とのつながりも随所に見られた。
前作の主人公であるエルの生まれ変わりとされる、相笠萌さん演じるメアリーは、純粋な少女かと思わせた後の、内に抱えた闇や心の壊れ具合のギャップが恐ろしかった。相笠萌さんの、やや無機質なビジュアルと演じ方は、終演後に振り返ってみれば、その両面を上手く表現していたことに気づく。
アフタートークでは、岡田彩花さんと、二人の普段のキャラと演じたキャラの組み合わせが逆だと話していたが、それが舞台で演じることの醍醐味でもある。卒業して別々の道を歩む同期生がこうして同じ舞台に立つ姿を見ることができるというのも感慨深いものだった。いわゆるアンサンブルのサーヴァントのキャストたちも同等にアフタートークに参加するというのは珍しいのではないかと思うが、こういうところにも制作陣の姿勢のようなものが見える。
前作からの40年間の出来事は詳しく語られることがなかったが、最大の謎は、不死身だったはずのエルがどういう経緯でこの世を去ったのかということ。爆発で粉々になっても再生するという設定まで出てきて、ますます謎は深まるが、年末に上演が決まった続編で明かされるのだろうか。個人的には、「リリィ」と言えば、アサルトリリィシリーズを思い出すので、そちらでメインキャストを演じている星守紗凪さんの出演には縁を感じる。可憐なビジュアルとのギャップを最大限に生かした、アンの潔いほどの狂気に星守さんの演技に新たな境地を見た。前作で強烈なインパクトを残したワルツを踊りながらの斬殺シーンの犠牲者となってしまったが、前作のヒルダと違って、アンの場合は完全な自業自得なので、自慢の顔を斬られるというおまけまで付いて、ある意味では爽快なシーンでもあった。しかし、果物を重しにして海に沈めても、腐れば浮き上がってくるようにも思うのだが、肺に水が入っていれば浮かぶことはないということなのか、はたまた続編でアンが再登場するということもあり得る・・・?
続編でも小綺麗にまとめないインモラルな世界観と複雑な人間模様を堪能でき、ますますパワーアップしたエリザベート様など前作のキャラや魂を受け継ぐキャラに再び会えたのも嬉しかった。一方では、リリィ、エリザベート、アメリア、悪魔の前作組の力は余りにも強大でありすぎた感はあった。リリィと悪魔なんかは宿敵と言うよりも、何となく腐れ縁のような気安さまで感じられ、この4人の関係性に進展が見られなかったのは、やや物足りなかった。アドリブも自在にふざけるエリザベート様は愛すべきキャラクターで、ため息をつくシーンに悩みが感じられもしたが、輪廻転生の輪からも、食物連鎖の循環からも逸脱した存在である彼女たちが、真の幸福や安寧、はたまた終焉にたどり着く日はまだまだ遠そうだ。
もう一つ、椎名さん演じたフィオナの裁判を通しての回想という形式を取った点は、人によって評価が分かれるところか。舞台で演じられるよりも先に一部の核心が明かされるという点では先を読む楽しみが奪われるように感じ、また、回想と事実との齟齬に、人間の業の深さが暴かれるという点では単なる回想ではなく、そこもまた物語の一部を成すという深みを感じた。ルイーズ社長が前作で西村さんが演じたタピカの生まれ変わりだとすれば、フィオナは妹のジェシカの生まれ変わりなのかとも思ってしまうが、前作のジェシカは最後は改心していたと信じたい。
【⇒これまでの観劇作品一覧

関連記事

kittens.hateblo.jp

雨のち晴れ(劇団シアターザロケッツ)@テアトルBONBON

【脚本・演出】荒木太朗

【出演】佐藤弘樹、北澤早紀、毎熊宏介、狩野健斗、大橋篤、浅倉一男、森岡宏治、天野きょうじ、美鈴響子、堀木さな
f:id:JoanUBARA:20190604210706j:plain
何度か再演をされていて、2年前に岡田彩花さんが初舞台を踏んだ時に観劇したことがある演目。
天野さんと美鈴さんの二人はそのときも出演していたキャストで、主演の二人を含め、その他は新たなキャスティングとなっていた。
佐藤弘樹さんの陽介は、若宮さんが江戸っ子気質のきっぷの良さを前面に出していたのと比較すると、より内向的で悩みが深い部分を掘り下げた演じ方だった。晴美の過去の姿を思い浮かべる場面での抜け殻ぶりや、晴美への思いを一旦は断ち切ろうとしながらも正直に弱みを見せる部分のめめしさなどは、そんなキャラクターづくりが集約された場面だった。
【⇒これまでの観劇作品一覧

関連記事

kittens.hateblo.jp

私の娘でいて欲しい(劇団皇帝ケチャップ)@浅草九劇

【作・演出】吉岡克眞

【出演】森岡悠、椚まいか、西村由花、藤原澪、齋藤雅樹、佐々木みう、渡部慎、細田こはる、一ノ瀬ふみか、久野友子、鍋島瑠衣
f:id:JoanUBARA:20190604205543j:plain
これが200作品目の観劇。
昨年のボブジャックシアター公演で、透明感あふれる演技を見せていて気になった森岡悠さんが主演を務めるということで見に行った。
登場人物たちの個性の作り方がいかにも舞台的で鼻に付くところが多く、姉を含めた周りの大人たちの勝手さと森岡悠さんが演じた皐月との距離感が埋まったとは感じられないまま、収束を迎えたことに、つっかえたものを感じながら劇場を後にした。森岡悠さんは、涙を流しながらの熱演だったが・・・
【⇒これまでの観劇作品一覧

関連記事

kittens.hateblo.jp

世界の底にて君を待つ(劇団ぱすてるからっと)@シアターグリーンBOX in BOX Theater

【演出】佐藤颯【脚本】久留里狗

【出演】陽菜菜々羽、飯田ゆか、結城かえで、吉岡臣、久下元気、久留里狗、杉本莉愛、磯崎みずほ、花桐伊織、須藤利恵、五十嵐睦美、遠藤えりか、半田佳樹、西島梨央、うさみみ、いわみりかこ、村田果奈美
f:id:JoanUBARA:20190422215832j:plain
飯田ゆかさんがW主演で出演したこの舞台。これまで、3つの作品で舞台で演じる彼女に会ってきたが、「飯田ゆか」「いいだゆか」「ゆか」と、そのたびに変わってきた名前を振り返るだけでも、平坦ではなかった道のりが偲ばれる。昨年11月、芸能活動はこれ限りという思いを抱きながら出演した復帰作「君の夢とボクの願い」を経て、原点である「飯田ゆか」の名前に戻って、今回のW主演へと活動はつながっていったのだった。
ゆかさんの演技は、初日こそ演じたユニの個性を意識しすぎたのか、声が出ていない印象があったが、2日目から髪型を変えて演じ方にも調整を加えるなど、開幕した後もキャラクターを作り上げていった。2日目からのデコ出しの方が、コンビを組むマイとのビジュアルの対比が明らかになるし、ユニの純粋さや意志の強さ、理知的な面などもよりよく表せていたように思った。ビジュアル面だけでなく、持ち前のクリスタルボイスもユニにぴったりはまっていたと思う。千秋楽、「ユニ」から「飯田ゆか」に戻った途端に溢れてきた涙はとても美しかった。新たな縁をつないだ彼女の演技を、また見ることができる日を待っていたい。
作品の世界は、人類が一度滅んだ後、僅かに地底で生き残った研究者たちが再び地上で暮らせる人類をつくるための実験を繰り返している・・・というもの。希望と絶望が入り混じる中で、登場人物たちは自分の記憶や実在にすら確証が持てない状況に追い込まれていく。何が正しい選択なのか、どんな不確かな状況にあっても、自分の意思と価値観を持って行動していかなければいけないということが、「お前に内臓はあるか」という台詞に集約されていたのだと思う。多くの犠牲も生まれたが、それらも皆、自らの意思で何をなすべきか考えることの大切さを悟り、行動した結果のもの。変えたいという意思を持ちながら孤独と絶望の末に自分自身ではなく偽りの「神」の声にすがってしまった若草や、抜け殻のようになり意思を捨ててしまった春日も、自分を省みれば、単なる悪役・敗残者として見ることはできなかった。
空チームの4公演を見終わった後でも、全ての設定が理解できたとは言い難い。まず、若草と春日が開眼者たちを地上へ行くように誘導した理由は判然としないところがある。邪魔者を逃げ道のない袋小路に遠ざけておきたかっただけとも取れるし、綿向の調査結果によって地上の毒に9人が耐えられないことを確信したのかもしれないし、死んだ海を見せて絶望させることまで意図していたとも想像できる。それであれば、死んだ海を見て希望を新たにするラストシーンは、より美しく見える。
葛城と三國が時間を稼ごうとした意味はどこにあったのか。メルツの力がなければ富士たちには何も抵抗する術がなかった以上、それぞれに相応しい死に場所をと考えていたということなのか。それにしても、ドロとクズ、葛城と三國にはもう少し抵抗の見せ場があってもよかったように思うが、それすら与えられないのは、より絶望感を強めようという演出意図だったのだろうか。
反乱の動きを早くから察知していたメルツには、犠牲が発生する前に若草たちを止めることはできなかったのか。メルツたち3人が止まった時間の外にいるかのような演出は何だったのか。若草を撃った特別製の白い銃は、誰がいつ、何のために作り出したのか。・・・このあたりの疑問には、メルツの存在や能力を超常的なものと位置づけなければ、折り合いのつく仮説を考えるのはなかなか厳しい気がする。
【⇒これまでの観劇作品一覧

巫女ガール(Super Eccentric Girls)@CBGKシブゲキ!

【演出】大関真【脚本】木下半太

【出演】河西智美、兼田いぶき、花奈澪、小林れい、根岸愛、後藤紗亜弥、内藤もゆの、夏目愛海、立川ユカ子、木下桜、新貝紋加、山下愛実、小松玲菜、山﨑愛華、鈴木かぐや、松林篤美、馬屋原涼子、齋藤くれあ、樋口遥香、久下恵美
f:id:JoanUBARA:20190422212352j:plain
所属の劇団員・岸谷氏がDJを務めていたラジオ番組「レディクラ」で名前を知ったのがかれこれ30年近く前になろうかというスーパーエキセントリックシアター。その老舗劇団から生まれたガールズ演劇企画の舞台を観劇。
主演は、ともーみこと河西智美さん。一時は毎日のようにあった彼女の姿を見る機会だが、何と今回、2012年の劇場公演以来7年ぶりだった。14歳のときに初めて会った彼女の27歳の演技を見るということに不思議な感じもしながら見ていたが、気が弱くて周りに合わせてしまいがちなお姉さん役を、相変わらずの可愛らしい声で、クネクネした感じで演じていた。一転して後半の闇堕ちシーンは低い声を響かせていた。
巫女たちの戦いは、神の力を憑依させるというもので、あいみんは能天気な女子高生から、布袋を憑依させて芭蕉扇を得物に戦う巫女さんに変身。女性だけのキャスティングながらも、しっかりと殺陣も見せてくれた。悪役だったけど、花奈澪さんが演じた稲葉の凛とした立ち姿は美しく、惚れ惚れとした。
心の隙間を衝かれて闇堕ちしてしまうという展開には、さほど目新しさがあったわけではないが、何事にも諦めないことの大切さや親の愛といったメッセージ性も織り込まれていた。悲劇的に終わるかと思われた終幕が意外な伏線が回収されてほのぼのと終わる作品だった。
【⇒これまでの観劇作品一覧