~熱風の果て~

観劇の記録

Alice in Deadly School nocturne(アリスインプロジェクト)@新宿村LIVE

【脚本】麻草郁、【演出】松本陽一

【出演】若林倫香船岡咲中塚智実八坂沙織、舞川みやこ、栗生みな、永吉明日香、秋元美咲、大塚愛菜、民本しょうこ、持田千妃来、花梨、天音、渡辺菜友、栗野春香、佐藤琴乃、雛形羽衣、月岡鈴、遠藤瑠香
f:id:JoanUBARA:20171009213348j:plain
2010年の初演(無印)、2013年のAlternativeに続き、デッドリーとしては3作品目の観劇となった「ノクターン」。
今作のキャストは、今月末に公開される映画と一緒であり、まさに「同じ釜の飯を食った」間柄。映画のロケを経て役作りも熟成し、作品としても7年の間に再演を繰り返しつつ熟成してと、これ以上ない食べごろの旬を味わえる贅沢さ。ストーリーを凝縮したような高密度なオープニングのダンスの時点で既に舞台上から受ける引力の凄まじさに、これから演じられる舞台の完成度の高さを確信できた。
7年前の初演で舞台デビューを果たした中塚智実さんが再び和磨会長を演じるのは、驚きでもあり、楽しみでもあった。初演では、頼りがいのあるしっかり者の面が前に出ていたと思うが、今作では、真面目さゆえの可笑しさも強調されていて、セリフのない部分での表情を大きく使ってのボケと、静香副会長との小声での掛け合いが見ていて微笑ましかった。しかし、屋上から焼却炉への自決シーンは何回見ても辛い。しかも、今作では、断末魔の叫びが響き渡るという、思わず耳を覆いたくなる演出が加わっていて、よりトラウマ度が高かった。7年前の中塚さんの残像が思ったほどオーバーラップしてこなかったのは見ていて意外だったが、それだけ彼女が成長し、演技が進化しているということだと思う。初演があってこその7年間のアリスインプロジェクトやアイドル舞台の隆盛があり、中塚さんたち当時のドレスコード組を始めとするパイオニアの存在があってこそ、AKB在籍者や卒業生たちの舞台での活躍がある。
和磨部長の自決と並んで印象深いシーンといえば、高森部長の自決シーン。くりゅさん演じる今作の高森さんは、体育館でのトラウマに加え、紅島さんに罪を負わせたという更なるトラウマをも背負っているという重たい設定で、実際に受けた傷も重く、トラウマに苛まれて怯えるようなシーンが多かった。だからこそ、のびゅーんコンビが生み出した束の間の和みの中で、彼女が微笑みを取り戻す一瞬の平和が嬉しくもあり、その儚さが辛くもあった。カーテンコールで、また一緒にソフトをやろうという共演者の部員たちへの呼びかけは、紅島さんだけでなく、挨拶の出番が回ってくるまで冷静な氷鏡のままでいようとしていた八坂さんまで泣かせてしまうという憎いばかりのリーダーぶりだった。ソフト部員の塔蘭を演じていた佐藤琴乃さん、ビジュアル的に初代高森部長の、のしたんこと乃下未帆さんに似ていたので、最初は彼女が高森部長役かと思ってしまった。
のびゅーんの優役は、名古屋公演で相方の信子役を演じたことがあるという若林さん。アドリブを含めて、完璧に吹っ切れてボケ役を迷いなく演じ、ネタそのものよりも、やり切る舞台度胸で観客までも巻き込んでいた。重苦しい状況の中でできることを精一杯やろうとする痛々しさと底抜け感の両方が伝わってくる快演で、彼女がどういう風に信子役を演じたのか、想像することが難しいくらい、優役がはまっていた。
相方の信子役は、Alternativeではゲストとして珠子役で出演していた船岡咲さん。彼女の演技を見るのは10作品目ながら4年ぶりになってしまった。最後の優との別れの場面では、残った僅かな生命力を絞りながら、客席に伝わる最低限の声量で台詞を発していた。その場面の数分間、観客席は水を打ったように静まり、全員が固唾を飲みながら信子の台詞に耳を澄ませるという、アイドル舞台とは思えないような、緊張感溢れる時間が過ぎた。
黄市恵美役の天音さんは、か弱そうなビジュアルにアニメチックな声色で、守ってあげたい下級生感がものすごく、爆弾運搬作戦で犠牲になって、ゲロタンだけが帰還したときの悲しさは半端なかった。花梨さん演じる夏樹との学年を超えた信頼関係には暖かみを感じた。
唯一、他校の生徒として登場する、堂本千十合さん。初めて訪れる場所で想像を絶する事態に遭遇しつつも冷静に情報収集を行い、母校や自宅の惨状を目の当たりにしても、最後まで依鳴や水貴たちを鼓舞して生き抜くことにこだわった彼女の芯は見た目以上に強固なものがある。堂本さんを演じた秋元さんの冷静さと熱さを同居させた演じぶりと透明感あふれるビジュアルは印象に残った。初演で堂本さんを演じた鈴木まりやさんも観劇に訪れたという知らせは嬉しかった。
デッドリースクールが毎年のように舞台で繰り返し演じられ、映画やアニメへのメディアミックス展開まで図られるというのは、単にアリスインの最初の作品だからというわけではなくて、ストーリーの分かりやすさ、登場人物たちの個性、屋上で過ごす短い時間の中での成長、印象的なシーンの多さなど、魅力に溢れる作品だからだということが再認識できた。ストーリーの流れは見る前から把握していて、次にどういうシーンやセリフがあって、誰がどういう運命にあるかも分かって見ていたはずだが、感動はむしろ高まり、これまででいちばん涙を絞られた気がする。映画の中や上映イベント、さらには来年以降、デッドリースクールの世界で、再び彼女たちに会えることを楽しみにしたい。

【⇒これまでの観劇作品一覧

時分自間旅行(TAIYO MAJIC FILM)@赤坂RED/THEATER

【作・演出】西条みつとし

【出演】畠山U輔、仁藤萌乃、由地慶伍、篠原あさみ、町田慎吾広澤草、小築舞衣、鈴木まりやエハラマサヒロ、ヨネックス千晴、濱崎大輝、西田薫子、ナカノアツシ、蔭山ひろみ、中村涼子、三森淳子、南好洋、里久嶋祐果、東松史子、佐伯祐佳、田中勇誠
f:id:JoanUBARA:20171001114746j:plain
仁藤萌乃さん出演の舞台を赤坂で観劇。前に赤坂を訪れたのが4年前、その前に訪れたのはそれから更に10年前。夜の赤坂の盛り場の居心地の悪さから逃れるように地下の劇場に入れば、恭しく黒服の男性に迎えられて、やはりここは赤坂なのだと思い知る。開演直前の入場だったため、既に佐伯祐佳さんによるオープニングステージの最中だった。
結婚を控えた小説家が、婚約者の両親と自分たちのことを書いた、6本の短編恋愛小説が演じられた。それらが、喫茶店という共通の空間を使いながら、時間軸順番を入れ替えながら並行して語られていく。登場人物の同一性は敢えて仄めかす程度にぼやかされていて、頭の中でパズルを解くような感覚だった。
何気ないところから恋が始まり、謳歌する季節を迎え、すきま風や嵐が吹き、収穫の季節を迎えるものもあれば、落果するものもある。父親が胸が張り裂けそうな思いをしつつ、涙と微笑みで下した最後の選択は尊いものだった。もう一つの選択肢も十分に考えられる展開だったが、そちらが選ばれていたとすれば、感動することはなかっただろう。
舞台上に雑然とぶちまけられた、余命いくばくもないと告げられて自ら恋人と別れた男の遣る瀬無い思いが、震災によって崩れ落ちた日常を現すことにつなげたり、気持ちに素直や言葉やうらはらな言葉を観客に向けて白日に曝け出させる「心男」と「心女」を登場させたりといった、舞台らしい工夫された演出の力が効果的だった。寄せ返す波のようにかき乱される感情を表現したナカノアツシさんのギター演奏や、袋小路に自ら迷い込んだ男女に問いかけるように迫る東松史子さんの迫力のある歌唱。舞台や観客に与える音楽の力も存分に発揮されていた。
仁藤萌乃さんは、前半はストーリーを外から眺める役回りとして穏やかさの中にいたが、自らが小説の登場人物となり、婚約に至るまでの波乱を演じることになった。際どい設定もある役を任され、それを自然体で演じ切る姿に、25歳という年齢、10年という時間の積み重ねと、女優としての着実な歩みを感じることができた。姉の恋人に横恋慕する女を演じた鈴木まりやさんも、演技の経験を重ねて、すっかり良い女優さんになっていた。
西田薫子さんは、同じ女子高生でも「バック島」からは性格もビジュアルも正反対と言ってもよいくらいの変わりぶりで、「バック島」での破壊的な演技を見た後だったので驚いたが、これもまた舞台の醍醐味だ。

【⇒これまでの観劇作品一覧

雨のち晴れ(劇団シアターザロケッツ)@劇場HOPE

【作・演出】荒木太朗

【出演】若宮亮、岡田彩花、濱田和馬、西尾来人、田代竜之介、藤原亜紀乃、宮平もりひろ、天野きょうじ、美鈴響子、田中精
f:id:JoanUBARA:20170923232824j:plain
AKB13期・岡田彩花さんの初舞台を観劇。
この劇の舞台であるラーメン屋を模してセットされたのれんをくぐって階段を下りた先の劇場HOPEは、約70席の小さな劇場。ポケットスクエアには何度も訪れているが、ここには初入場だった。
昔ながらの雰囲気の町のラーメン屋という舞台、「雨のち晴れ」というタイトル、あらすじからは、貧しいながらも健気に生きる兄妹が巻き起こるひと騒動を人情で乗り越えてハッピーエンド・・・という流れが想像していたので、途中からの展開はかなり予想外だった。
前半は店を盛り上げようと手を尽くす、バイトのバンドマンたちによるドタバタが見どころ。汗だくになりながらのエアーバンドは、日本エアギター協会幹事の指導を受けてまで披露されたもので、その力のいれようがパフォーマンスとして実を結んでいた。「エアー湯切り」も、単に笑いが取れればよいというものではない完成度の高さだったからこそ笑えた。格闘シーンも机に足をぶつけることも厭わない本気のぶつかり合いで、作品を作り上げる役者さんの気持ちの強さを感じた。
岡田彩花さん演じる晴美の存在の不思議さは序盤からあって、途中からは、2つの時間軸が交互に描かれているのかと錯覚しそうになったが、その錯覚が解けたときの真実は重たかった。個人的に、その設定は簡単には受け入れられなかったが、若宮亮さん演じる陽介がオカリナを取りに行くシーンに至っては胸が熱くなった。もっとも、サングラスにタオルマントで出てきた姿には、せっかくの感動も水を差されてしまったが、涙を隠すためのサングラスだったと思えば納得できる。
ストーリーを深めるためにも、兄妹で店を切り盛りしたり、一緒にラーメンを食べたりといった、以前の「当たり前の日常」のシーンの描写は欲しかった。そこがあれば、陽介や店員たちが守ろうとしているものや、崩れたものの大きさがより明らかになったのではないかと思う。バンドが解散危機を迎えるとか、お店の危機に合わせて人間関係にもヒビが入って・・・といった悪循環が重なるような展開が絡んでもよかったかなとも思った。
プレッシャーで眠れない夜も過ごしながら本番迎えたという初舞台の岡田彩花さん。彼女にとっては大きな第一歩。演技はまだまだ固い印象も受けたが、涙も見せながら、静かに、確かに感情を表現していた。AKB時代は、内なる感情の豊かさがなかなかストレートに表に出てこないような印象を持っていたので、それが解放されるような、大声で感情を爆発させるような演技も、次は見てみたいと思った。演劇での活躍が目立ってきた13期生の、外の世界での躍進は今後も期待したい。

【⇒これまでの観劇作品一覧

終わらない歌を少女はうたう(アリスインプロジェクト)@新宿村LIVE

【演出】扇田賢、【脚本】守山カオリ

【出演】相笠萌小原莉子、針谷早織、松永真穂、田沢涼夏、渡辺菜友、寺田真珠、佐藤ゆうき、井上貴惠、民本しょうこ、生田善子、仲野りおん、酢谷有紀子、渡壁りさ、横尾莉緒、宮崎優衣、岩﨑千明、加藤文美、縣みりあ、國井紫苑、白井真緒、瀬野るりか、山下ほなみ、河合真衣
f:id:JoanUBARA:20170918211930j:plain
現代編「終わらない歌」、2100年編「いつか出会う歌」、2120年編「はじまりの歌」の3つの時代の物語を繋いで展開される本舞台。「終わらない歌」といえば、やはり扇田・守山コンビの手による、2012年11月の「ラストホリデイ~終わらない歌~」を思い出す。今作とは世界観や登場人物の共有もあるかと予想していたが、「不思議部」の設定と雪女伝説に言及された場面くらいで、全く別のストーリーが演じられた。
主演の相笠さんの顔を見るのは、彼女がまだ中学生だった2014年1月13日以来、3年半ぶり。自分だけの世界から徐々に心を開いていく、科学部員・中森あゆみは彼女自身のようでもあるということで、最初は怖い人と思われるような態度から打ち解けていきながら作品を作り上げていった過程と重ね合わせていた。声を張った堂々とした演じぶりと、自信に満ちたような面構えは、座長に相応しいもので、AKBで揉まれ、そこから自ら踏み出した強さが演技にも表れていた。
アリスインプロジェクトの舞台では初めて見た生演奏。3つの物語をつなぐ鍵にもなる歌を歌ったのは、透明感のある可愛らしいルックスの持ち主で、ギタリストでもある小原莉子さん。アコギでの弾き語りやエレキでのロックンロールを披露。歌声もルックスそのままに透明で、技巧に走らず、ストレートに感情を表現する歌唱は、この舞台の大きなアクセントになった。
人間への愛と、人間を殺す本能との間で葛藤するアンドロイドを演じたのは松永真穂さん。2012年1月のStylipSの初イベントをサンシャイン噴水広場で見たことを思い出す。アンドロイドと人間との関係は、アリスインの舞台では屡々描かれる。アンドロイドは人間への愛を覚え、時に悩み、純粋な心を持つように自己犠牲を厭わない。松永さん演じるハジメと、渡壁さん演じるココロの「生き様」は胸を打った。ハジメの良き友である美雪を演じた仲野りおんさんや、自称天才科学者の真琴を演じた渡辺菜友さんは、年は下の方でもアリスインで培った確かな演技力で、作品を下支えしていた。千秋楽の挨拶は、あっけらかんと「がんばりおん」の仲野さんと、号泣する渡辺さんと、対照的だったけど。
昨年の「ノッキンヘブン」以来の扇田作品への出演を果たした寺田真珠さんは、自由奔放なキャラクターを敢えて封印するような、メガネをかけたもの静かな文芸部員役で、こういう意外な配役も、扇田さんの親心か。しかしどうして、微妙な心理を表現するような役もしっかりと演じていて、彼女の役者としての懐の広さ、可能性に驚かされた。次のボブジャックの本公演にも出演するかどうかは分からないが、遠い将来、民本さんのような存在感と出オチ感のある女優の道を進む可能性も無きにしも非ず・・・。民本さんは今回も様々なネタを繰り出して客席をほどよく温めてくれた。しかし、民本さんに続いて蜂巣さんまで補強したボブジャックの今後は、楽しみなような恐ろしいような。
今作は、ストーリーは脚本協力として参加している麻草さんの色も強めに出ていた。ラストで晴子の死が回避されるということは、アイボがタイムカプセルとして埋められることがなくなり、不思議部による発掘もなく、メインフレームの休眠もなく・・・と考えていけば、舞台中の歴史を根底から大きく変えることになるはずだが、全ては「大丈夫、きっと上手くいく」ということなのだろうか。
アリスインは、旗揚げ公演で演じられて以来、再演を繰り返している「Alice in Deadly School」の舞台と、コフレリオでの映画の公開が予定されており、本作からは渡辺さんと民本さんが参加。中塚さんが再び和磨会長を演じるという見どころもあり、舞台版は既にチケットを確保している。予告編を見たところ、舞台版ではなかったような、かなり過激な演出もありそうな映画版にも興味を惹かれる。
【⇒これまでの観劇作品一覧

聖餐のプシュコマキア(女神座ATHENA)@コフレリオ新宿シアター

【作・演出】山口喬司

【出演】今出舞、山川ひろみ、木村葉月、晴野未子、可愛りおん、中嶋こゆき、松崎カンナ、五十畑愛、操みさこ、前園かえで、東口優希
f:id:JoanUBARA:20170910205257j:plain
本公演としては2年ぶりとなる女神座ATHENAの第6回公演。この春にオープンしたコフレリオでは初めての女神座公演となった。
「プシュコマキア」という単語は初耳で、4世紀ころのキリスト教詩人・プロデンティウスによる人間の悪徳と美徳との争いを描いた寓意的叙事詩の題名とのこと。そこに描かれるという7つの美徳の名を負った7人の少女が登場し、主人公の姓「湯田」と「聖餐」もキリスト教的世界観を想像させる。パンフレットの山口さんのコメントを読むにつけても一筋縄ではいかなそうな世界観に気圧されて、やや構えながら開演の刻を待った。
最初の観劇では、急展開についていくのに精一杯で、ようやく追いついたと思ったらそこが終幕で、呆気にとられたような感じにもなってしまった。実際に起こっていることだけを表現するという山口さんのコメントどおり、説明的なモノローグやナレーションは排されて、その時々の人物の気持ちは推し量らなければ分からない部分がほとんど。ストーリーを呑み込めている2回目の観劇では、その部分に注意しながら見ていると、表情ひとつひとつからも、初回では気づかなかった意味や感情が読み取れたりした。
制羅が愛を生徒会にスカウトしようとしたことや、教師にまでなって潜入している記者が学園の謎を追っていること、パンフレットの最終ページのビジュアル、山口さんの意味深なコメントなどを総合すると、終幕で描かれた平和な学園生活が続くとそのまま考えるのは早計で、もう一つの選択肢を選んだ制羅が鳥かごから抜け出して、7人の美徳の力を結集して、仮の姿に納まっている真の悪に戦いを挑む・・・というその後のストーリーが浮かんできたが、それも可能性の一つでしかない。続編の構想があるのなら是非見てみたい。
今作のキャスティングで驚いたのが、木村葉月さんの出演。4月に見た「パイレーツ3」にゲスト出演した際の演技が印象的で、ゲストではない形で演技を見たいと思っていたが、それが女神座ATHENAになるというのは意外な感じだった。彼女自身が確立している独特の世界観に、制羅という役が見事にマッチング。声色や眼力もフル活用して、華麗さや気品、そして狂気が表現されていて、彼女のためにあるのではないかと思えるような制羅役だった。
アクションも所々に織り交ぜられていて、そこは一方の主役を張った今出舞さんが大活躍。武道の嗜みが元々あるのかとプロフィールを見ても、特技はバトンやバレエということで、舞台稽古であれだけの迫力を身につけたとすれば頭が下がる。これなら「バトバト」でも自ら十分戦えたような・・・。豪快なデコ出しの髪型で、さっぱりとした頼りになる少女役を演じていたが、今年の2月に見た朗読劇を思い出すと、もう少し彼女の奔放さが演技に生かせるとよかったかなと思った。
もう一方の主役である山川さんは安定の制服姿。今までは、特殊な能力を持つにしてもニコニコしながら力を抜いてという感じの役が多かったが、今回は絶体絶命のピンチをギリギリのところで守る能力の持ち主ということで、今出さん演じる依朱佳と互いに守り合う、能動的な強さも併せ持った役で、大きな瞳が戸惑いや怒りを表現することも多かったが、根底にはやはり「愛」が溢れていた。愛が拳法部に入ったとしたら、「てんいちっ」の歩書瑤のような酔拳の使い手にでもなるのだろうか・・・。今回、女神座ATHENAでは初めて「女神さまのポイントカード」を使って終演後の「謁見」に参加。山川さんから嬉しい言葉もいただき、細々とでもこのブログを書いてきてよかったと思えた。
【⇒これまでの観劇作品一覧