~熱風の果て~

観劇の記録

舞台版まいっちんぐマチコ先生@築地ブディストホール

【脚本・演出】ゴブリン串田

【出演】青山ひかる柳瀬早紀、夏目愛海、高橋茉琴、椎名香奈江、絢瀬かのん、市川咲、稲葉真由子、江里奈、大塚結生、片瀬美月、木畑梨佳子、小泉花恋、澤井俊輝、鈴原優美、ぜん、関口ふで、玉川愛祈、鳥居きらら、中野由紀子、西村ケリー、堀有里、馬渡直子、三澤絢香、もりしょうこ、山下真実、坂本一敏、しいはしジャスタウェイネゴシックス、ゴブリン串田
f:id:JoanUBARA:20170820202735j:plain
近頃流行りたる「2.5次元」にはどうにも非生産的な香りがして、積極的に求めたいとは思わないが、今作はゴブさん曰く「2.9次元」とのことなので心置きなく観劇。しかも、ゴブさんオールスターズとも言える面々に加え、あいみんこと夏目愛海さんがメインキャストとして出演するという夢のようなキャスティングとあっては、早くから楽しみにするしかない舞台だった。
築地ブディストホールには4回目の入場だが、あいみんのツイートに触発され、道路を挟んだ向かい側にある、痛々しい火災の爪痕を残しながらも活気あふれる築地場外市場まで初めて足を延ばして、サーモンいくら丼を昼食に食してきた。観光客には有名でも、普通に住んでいるだけでは見ることがない東京の景色はまだまだ沢山ありそうだ。
オールスターよろしく、客席も一緒になって楽しめる、お祭りのような舞台。年に1回くらいは、こういう作品があっていい。中でも目玉は舞台前3か所に設けられた「まいっちんぐ台」と撮影タイム。まいっちんぐ台は、中を覗くと扇風機が上向きにセットされているという、アナログなつくりなのだが、それが昭和ぽいし、間抜けな感じが何とも絶妙な空気を作り出していた。まいっちんぐ台システムに恐れをなして超マチコ席を買う勇気はなく、マチコ席と一般席で1回ずつ観劇。マチコ席でも、リアルな質感が十分すぎる迫力で、撮った写真の手ブレ加減に自分の動揺の跡が見えた。アニメから飛び出してきたあらま学園チームは、安定した変態キャラクターたち。しいはしさん演じる山形先生のどうしようもないいい加減さとスケベ魂が清々しい。
「マチコ先生」は、テレビ埼玉でやっていたアニメの再放送を少し見た記憶があるくらいなので、原作と比べてどうということは分からないが、青山ひかるさん演じるマチコ先生は、ニコニコしながらまいっちんぐするというよりは、キリっとしたイメージ。マチコ先生のカツラはえびは2.9次元の残りの0.1次元としてどうしても譲れなかったこだわりなのかもしれないが、できれば地毛で、本当にいたらいいなと思わせるリアリティのあるビジュアルの方が己の好みではあった。原作者のえびはら先生も会場に通われていて、とても気さくな感じの方だった。藤子先生のアシスタントをされていたということは初めて知った。
ゴブさんお得意の音楽と変な動きの融合も、近作よりも多く、「太。ちょい」的な演出もちょいちょい見られた。ぜんさん演じるこなきの旦那を中心として演じられたお祭りのダンスがいちばんツボにはまった。村人たちも脇役にはもったいないくらいの魅力的なキャラクターが揃っていて、マチコ先生とのコラボでなくても、村人チームと妖怪たちを描いたスピンオフ作品なんかも見てみたくなった。妖怪チームでは、絢瀬かのんさん演じる豆腐小僧のおどおどした喋り方と性格がとにかく可愛らしかった。人魚の母親と祖母を演じた馬渡さんと関口さん。扱いづらそうな衣装をまといながら、馬渡さんは独特の間で、関口さんは顔と身体を目いっぱい使った動きで、圧倒的な存在感を放っていた。
いちばん楽しみだったのは、初めての男の子役となる、あいみんのケン太くん。途切れることなく舞台への出演を続けながら、毎回新たな挑戦に挑み、課題をクリアしてきた彼女も、さすがに今回の役には稽古中から苦労していた様子が伺えた。でも、幕が開いてみれば確かに乗り越えていて、豊かな声量はそのままに、低めの声をつくって、いたずらっぽい表情や胸を反り返すような態度で、自然に男の子役を演じていた。髪の毛をアップにして前髪を撫でつけ、よく動く眉毛を濃いめに描いていたので、表情で感情を表す演技がよく伝わってきた。ケン太くんたちがマチコ先生にエッチないたずらを仕掛けるスケベさと、人魚の願いを叶えたいと願う心は、どちらも純粋な感情で根は違わないということを、「彼」の綺麗な瞳が教えてくれた。「大天使」と称されるあいみんが演じる「小さな悪魔」も魅力的だった。2週間後には、息つく暇もなく早くも次の舞台の本番が彼女を待っているが、次もきっとやり切ってくれるだろう。
【⇒これまでの観劇作品一覧
f:id:JoanUBARA:20170819144341j:plain
f:id:JoanUBARA:20170820174659j:plain

花嫁は雨の旋律(ILLUMINUS)@中野ザ・ポケット

【脚本・演出】吉田武寛

【出演】中谷智昭、北澤早紀内田眞由美、絲木建汰、奥野正明、菊池千花、赤沼正一、樹宮直稀、中島一博、千歳ゆう、品川ともみ、山﨑まゆ子、権藤宏昂、丸山えん、河田真実
f:id:JoanUBARA:20170820194912j:plain
ミュージカル女優が夢と語っていた、さっきーこと北澤早紀さんがヒロインとして舞台女優デビュー。長い間この時を待ち望んでいたはずだったのに、AKB関係の情報をキャッチする習慣をなくしていたため、危うく見逃してしまうところだったが、当日券などで2公演を観劇。
さっきーは、5歳以降の記憶を失ったピアニスト役で、限りなくピュアな魂を持つ彼女には適役だと思いながら見ていたら、それだけの単純な役ではなくて、自我が芽吹き、社会的欲求が生まれ、思春期を迎え、運命を受け入れ、人生を選択する。成長段階に応じた演じ分けをした上で、感情の揺らぎを微妙に表現しなければならないという、初舞台のアイドルが演じるには、普通に考えれば過酷とも言える役。それを初舞台ということを感じさせず、自然に、確かに演じ切り、客席に伝える。彼女だからこそそれができるんだと思わせる説得力。「花嫁は雨の旋律」という美しい作品と、北澤早紀さんという女優の一期一会が幸せな形で花開いた奇跡。そのときに立ち会うことができて本当によかった。
初演は朗読劇として演じられた作品で、さっきーもそれに出演をしていたとのこと。舞台化に当たっても朗読劇の手法が取り入れられ、主人公の日記は、様々な役者によって読み進められていった。ピアノの響きと光彩、傘を使ったダンス。音と光(ILLUMINUS)によって彩られ、2時間の舞台が淀みなく演じられた。ストーリーも舞台空間もとにかく美しい作品だった。人間関係が夫婦の間だけで完結するのではなくて、友人や母親をはじめとする様々な人と人とのつながり、関係性の変化なども表現されていて、深みがあった。終演後のダブルコール、トリプルコールで客席と舞台が通じ合ったのも当然の結果だった。
雨という役を分け合ったうっちーこと内田眞由美さんの演技を見たのは、2012年3月の主演舞台「まなつの銀河」以来。卒業後は焼肉店の経営に専念しているのかと思っていたが、この4月からは事務所に所属するなど、芸能活動も並行して行っているようだ。落ち着いた演技ができる、綺麗な大人の女性になっている23歳の彼女の姿を見るのも感慨深い。
カフェのマスター役の奥野正明さんは、声も見た目も格好いいのに三枚目の演技もできる役者さん。「狼魔冥遊奇譚」のお侍さま役でも見せていた抜群の存在感をここでも発揮していた。もう一人、馴染みのある顔は絲木建汰さん。理系男子を爽やかに演じてくれたので、ようやく6年前のBL朗読劇「ロミオ×ロミオ」のトラウマから逃れることができた。理系女子との恋とも友情ともつかない関係性がむず痒くもおもしろかった。
AKBの劇場公演や握手会から離れて2年余り、止まっていた時計が再び動いた今回の舞台。この舞台が、少しでも多くの人に北澤早紀さんのことを知もらえる機会になって、次につながっていけばと願う。最後の挨拶で中谷さんからセンターを譲られたときの慌てぶりが、普段は脇に控える彼女らしくもあり。終演後にはお見送りの機会も設けていただけたので、軽くさっきーに挨拶をすることもできた。顔パスは期限切れかと思っていたが、覚えていてくれたのが嬉しかった。
【⇒これまでの観劇作品一覧
f:id:JoanUBARA:20170820110400j:plain

RINGWANDERING(ベニバラ兎団)@シアター711

【演出】IZAM【脚本】川尻恵太

【出演】谷茜子、平岡梨菜、河野奈々、野々宮ミカ、赤峰マリア、小林聖尚、白石大祐、前田恵美、飯田南織、中川ミコ、安田博紀
f:id:JoanUBARA:20170813210830j:plain
ベニバラ兎団による夏の連続公演の前半戦は、女性陣を中心とした戦隊もの。
千秋楽、オーロラタクトが歌うテーマソングに乗せたエンディングのダンスが終わると、本日、誕生日を迎えている野々宮さんがひとり号泣。初めて見た「46憶年ゼミ」のときは、大胆に胸を露わにした厚化粧の母親役だったので、実年齢も役と同じくらいなのかなと思ってしまったが、まだ25歳。4日間しか稽古に参加できないという厳しいスケジュールを乗り切った安心感からの涙。厳しいことは承知の上でののはずなので、そこをすごいと褒めるのは逆に失礼な話かもしれないが、最初の稽古の日にはセリフやダンスもマスターした状態で参加したという彼女のプロ意識に素直に拍手を送った。「マクベス狂走曲」のときも、今回のように前の舞台から1週間ちょっとのインターバルで本番を迎えるというハードスケジュールをこなしていたことを思い出した。
メインチームのレンジャーたちは、前半は制服姿、後半は全身タイツの戦闘服姿にお着替え。戦闘服でも、実際にはロボットに乗り込んで一人ずつ五体を操作するという設定なので、実際の戦闘シーンは見られなかったが、女性が全身タイツを着るだけでセクシーだ。
元は敵の怪人だった一人の仲間をめぐる葛藤や、何のために何を求めて戦うのかというヒーローが背負う命題といった重たいテーマがあったが、登場人物たちが皆、直情的で思ったことをストレートに口に出し、行動として表出する性格なので、深く懊悩するといった心理の機微の部分がやや弱く、特に前者のテーマの方は消化不良気味の感じを抱いた。怪人側についた経緯やレンジャー側に移った経緯、怪人側の正義や、彼が何と戦おうとしているのかといったところが完全には掘り下げられなかったので、主人公との激しい衝突の描写が続いた割に、他の課題と一緒くたに解決されてしまったようなあっけなさも感じてしまった。海野一平くんを主人公として、彼の生きざまをとことん描き切る方が物語としては深まった気がするが、続編があれば全てが明らかになるのだろうか。
衝突の描写が激しすぎて、平岡梨菜さんが主演でありながら自分勝手な怒りに追い立てられるばかりの役になってしまったのも勿体なかっ気がする。せめてもう少し柔らかな笑顔や真っすぐな情熱が見たかった。
ヒーローに憧れる女の子役の中川ミコさんは、本当に空気が読めない役で、見ていると本当にイライラしてきてしまうという完璧な役作り。彼女が演じた本郷南という女の子の空気の読めなさ加減は実際にあの性格で社会で生活している姿が想像できないレベルだったので、キャラの設定として行き過ぎている感じもあったが、あの性格ゆえに社会になじめず、いじめも受けて、ヒーローに憧れてヒーローオタクになった・・・と想像すれば合点がいく。
飯田南織さん演じる事務員のマツキンさんが、かつてのヒーローだったという終盤で明らかになる設定は、至る所で仄めかされていたので、どんでん返しというわけではなかったが、なぜ、彼女が1000回目の必殺技の発動に耐えることができたのか、必殺技が発動できなかったとしてレンジャーたちは果たして無事に敵を倒す可能性があったのかといったところは終演してなお気になる。マツキンさんの力がなければ全員討ち死にしたのでは、生きるために戦うと言っても匹夫の勇と変わるところがなくなってしまうので、谷茜子さん演じた龍子の必殺技「不明」が炸裂して敵を倒すことができていた・・・と考えることにする。
ベニバラ兎団は、1週間空けるだけで、竹内麻美さん主演による次のロングラン公演「ROMEO and JULIET-Reverse-」を控えている。そちらのチケットも既に予約しているので、古典がどうアレンジされ、女性同士でどう描かれるのか興味深い。
【⇒これまでの観劇作品一覧

ファントム・チューニング(LIVEDOG)@新宿村LIVE

【演出】高島紀彦【脚本】高島紀彦、松多壱岱

【出演】田中彪仁藤萌乃、瀬戸啓太、Kimeru、倉本夏希、咲良、木村えり、真部小夜、篠宮穣祐、打田マサシ、柴田茉莉、琉河天、甲斐千遥、崎嶋勇人、渋谷将、久保雄司、瀧澤優子、宇賀祐太朗、中嶋尊望、坂内勇気、前中りょう、真僖祐梨、小夜、神代よしき、村田諒人、工藤美輝、いせひなた
f:id:JoanUBARA:20170805221114j:plain
冷静なる情熱家・仁藤萌乃さん出演の舞台を新宿村で観劇。
霊的なものへの信念は全くと言っていいほどないので、オカルトコメディと題打ったこの作品にどこまでシンパシーを感じられるかと、一抹の不安も抱きながら会場に向かったが、2時間半の上演時間で、すっかり「妖」たちに感情移入して、愛おしく感じるように。
800年の伝統を持つ猫又や九尾の狐から花子さんたちまで、妖怪も都市伝説も人間の信じる心が力を与えるという根は同じものとする捉え方はなるほどと思った。そして、これらの「妖」を間断なく生み続け、創作の世界に生かし続けてきた日本人のイマジネーションの豊かさには、今更のように感心させられる。ゲームや創作の中で生きることが多いこれらの「妖」たちの姿もまた、時代と共に変わりゆくもの。和を基調とした「妖」たちの衣装やメイク、小道具といったものが華やかで、舞台に彩りを与えていた。九尾の狐と玉藻前那須殺生石に込められた伝説・・・観劇から帰って調べて、初めて詳しく知ることができた。レイコさんという都市伝説は知らなかったが、演じた工藤さんはパンフレットにレスリングの経験ありと書いてあって、あの不気味な動きの秘密は解き明かされた。
オカルト趣味は持ち合わせてはいないものの、ホラーゲームの実況動画は時々見ていたりしているので、オムニバスの事件ファイルでストーリーが構成されるというところには「怪異症候群」というゲームを思い出し、座敷童さまの手毬には「オシチヤ」というゲームを思い出した。
「妖」と人間との信頼関係や微妙な距離感、自己犠牲などは、先週見た「セイヤン」での人間とモンスターとの関係を思い出す。この作品では、さらに両者の間でアイデンティティに揺らぎを覚え、迷いながらも信じた道を生きる「半妖」という存在が登場し、物語をより深いものにしていた。それぞれの立場はあれど、ここにもまた真の悪は存在しない。八十二が「妖」に敬意を持って敬語で接する関係性が温かかった。
先週、その「セイヤン」に猫耳モンスターのライッチュン役で出演していたいせひなたさんは、特別出演という形ながら、2週連続の本番というハードスケジュールで主人公の少年時代役で出演。和ロックバンドのボーカルも務めているということは、先週の舞台の折り込みチラシで初めて知ったが、この舞台の主題歌や劇中歌も担当。和の世界観によく合う歌声だった。この作品では、猫耳の元祖・猫又さまが登場。猫耳付けて可愛らしくニャーニャ言っていたかと思えば鋭い目つきでの獅子奮迅の大立ち回りと、大活躍をしていた。
今回は座席位置も申し分なく、舞台の上で繰り広げられる全ての空気をダイレクトに感じることができた。殺陣のシーンのスピード感と迫力はすさまじく、まろび、倒れるときの大きな音と震動が響く。さらに、肉を斬られ、心が傷つく痛みまで伝わってくるようだった。萌乃さん演じる涼子の生き様も余すところなく見届けることができた。どちらかと言えば狐顔と言える萌乃さんには、今回の役ははまり役。信念を枉げない芯の強さも彼女に重なるところがある。台詞回しの安定感もさることながら、眼光で演じることができるのは強みだ。鈴木まりやさんなどと共演する来月の出演作品は、今作とは毛色の違う作品のようだが、既にチケットは押さえているので楽しみにしていたい。
衣装の華やかさやセットの扉が開くところなどは、松多さんらしい雰囲気も感じられたが、今回は演出などには関わっていない様子。扉の妖怪を使って舞台上から姿を消したり、衣装の早変わりを行ったりといった工夫は面白い。通路やバルコニーにも役者を動かして、新宿村の全てを使って距離感や空間の奥行きが表現されていた。4本のオムニバス形式でテンポよくストーリーが進み、難しい時間や空間の軸の交差もなく明快でテーマ性もある。役者の演技力も確かで、アドリブや役者の力技に頼らないコメディの要素もしっかり織り込まれているし、乙女心をくすぐるような少し危険な場面まであり。初めて舞台を見るような人でも間違いなく楽しめるような、良い作品だった。
貧乏神改め福の神に憑りつかれた香織・信郎カップルのその後の運命はちょっと気になる・・・
【⇒これまでの観劇作品一覧

勇者セイヤンの物語(真)(爆走おとな小学生)@CBGKシブゲキ!!

【脚本・演出】加藤光大

【出演】佐川大樹、大森美優、橋本真一、加藤光大、桝井賢斗、松田裕、花奈澪、片岡沙耶橘花凛、水崎綾、舞川みやこ、柳原聖、星璃、シトミ祐太朗、氏家蓮、いせひなた、柏木しいな、夏目愛海、長橋有沙、樋田優花、西澤翔、斧口智彦、豊田幸樹、福田侑哉、石原美沙紀、小阪崇生、山田裕太
f:id:JoanUBARA:20170728231124j:plain
「46億年ゼミ」、「すてきな三にんぐみ」と、これまで見たおとな小学生の2つの作品には必ずしも満足できたわけではないので、気になる出演者が多い今作は見に行くかどうか、開幕後も迷ったままの状態だったが、せっかく平日に時間が取れたことだしと、当日券でシブゲキに入場。今作は、迷ったままにせずに、見てよかったと思える良作だった。
RPGの中という設定で進む物語の中で、主役となる勇者が抱える孤独と心の闇、倒される宿命を背負った「ラスボス」をはじめとしたモンスター側の想い、人間とモンスターの種別を超えた心の触れ合いなどが濃い密度で描かれ、特に後半は、心を抉られるような場面が次々と現出された。27人の登場人物全員に感情があり、生きる意味があり、守りたいものがある。RPGなので戦闘場面もあるが、基本的にはダイナミックな感情のドラマ。善悪の境界を攪乱し、克服するさまは見事だった。
水崎さんの役名が「街の人2」と聞いたときには、「メトロノウム」でヒロインまで演じた彼女に役名もないような端役をあてがうつもりかと思ってしまったが、街の人にも街の人である理由があり、感情も生きる意味も守るものもある。重要な役どころで、演技の見せ場も多く、見応えがあった。
人間もモンスターたちも個性豊か。特にスラウィムとピッカチュンの弱小モンスターコンビの純粋無垢な魂は痛々しくも美しい。声も見た目も可愛らしく、作品のマスコットキャラ的な役割も担っていた。
あいみんこと夏目愛海さんは、「ジーバニョン」というウサギ型モンスターの役。前作の病弱少女とは打って変わって、よく通るハイトーンボイスを響かせながら、舞台上をぴょんぴょん動き回って戦い、しかも強い。さらにダークサイド面に制服姿と、ひとつの作品の中でもいろいろな表情を見せてくれた。来月の「マチコ先生」ではメインキャストとして男の子役に初挑戦し、再来月には「ルド女」への出演とこの先も舞台の予定が詰まっているので、また違った顔を見せてくれるのが楽しみ。今日はチェキ会が開催されるということだったので、演劇では時々あるチェキ会というものに初めて参加して夏目さんと撮ってきたが、自分が写っているチェキはあまり見たいものではない。
みゆぽんこと大森美優さんの顔を見るのは、最後に行ったチーム4公演以来、2年と少々ぶり。舞台女優としてはまだまだ成長の余地が大きいと感じたが、舞台での立ち姿の貫禄は劇場公演を重ねてきただけのものはある。久しぶりに「ロマンスかくれんぼ」などで馴染みのある声を聞けて嬉しかった。一風変わった役名だが、それがきちんと生かされるというのは、なかなか心憎い展開だった。
【⇒これまでの観劇作品一覧