読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~熱風の果て~

観劇の記録

PLAYROOM(ピウス企画)@シアターKASSAI

【作・演出】広瀬格

【出演】桜木さやか、長谷川太郎増田裕生さいとう雅子、長橋有沙、亀井英樹、水崎綾、木村若菜、伊藤武雄

f:id:JoanUBARA:20170520233018j:plain
シアターKASSAIで観る演劇は10作品目だが、ここで二面舞台をなす作品を見るのは初めて。廃墟の密室を表現した殺風景な舞台というか、何もない床。先ほどまで歩いていた空間が舞台となることで、客席と舞台の境界は曖昧になる。劇の舞台となる廃墟の位置はシアターKASSAI、登場人物たちは池袋周辺を移動する設定で、実際に出てくる地名の名前も場所もすぐにイメージできるということもあり、そこにも虚構の中のリアリティが感じられた。
空間を挟んで、近い距離で観客同士が向き合うだけでも緊張感が生まれるところに、開演数分前になると、演者たちがおもむろに入場して客席へと着いていく(※空席がある場合のみの演出)。開演後しばらくして客席の演者が喋り出すと、観客と演者の境界も曖昧になる。もしかしたら、登場人物として自分が選ばれていた可能性もあるのではないか、と。そして、セットとなる机と椅子を並べていく演者たちの動きに、現実と劇との境界すら曖昧になる。こうなるともう、単なる傍観者として気楽に観ることは許されなくなる。さらに、リアルタイムに近く話が進むにつれ、密室での神経質な心理戦と、人格や設定の転覆が繰り返される中で、劇世界の現実の境界が失われていく。一度もハケることなく演じている側は当然のこと、観客側にも精神力の消耗を強いる。カーテンコールを迎えても、演者も観客も俄かに作品の世界から抜け出せず、何が真実で何が虚構なのかと混乱し、笑顔になることができないのももっともだ。ただ拍手する価値があることだけは確かに思え、手が動いた。
桐野の小説が子供の遊びをテーマにしているのは、幼少の頃、何らかの事情で体験できなかったそれらの遊びへの憧憬或いは楽しかった時代の淡い記憶が投影されているのかもしれず、同じように、登場人物たちも現実世界の桐野がなりたいもの、やってみたいものが投影されているのかもしれないと思った。しかし、桐野の性別や実像、本名は終幕しても依然として闇の中だ。
二面舞台の反対側から、登場人物たちの正体を既知のものとしてと、2回見ることにして正解。感動を呼ぶようなストーリーではなく、隠された真実が大きな鍵となる舞台でありながら、それが分かっていても劇世界にまんまと引き込まれ、分かっていればこそ見えてくる部分もあった。演劇の新鮮な醍醐味を味わわせてもらった気がする。劇中で登場人物たちが操るノートパソコンや携帯の画面までしっかりと作りこまれ、演者たちは実際にボードにメモをとり、地図に書き込みをする。そして観客は終演後は取り散らかった宴の後をまざまざと眺めることができ、それによってまたも曖昧な世界に引き戻される気分になる。そこまでも計算のうちなのかとすら思ってしまった。
頭の中で作り上げた登場人物たちを動かし、彼らの運命を握り、幸福にも破滅にも導くことを専らとする劇作家と呼ばれる職業の人であれば、おそらく、万能感を抱いたり、はたまた自らが作り出した登場人物への罪悪感を抱いたりする感覚にとらわれることもあるのではないかと想像する。この作品は、作者のそんな思いが投影されたものなのかもしれないと思った。
小説の主人公を演じたまぁこさんは、この舞台への出演が決まってから、膝に大きな怪我を負ってしまった。しかし、弱音や恨み言を一言も吐くことなく稽古に参加し、本番を迎え、これまでの役柄にはないような重要な役を演じ切り。無力さに打ちのめされながらも、理不尽な運命と必死に戦う水越の悔しさ、強さを、鋭い表情と涙で表現できるのは、彼女自身の芯の強さがあってこそ。この試練も、彼女なら人間として、女優としての成長の糧にしていけると信じられる。当面は治療に専念ということになるのかもしれないが、いつか華麗なアクションも見せてほしいもの。スーツ姿も、意外と言っては失礼だが、様になっていた。
まぁこさんとはこの半年で3回目の共演となる長橋さんは、コミュ障の引きこもりという設定からの瞬間の一撃での豹変のぶり。この前の作品は、違う組の方を観劇したので見られなかったが、そこでもボサボサ頭で自然を自在に操る女子高生という個性的な役を演じたという彼女。こういう癖のある危ない役を引き寄せられるというのも実力が認められている証拠。来月は、どんな顔を見せてくれるのだろうか。
水崎綾さんは、名作「冬椿」でのアカツキ・シノノメ姉妹以来、5年半ぶり。そのときの敵役のイメージがついてしまっていたが、今回はクールな外面ながら内面の暖かみも持つインテリ役で、こんなに綺麗な人だったのかと今更ながらに気づいたのだった。
【⇒これまでの観劇作品一覧

Fairy Melody~私はピアノ~(Favorite Banana Indians)@d-倉庫

【作・演出】息吹肇

【出演】松原夏海、中澤隆範、春摘らむ、川嶋健太、成瀬麻紗美、山田貴之、大越陽、西村守正、塩田貞治、加藤美帆、堺谷展之、瀬戸沙織、佐藤詩音、さわはるか、長紀榮、月桃さちこ、memu

f:id:JoanUBARA:20170514220010j:plain
昨年12月の「Singularity Crash」から続けて、松原夏海さんがFBIの本公演に主演。日暮里駅に用事があって降りること自体が初めてで、住宅街の中の細い一本路地を進み、駅から10分弱で会場のd-倉庫に到着。車庫の奥にある2階建ての倉庫を改修した小劇場ということで、外見に似合わず、中に入るとなかなかにおしゃれな併設カフェスペースになっている。そこから階段で1階に下り、劇場に入場。ほどよい傾斜が取られた、見やすい劇場だ。
本作のPR映像にあった朝鮮語の会話のシーンや、パンフレットに書かれた息吹さんの挨拶に多少の警戒感を抱き、本編に政治色が入り込んでこないことを祈りつつ幕開けを待つ。先の大戦にせよ、この国にせよ、皇室にせよ、靖国にせよ、中韓にせよ、右側からでも左側からでも政治の道具のように使われるのはとても不幸なこと。数年後にこの種の芝居が上演禁止になる可能性すらあるという息吹さんの言説には賛成しかねるが、戦争や平和を語ること自体窮屈な世の中になってきているとは確かに感じる。50年ほど前に既に西岡たかしが歌っていたように「私たちは今、戦争を忘れてはならない」のは、今も昔も変わらない。
心配された政治色の強調はなく、靖国のくだりを除けば素直に観ることができた。靖国の鳥居をくぐるには、油をかけたり火をつけるのは論外だが、どんなものであれ、そこで祀られているものに対する価値観というものを持つべきだと思う。みたままつりに集う若い人々のうち、どれだけの人がそれだけの覚悟を持っているのであろうかという疑問は日ごろ抱く。そして己はいまだに靖国の鳥居をくぐる覚悟はできていない。
大越さん演じるフリージャーナリストの父親は、登場シーンでは自衛隊員として南スーダンに赴く設定なのかと思ったが、もし自衛隊員の設定だったとしたら、この劇は成立しただろうか。
戦争を描く作品でいちばん堪えるのが、「この世界の片隅に」でもそうだったように、何気ない日常のシーン。今作では、戦時中の4人の若者たちが楽しく笑い合うシーンが当てはまる。幸福とは享受しているときには気づくことができず、失われて初めてそれが幸福というものだったのかと分かるのが人の常。善良な人々も悪行重ねた人々も、等しく残酷な無実の裁きを受け、幸福を奪われるのが戦争の惨禍だ。たまたま今、辻政信が戦後に著した「潜行三千里」を読み進めているところなので、ビルマ戦線に散ったという幸作兄の設定が余計に重たく感じた。
松原さんは、もうすぐ27歳の誕生日を迎えるのだから、事実婚をしている役でも全く不思議はないのか。演技は今作も安定していて、安心して見ていられる。千秋楽は噛みがちになってしまったと言ってはいたが、モノローグの上手さは折り紙つき。終盤の彼岸へ渡る祖母に投げかけた「おばあちゃん!」という台詞に乗せた情感は素晴らしかった(70年の時代を一気に駆け抜けたおばあちゃん役の春摘らむさんの演じぶりもよかった!)。稽古場でも歯に衣着せぬ意見を戦わせているという松原さん。女優としては着実にレベルを上げていっているので、あとは終演後の挨拶で照れ笑いとかせずにきちんと締められるようになればもっと良い。今月下旬からは、髪を黒くして臨んだNHKの連続ドラマの放映が始まるので、そちらも楽しみにしたい。
ゴブさん演劇の常連である成瀬さんは、この前見た「初体験奮闘記」でのカナイ様から、とてつもない路線転換。どんな風に妹キャラを演じるのか想像もつかなかったが、さすがは女優。無邪気で生意気で素朴な妹役が実によく似合っていた。その純情さを表現した演技が、悲しみと感動を倍加させていた。
時代をつなぐキーアイテムとなっていたピアノ。シンガーソングライターのmemuさんの歌声が響く。演劇で生演奏を聴ける機会は多くないが、やはり音源を流すのとは心への伝わり方、劇場に流れる空気の色が全く違う。優しい歌声がこの劇にマッチしていて効果的だった。
【⇒これまでの観劇作品一覧

地球防衛レストラン~緊急事態のフルコース~(劇団SPACE☆TRIP)@千本桜ホール

【脚本・演出】ゴブリン串田

【出演】永友春菜、椎名香奈江、江里奈、星優姫、坂本実紅、葵叶望、山下真実、崎野萌、水野以津美、小名木美里、神崎晴香、松樹侑奈、関口ふで、馬渡直子
f:id:JoanUBARA:20170514161405j:plain
4か月ぶりとなる劇団SPACE☆TRIPの本公演。劇団名よろしくSPACE☆TRIPしてやって来た別の銀河からの侵略者が満足できる食事を提供できれば銀河系が救われる・・・というかなりぶっ飛んだ設定。侵略者であるシューやロサンは毒々しい髪色と血色だったり、角を生やしていたりと、かなりストレートな宇宙人ぶり。
しかし、本筋は地に足が着いたもので、料理店のスタッフたちがお互いの個性と違いを認め合うことで美味しいフルコースを提供するに至るまでの気づきと成長の物語。自分自身を知り、認めることができて、初めて他人の個性や自分との違いを受け入れることができる。そして、気付きと成長は、料理店のディレクトールと表裏をなす侵略者シューの側にも認められる。コメディ色は前作に比べればやや弱かったが、笑いの要素を盛り込みながら、しっかり芯の通ったストーリーで、終演まで飽きさせないつくりだった。わざわざ屋外ロケまで敢行して、映像でも攻めてきていた。
馬渡さんは、いつもの身体の中でとぐろを巻いてから出てくる重厚な声色とは全く違う、今まで聞いたことがないような頭のてっぺんから抜ける上品なマダム声。今回もまたいかにも楽しく演じられそうな役。途中で身体を乗っ取られている間はいつもの声色も聞かせてくれた。三年物語で馬渡さんと共演していた小名木さんは侵略者シュウ役で出演。彼(彼女?)の心の成長物語でもあるのだが、銀河系を除いて被征服民を皆殺しにしてきたという彼が良い統治者として目覚めても、既に治めるべき民はなし・・・。地底人の侵略を阻止したら、もう地球で生きていってもらった方が幸せなのでは?
今回は関口さんが余興担当。1公演でプリンを4個・・・全5公演で最大20個!身体張り過ぎでしょう。厨房にいるはずのシェフとパティシエまでちゃっかりと関口さんの本気を拝みに出てきていた。前作で主演した椎名さんは、カラコンを入れてミステリアスな宇宙人役。セクシーな衣装に身を包んで、落ち着いた大人の演技。前作とはまた違う魅力を見せてくれた。
坂本さんも前作から引き続いての出演で、未成年にもかかわらず日本酒マニアのソムリエ役。彼女は何といってもキリリとしたいたずらっぽい眼の力強さが舞台向きで、一癖あるような役が向いている。それでいて踊っているときはアイドルそのもの。不思議な魅力のある人だ。劇中で最も成長したと言ってもいいパティシエを演じていたのが崎野萌さん。おだんごヘアーが丸顔によく似合っている。元々は「ぱじゃるー」という北九州のアイドルグループにいた方らしい。中盤からはずっと涙ぐみながらの演技。いったんは逃げ出して、思い直して頑張ってでも信じきれなくて、という心の動きが痛々しいくらいに伝わってきた。
道場シェフ役の星さん、どこかで見た顔というのはすぐに分かったが、終演まではっきりと思い出せず、「踊りが丘学園」のズッキューンな副会長役と分かって納得。副会長役のときも感じたが、彼女の場合、セリフ回しが平板に聞こえるのが弱点。言葉がある程度出てから感情が乗ってくるような感じなので、まだまだ良くなる余地はありそう・・・ということは、パティシエを見守るシュー様のように、彼女の演技をまた見る機会があれば、成長を確かめてみたいと思った。
【⇒これまでの観劇作品一覧

名探偵はじめました!!2017(アリスインプロジェクト)@シアターブラッツ

【演出】舞生ゆう 【脚本】麻草郁

【出演】長谷川愛里、山川ひろみ、大塚愛菜、橘さり、夏目愛海、水月桃子、渡辺菜友、青柳伽奈、梶谷桃子、清水凛、民本しょうこ、花梨、佐藤ゆうき、栗野春香、岩崎千明、本山久恵、池澤汐音、蒼みこ、秋元なつこ、鳥井響、鈴野まみ、武田真歩、中村伶奈、梅原サエリ、手塚朱莉、山中愛莉彩、結城アイ
f:id:JoanUBARA:20170507233035j:plain
2013年に上演された演題の再演となる本舞台。初演は、「ヴェッカー1983」で自分の観劇スキルの低さに絶望するなどして、3年半ほどアリスインプロジェクトの演劇から離れていた時期だったため、今回が初見となった。とはいえ、この間に麻草作品との正しい付き合い方を身に付けることができた自信もないので、化学部員がSF要素を持ち込んでくるようだと厳しくなるかも・・・などと不安半分で幕開けを待っていた。
前半は、笑いの要素も盛り込みながら、2つの「事件」を解決する過程が描かれる。ほっこりとしつつ、それでいったん物語が収束したように見えたので、果たして残った時間でのクライマックスへの持って行き方をどうするのだろうと思っていたら、終盤は物語が一気に急展開。時空要素も絡んできてスケールも俄然大きくなった。こうなると今度は、それをどう収拾するのかと思っていたら、前半の「事件」の解決の過程を鍵にして、きちんと納まるべきところに納まった。
残された謎が2つ。なぜ、選ばれたのが生徒会長で、なぜ、あのタイミングで見えるようになって会話が可能となったのかということ。もう一つは、第3の1年生である辰野恵の正体と目的。昼夜観劇したので、夜は何かしらの手掛かりが得られないか注意して見ていたつもりだったが、はっきりとしたところは分からなかった。辰野恵は観察者としての振る舞いと、1年生としての振る舞いを割と自由に行き来していたように見え、また、こことは異なる時空の存在を知った上で、何かを守ろうとしているのは間違いはないのだが、その辺りの推理は、観客の名探偵ぶりに任されることになる。辰野恵役の二人は、おそらく設定を知った上での演技で、ヒントを残していったとは思うのだが、簡単には解決できそうにない。演じ方としては、鳥井さんが観察者寄り、秋元さんは1年生寄りだった。
見ていて面白かったのが、テストの場面や校舎の探索の場面を踊りで表現していたところ。特に、学力テストをあれほどアクティブに表現するというのは、普通では考えられないが、コミカルに頭の中の様子まで表現されていた。シアターブラッツは、客席の環境は恵まれてはいないのだが、舞台は奥行きを豊かに取れるので、こういうダイナミックな表現が可能になる。
キャスティングは、初舞台となる主演の長谷川さんの周りを、水月桃子さん、渡辺菜友さん、青柳伽奈さんなど、アリスインなどでの演技経験が豊富な女優陣が固めていて、安心して見ていられた。声も本当によく通って聞こえたし、キャラクターの個性をしっかりと確立させた上でのアドリブや遊びも見られ、アリスインがここまで積み上げてきたものの確かさが感じられる舞台だった。
山川ひろみさんは、初演ではまぁこさんが演じていたという湖春役で出演。気弱で流されがちなところもありつつ、まっすぐな心を持つ湖春は、山川さんとも重なるところがある役。長谷川さんとの10年近い年の差を感じさせない、珠理との名コンビぶりだった。持ち前の大きな目や下がり眉も、繊細な気持ちを細かく表現できる彼女の大きな武器。大声で気持ちを爆発させてしまう場面には、こんなに声が出るのかと驚かされた。終演後は、「クロパラ」で初めて演技に触れて6年にして、初めて山川さんとお話しをしてきた。舞台とアイドルイベントは違うものとして捉えたいという思いもあって、イベントには積極的には参加してこなかったが、今回は、チケットを買った段階で参加することを決めていた。来月は、ラビネストに続く新劇場のこけら落としとなる「狼魔冥遊奇譚」でまた彼女が演じる姿を見られる予定だ。
本作には、昨秋来気になっている女優さんである、夏目愛海さんもシングルキャストで出演。彼女の演技を見るのは3作品目となった。のんびりとしていて猫のような珠子は、彼女の雰囲気にぴったり。寝ているだけのように見えて寝るための労を惜しまず、要所では膠着した事態を好転へと導く切れ者でもある珠子を、高い声をいちだんと高くして、幸せオーラたっぷりに演じていた。終演後は夏目さんともお話し。今年はこの先も舞台の予定が既に目白押しという彼女の女優としてのいろいろな面が見られると思うと楽しみ。山川さんも夏目さんも、底知れない透明感、ピュアさを持ちながら、演じることに対しては強い向上心を持っていてとても貪欲ということを感じた。心洗われるとともに、いい演技ができるわけだと納得できた。
ボブジャックシアターに正式に所属となった民本さんは、10数年若返って現役高校生役。制服を着れば出オチ感もなく、自然と馴染んでしまっていた。表情や声、全身をフルに使って怖がったりうろたえたりして見せて確実に笑いがとれるだけでもすごいが、花梨さん演じる望の望みを伝える場面や、会長として締めるところなど、メリハリのついたさすがの演じっぷりだった。花梨さんは、「踊りが丘学園」と違ってセリフではなく表情だけで演技をする場面が大半という難しい役をこなしていた。独特の声も、望の謎めいた存在とよくマッチしていた。登場によって場に緊張感を運んでくる風紀委員の山吹三姉妹は、「踊りが丘学園」の科学部と近い立ち位置か。3人の個性的なキャラクターは憎いようで憎めなかった。
夜の月組公演では、辰野恵の謎を解くため、自然と鳥井さんに注目する時間が長くなった。彼女が出てきた瞬間、何かの作品で観たことがあるのは間違いないような気がしていたが、調べてみたら初見。既視感があったのは、彼女の容貌が、野呂佳代さんと似ていたからだろうか・・・。謎めいたキャラクターの謎をより一層深めた彼女の微笑は強い印象を残した。
見る前に心配していた、ストーリーの難解さは、部分的には現実になったが、ストーリーの核心までは、ぎりぎり浸食してこなかったので、何とか助かった。帰りには、劇中の小道具に触発され、コンビニでカレーうどんを買ってから帰宅。
【⇒これまでの観劇作品一覧

ブラックダイス(Flying Trip)@あうるすぽっと

【演出・脚本】春間伸一

【出演】仁藤萌乃橋本楓、反橋宗一郎、武子直輝、榎木智一、藤本結衣、古橋舞悠、戸田悠太、今村裕次郎、小森敬仁、十河宏明、田中克宏、與座亘、滝口はるな、甲斐千遥、横井伸明、高原知秀
f:id:JoanUBARA:20170315145209j:plain
第1作の「落下ガール」から第6作の「落下ガール」までは全ての作品を観劇してきた春間さん手掛けるFlying Tripの演劇だったが、男性キャストの比重を高め、アダルト路線になり、あうるすぽっとに場を移してからというもの、すっかり疎遠になってしまっていた。今回の第12作で、萌乃たんこと仁藤萌乃さんが主演するということで、久しぶりに渡り鳥の旅路を辿る。先に昨日の「星空ハーモニー」の千秋楽のチケットを買っていたため、萌乃さんが演じる回を見るには平日しか選択肢がなく、月曜夜の千秋楽を観劇することにした。
萌乃さんの出演舞台を見るのは、脚の骨を折った状態で装具を纏ったまま根性で主役を演じ切った「心は孤独なアトム」以来。確たる目的意識もなくスタートしたという芸能活動が10年目を迎えようという中で、演技の面でも貪欲に向上心を持ち続ける彼女の姿は、劇場公演で一切の妥協を排除して一心不乱に踊っていた頃と変わらない。演じていることを感じさせない力の抜けた熱演とでもいうべき自然体の演技は、萌乃さん独特の世界。余計なものがそぎ落とされていればこそ観客に伝わる感情というものもある。
キャバクラとか違法カジノとか詐欺師とか、シンパシーを感じる要素のない舞台設定のはずなのだが、そこで繰り広げられる謀略や勝負事に手に汗握らせるほどの男性役者陣の迫力が凄まじい。問題があったとすれば、根っからの悪者はいないはず、ハッピーエンドで終わるはずということを信じられる程度には自分が春間作品に馴染んでしまっていたことか。それにしても登場時にはどんな悪玉かと思われた社長が、金を失っても部下たちから慕われ、強い家族愛の持ち主という、ある意味非の打ちどころのないほどの格好よさとは。裸一貫からまた立ち上がるその姿は、日本のドナルド・トランプか。もっとも、勝負ごとに負け知らずならば、闇カジノではなく、海外の合法カジノで外貨を稼ぐだけ稼いで、日本経済に貢献してくれた方が・・・なんて思ってしまうが。それに胴元が賭け事に参加するのは、違法カジノの正義では違法なのでは・・・
そんな彼が萌乃ママと別れた理由が劇中でははっきり明かされなかった点は、エンディングで感動の一部を留保する要素になってしまったが、事業の成功のためにそうせざるを得ない場面に打ち当たった時に一瞬の迷いを見せた彼に対して、萌乃ママが自ら潔く身を退いて関係を断った・・・と想像するのがいちばん自然か。その後、自らの治療費を彼に出させず、結果として娘に借金を背負わせてしまったのは、彼女なりの意地でもあり、娘の強さを確信していたから・・・と思うのが綺麗か。そして、その当時の父親では、お金以外の持ち手に気付くことができなかったのだろう。それでも萌乃さんにしてみれば自殺寸前まで追い込まれてしまったのだからたまったものではないが、そんな運命を自らの力で乗り越えて、桜吹雪を美しいと思えるようになった萌乃さんの門出には、目頭が熱くなるのを感じた。
【⇒これまでの観劇作品一覧