~熱風の果て~

観劇の記録

ご町内デュエル(トランク)@劇場MOMO

【演出】こいづか登【脚本】羽仁修

【出演】長谷川哲朗、夏陽りんこ、石川竜太郎、渡辺隼斗、小澤暢子、小日向茜、遊佐航、古川龍慶、岡田武義、こいづか登、大門与作、松本慎也
f:id:JoanUBARA:20181129200917j:plain
2年連続で、年の瀬に小日向茜さん出演の舞台を劇場MOMOで観劇。昨年の「ラブロバ」とスタッフや出演者が一部重なっていることもあって、そのときのことを強く思い出す。特に、今回はギタリスト役で出演していた大門さんは、つい「ごとぅー」と変換してしまう。あれは思い返すにつけ強烈なキャラクターだった。
客席の観客には全て明らかにされている登場人物たちの素性が、舞台上では意図的だったり偶然だったり本人も気づいていないうちだったり、いろいろな形で隠されたり置き換えられたりする。そこから生まれるギャップに登場人物たちが否応なく巻き込まれていく・・・という構図は「ラブロバ」との共通点。
今作は、そこにアクション的な要素を加えてきていて、しかも、「ラブロバ」では泥棒さん一人が汗だくになっていたのに対して、今回はほぼ全員がドタバタに巻き込まれていくので、舞台上の実際も、人物設定も激しく動く、アクティブ感の強い作品となっていた。狭い舞台での殺陣でもかなりの迫力があって、さすが演出のこいづかさんの立ち回りや存在感はお見事。それがキャラ崩壊だったり滑稽な立ち振る舞いを生み、笑いにつながる。キャラクター的には少し変なところはあっても、観客に近い常識人的な立ち位置にいた主人公まであちら側に行ってしまうに至っては、もはやおもちゃ箱ひっくり返しのイヌフェス状態に。それでも最後には人間的な温かさを主張しながら、無事に着地させてしまうあたりに上手さを感じた。
小日向さんは、事前のアナウンスでは「いたって普通の女の子」役とのことだったが、役作りのために後ろ髪を明るくして、今回のさとみ役に挑んでいた。ヤンキー役ではなかったが、肝っ玉の据わり方や芯の強さは小日向さんと通じるところがあって、さっぱりとしたセリフ回しできっぷのよいキャラクターを演じていた。ダブルカーテンコールでの挨拶を振られたときには、彼女にしては珍しくしどろもどろになってしまっていて、そんなところにも、アイドル師匠から人間くさい役者への歩みが見られた。
【⇒これまでの観劇作品一覧

関連記事

kittens.hateblo.jp

ともだちインプット(アリスインプロジェクト)@シアターKASSAI

【演出】細川博司【脚本】麻草郁

【出演】新谷姫加、森川彩香、夏目愛海、竹内舞、須山朱里、仲野りおん、今井瞳、シミズアスナ、奈良平愛実、花梨、琴森もね、沖田桃果、若松愛里、池澤汐音、桜田初姫、星秀美、西田薫子、あさおか倖、川口ゆずき、漆畑美来、岩本柚、澤田樹奈、高田あおい、國井紫苑、小澤麗那、天音、朝倉奈珠希、喜屋武蓮、木村玲子
f:id:JoanUBARA:20181118193855j:plain
データスフィアの海のように、自らの作品や関わった作品の要素を分解し、再構築していく麻草氏の脚本。今作も、いかにも麻草作品だなと思わせるものだった。始まりと終わりが繰り返される世界という設定はヴェッカー的でもあったが、いちばん近いと感じたのは、「まなつの銀河」。荒れ果てた地球、隔離された学園での終わりの見えない日常など、世界観の類似点が多かった。
例によって、複雑難解な全てを解こうと思って見てはいけないのが麻草作品だが、やはり何らかの解釈はしたくなるもの。しかし、ガートルードやサキ、フユの目的まで絡んでくると、それらを一つの糸に結び合わせるのは、舞台を観ただけではかなり困難な作業になる。
この世界の目下の最大の目的は人間の復活ということだろうか。おそらく実験は何度も繰り返し失敗していて、人類の滅亡からは長い時間が流れている。「まなつの銀河」的な設定であれば、ナツは母親の手によって冷凍保存されていたのかもしれないが、回想シーンではユキの子供はアキだけで、ナツが登場しないのは何故か。ヤツメとソラが抱いていた赤ん坊はナツとアキなのか失敗作なのか。フユを作ったのは誰なのか、この世界では人間の絶滅と復活という二つの勢力が対立しているということなのか。シャンドラは何故重要なのか。冒頭とラストの、ナツとアキが二人だけのシーンは、学園での出来事は遠い過去となっているのか。アキだけでなくナツも姿が変わっていないのは、彼女もまた精巧に人間として作られたアンドロイドということなのか。アンドロイドたちが学園に魅せられ、集まってくるのは単なる偶然か。アンドロイドたちの活動の停止が暗示されることと、サキの死をきっかけに植物や動物の再生が始まったこととは何らかの関係があるのか・・・
謎が謎を呼んでしまうので、終演後も頭の中がスッキリとはしないで、感想を伝えにくいという思いも抱きながら公式イベントや個人イベントに参加したが、あいみんなりの解釈を語ってもらえて、クリアになった部分もあった。もちろん、彼女自身が言うように、これが正解というものがあるわけではなく、観た人それぞれの解釈があっていい。
今年の途中からは、4年前に一度、観劇のモチベーションが急低下してしまったときの反省も踏まえて、舞台を長く楽しみ続けるために、応援している役者が出演する舞台でも、世界観などが合わないことが明らかなものは見に行かないという選択をあえてするようにしていた。そのため、あいみんの舞台を観るのは4月以来で、お話しするのは3月の写真集増刷イベント以来となってしまった。ハルはセリフの量は多くはなく、表情も大きく変えることが許されないので、表現の難しさはあったはず。そんな中でも、バーチカロイドとして、機械的でも人間的でもない、滑らかかつぎこちない動きを崩さず、終盤には核心を突く役割も担って、小さい身体ながら舞台上で存分に存在感を発揮していた。今年も9本の舞台に出演するなど、大活躍の1年。来年もさらに一段上へ、活躍の場と規模を広げていくことになるだろうが、まずは主演舞台を見たいもの。人気、経験、実力、どの面から見ても、その機は熟している。
今年の1月の天使の図書室で舞台デビューした竹内舞さんは、重要な役どころで出演。悪役というには、人間らしく可愛らしい面もふんだんに見られたガートルードだったが、こういう強めかつ華のあるキャラクターを演じられる人というのは実はあまりいないので、貴重な存在。1月の舞台で感じさせた女優としての伸びしろを確かめることができた。
11期生の森川彩香さんを見るのは6年半ぶりか・・・AKB劇場は遠い過去。あーやろいどを自称していた彼女が人間役と聞いたときにはこれ如何にと思ったが、違和感を抑えながら真実を自然に隠して、ラストシーン前の大きな転換に持っていく演技の流れは、卒業後に舞台の経験を重ねてきただけのものが感じられた。
個性的で、それぞれの過去を背負ったアンドロイドたち。印象に残るのはイシスとホタルのコンビ。死に場所を求め続けて自暴自棄にもなりかけるイシスと、助けられた後、彼女に寄り添い、見守るホタル。特に、ホタルがイシスに「死ぬな!」と感情を爆発させて本音を伝える場面は、演じた奈良平さんのセリフへの感情の乗せ方が素晴らしく、ぐっと来るものがあった。
アンドロイドの1号機であるシャンドラを演じた桜田初姫さん、人間的なアンドロイドたちの中で、壊れかけの忙しない動き、そして正常に戻ったときの滔々としたと喋り方とのギャップで存在感を発揮していたが、中学2年生ということを終演後に知って驚いた。将来、大きく羽ばたく可能性を秘めている。
アリスインでは「魔銃ドナー」などに関わってきた細川さんの演出作品を見るのは初めてだった。演劇用語的に何と言うのかは分からないが、ハル、ナツ、アキ、フユの4人の冒険シーンなど、音楽と人間の動きで流れるように表現するシーンが目を引いた。その場面もそうだが、セリフを発している人以外にも目を向けると、それぞれの背景や思惑といったものが感じられることもあって、細かいところまで作りこまれた作品だった。
【⇒これまでの観劇作品一覧

W-Gladiolus(縁劇ユニット 流星レトリック)@明石スタジオ

君の夢とボクの願い

【演出・脚本】吉原優羽

【出演】岡延明、藍菜、小黒雄太、ゆか、千歳まち、仲宗根久乃、服部有香里、望月海羽

カミクイ

【演出・脚本】望月海羽

【出演】高山綾平、荒木未歩、森輝弥、嶋田あさひ、大野トマレ、くま、橋本侑季、榎あづさ
f:id:JoanUBARA:20181112214808j:plain
【演奏】真島聡史、竜馬
望月海羽さん、吉原優羽さん、服部有香里さんの3人による「縁劇」ユニットの第3回公演を、高円寺の小劇場で観劇。
望月海羽さんの座長公演「ドールズハウス」から2年余り。そこでのヒロイン・マリー役を最後に、長い休養の時間を迎えていた「ゆか」さんの演劇の世界への復帰。彼女の役者としての才能に惚れこむ身として、「ドールズハウス」のDVDを時々見ながら、いつかこの時が来ると信じて望みを捨てずにいたので、本当に嬉しい知らせだった。「フライングパイレーツ」での海羽さんとゆかさんの縁が「ドールズハウス」につながり、それが更に受け継がれたお陰で、この舞台を観ることができる。まさに「縁劇」なのだと思う。
様々な色を持つグラジオラスの花の名を題に冠する本作は、1時間の上演時間を持つ2つの作品のオムニバス。未来の科学と土着の信仰。吉原さんと望月さんがそれぞれに手掛ける2つの作品は、一見すると全く異なる色で交わることがないように見える。その中で、誰かを思う愛の力、種族を超えて共鳴する赤心、世代や輪廻を超えて受け継がれる想いといったテーマが共通に描かれる。異なる舞台設定、アプローチを取り、なおかつその中で人間と他の種族とを登場させることによって、メッセージの普遍性を強く訴えかけることに成功していた。2つの世界が交わった3作品目の「君のそばに」が自然に受け止められたのは、その証と言えるだろう。ピアノとバイオリンの生演奏も、単なる舞台音楽にとどまらず、人物の心象を音で表現するようなところもあって、作品の趣を濃くしていた。
「君の夢とボクの願い」は、繊細な心を持つ科学者の終夜役を演じた岡さんと、冷静に任務をこなす中で暖かさを兼ね備えた人間思いのアンドロイド・ノアを演じた小黒さんの魂のこもった熱演が素晴らしく、何度か瞼が熱くなるのを感じた。また、服部さん演じるレノンと、ゆかさん演じるルーイの無邪気さが、時に明るく、時に悲しく舞台を彩った。アンドロイドの声色で演じ続けていたゆかさんのルーイから最後に聞こえた「お願い、動いて」の声は、幾通りかの解釈ができそうだ。冒頭の千歳まちさん演じるアダムのモノローグは、2回目の観劇で、そういうことだったのかと合点がいく。2回見ても飽きることのない作品だった。
「カミクイ」もまた、本来交わることのない人間と神の間の情の交感に、哀しさと美しさを描く、壊れやすいガラス細工のような作品。その中で、くまさん演じるカラス天狗や、森さんと嶋田さんが演じる兄妹などの個性豊かな登場人物たちが、活き活きと躍動する場面は明るさをもたらしてくれる。カラスは、和解の犠牲となって命を散らしてしまいがちなポジションなのでどうなるかと心配だったが、安易な犠牲もなく、解決へと導かれた。旅の巫女の真意など、難解な面もあったが、思いが繋がって成就を予感させるラストシーンは、乱されたものが大きいほど暖かいものだった。しかし、終盤は森さんの陽斗が着ていた杏月先生Tシャツが妙に気になってしまった。物販では売っていなかったと思う。「ドールズハウス」組でもある杏月役の嶋田さんは、そのときのビアンカ役が記憶に新しい。個性的なルックスを持ちつつ、これだけ動けて演じることができるのは貴重な才能だ。
終演後にはチェキ会があって、その後の面会時間も含めて、ルーイの衣装に身を包んだゆかさんと初めてお話しすることができ、人柄を感じることができた。ゆかさんの演技をもう一度見ることと、応援していることを伝えることという2年越しの難問を解決する機会を与えてくれた今回の舞台には感謝したい。もちろん、様々な難しい状況を乗り越えて、演劇の世界に帰ってきたゆかさんにも感謝。マイペースでも、納得できる活動を続けていってほしいと願う。
【⇒これまでの観劇作品一覧

花嫁は雨の旋律(ILLUMINUS)@シアターモリエール

【脚本・演出】吉田武寛

【出演】中谷智昭、北澤早紀、栗生みな、坂口和也、松田彩希、千歳ゆう、江益凛、堀ノ内翼、梅田めぐみ、飯嶋耕大、秋山絵理、諸岡沙紀、武岡宏樹、GOH IRIS WATANABE、赤沼正一
f:id:JoanUBARA:20181111232223j:plain
昨年夏に、中野ザ・ポケットで上演された作品の再演。中谷さんとさっきーの二人が、再び主演としてキャスティングされたほか、千歳ゆうさんと赤沼さんも、同じ配役での出演となっていた。
GO IRIS WATANABEさんの芸を活かして、Timeless Cafeのシーンはエンタメ性が大幅にアップ。突如として始まる妙にハイレベルなコーヒーライブショーが、シリアスな舞台に一杯のコーヒーのような安らぎを与えてくれる。ピアノのシーンは生演奏で、さっきー、くりゅさん、ゆうさんの3人が、力強く、繊細に、弾むように奏でていた。
キャストが違えば、役のイメージもかなり変わる。栗生さんの大人の雨のラストシーンでの感情移入ぶりは見事。その表情の豊かさも加わって、ぐっと来させる力があった。坂口さん演じる理系男子は、よりインテリ感を増して、いかにも的な感じがよく出ていた。
さっきーは初演のときと比べると、成長後の雨の方により寄り添いが感じられる演技で、彼女自身の成長や女優としての経験が生きていることが分かった。昨年の初舞台以来、こうして経験を重ねることができているのは、決してAKBメンバーというネームバリューだけではないと思う。アイドルと女優と学生の3つの道を両立させる彼女の頑張りは、将来につながっていくことだろう。
今回は、舞台が見づらいことは分かっていたシアターモリエールでの上演だったので、前方のS席を確保しようとチケット発売日を待っていたのだが、S席を売る前から売り切れ表示にするという販売上の不備があって、結局A席での観劇となってしまった。前の座席が大きい人だったため、ステージ上の3分の1は死角。これでは舞台で演じられる全てを素直に受け取ることは難しくなってしまう。会場選びやチケットの売り方には不満が残ってしまった。
【⇒これまでの観劇作品一覧

ヱビスの王女様(劇団くりびつてんぎょう)@恵比寿エコー劇場

【脚本・演出】水野宏太

【出演】安藤清美、小日向茜、愛花ちさき、森川凛子、柿の葉なら、樹理、合志風彦、勝又悠里、坂口邦弘、琴音きなこ、松岡ゆさ、菊池聡子、奈綱郁美、川南郁也、小池主真、スカンキー中浦、藤井優果、松本淳、舟川純司、馬渡直子、西岡洋憲、松谷なみ、航灯涼、高山恵子、綾野アリス
f:id:JoanUBARA:20181014190142j:plain
昨年に続き、小日向さんが客演するくりびつてんぎょうの舞台を観劇。
様々な食材と調味料が混ぜ合わされたような、味付けの濃いシーンが連続するフルコースのような作品。シナリオだけに頼らない、バラエティに富んだ華やかな演出が盛り込まれた舞台で満足感が高かった。
馴染みがあった「泣いた赤おに」がベースになっていた昨年とは違って、今年は「テニスの王子様」という全く縁のない作品が連想されるタイトルだったので、少し心配もしていたが、テニス的な要素は、卵の黄身を中華鍋で打ち合うシーンで使うというまさかの意外さ。人間と動物の境界すら曖昧になるような、何でもありの世界観がしっかりと一つの作品にまとまるのだからすごい。一般にはセンシティブな響きがある「もらわれっ子」が、最後まで邪険に扱われるような、表面的な綺麗さを排したアングラ感も、この劇団の魅力だと思う。
小日向さんは、なかなか舞台上に出てこなかったので、あまり重要な役ではないのかと思っていたら、いきなりランドセルを背負った小学生スタイルで登場し、憎々しい表情でライバル役として人を見下し、憎まれ口を叩いていく。ヒロイン役よりも、まさにこういう癖の強い役を見てみたいと思っていたので、それが存分に実現された、嬉しい配役だった。見た目と声の特徴と魅力が十分に生かされ、悩みや成長といった内面もきちんと描かれ、今までで最も彼女の魅力が生かされた舞台だったと、個人的には思う。終演後、周囲から小日向さんが演じたテンテンが可愛かったといった感想も聞こえてくるのも嬉しかった。
【⇒これまでの観劇作品一覧