読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~熱風の果て~

観劇の記録

Battle Butler(yoppy project)@六行会ホール

【演出・脚本】中島大地

【出演】天野七瑠、今出舞、山沖勇輝、中塚智実長谷川美子深澤大河、中島大地、鵜飼主水、赤間直哉、香乃さき、七海とろろ、冴月里実、大曽根敬大、ヒロヤ、阿佐美貴士、レノ聡、吉野哲平、春見しんや、綾部りさ、嶋田真、倉田果歩、白石れい、神崎洸太、一条龍之介
f:id:JoanUBARA:20170312175332j:plain
一時期離れていた芸能界に復帰した長谷川美子さんを中心として立ち上がった演劇プロジェクトによる第1作。
執事、バトルということで、イケメン俳優たちによるアクションが中心になることは予想できたこの舞台。あとは、そこにどれだけ物語、演劇としての深みを加えてこれるか、少々の不安も抱えながらの観劇だった。
アクションの面では、殺しは厳禁で一定のルールも設定された中の戦いなので、純粋にアクロバティックな動きや駆け引きを堪能するとともに、戦いの中での主人を含む人物たちの心情の変化や、隠された真実を探りながら見ることができた。重厚に、電撃的に、アクロバティックに、執事たちによる殺陣は迫力十分だった。閉じられた空間の中、人間関係の広がり、世界観の広がりという点では限界はあったが、単なるライバルと思われた執事同士、単なる主従と思われた執事と主人との関係が戦いを通して少しずつ変わっていく様子は見ごたえがあった。
冷徹に見える登場人物たちも最後には血の通った暖かい部分を見せ、基本的には性善説で貫かれている。バトルそのものにも、非道な戦い方もなく、真剣勝負で演じられたところもよかった。茶色チームの田舎のお百姓は、どう見てもただの嚙ませ犬で真っ先に退場するかと思いきや、最後まで普通にいい人。演出・脚本も手掛ける中島大地さん演じる金剛大輔の戦いざま、生き様は格好良いの一言。
中塚さんは高飛車で憎々しいお嬢様役で、バトルの真の黒幕であるおっきー演じる執事と組んでの出場。この2人のコンビと言って思い出すのは、「ヴェッカーDNS」。おっきーはあの頃から比べれば、多少ふっくらした感じで、貫禄も出てきていて、その演技や殺陣での存在感も増していた。最後の挨拶も安心して聞いていられる。3.11という日に言及しつつ、しっかりと締めていた。中塚さんはAKBにいた頃よりも、だいぶ自分を解放して、やりたいことを楽しみながらやれているという印象がある。この舞台でも、不器用で素直になれない自分へのもどかしさを内に秘めたキャラクターの変化を、終盤では感極まって涙ぐみながら熱演していた。四童子さんのキャラクターは、彼女と重なる部分もあったのではないだろうか。
昨年12月に見た「〈わたし〉に続く果てしない物語」に出演していた綾部りささんは、その声を活かしてボクっ娘役で出演。外界や人間に興味を示さないボクっ娘が、とろろさん演じるアイドルや他の参加者たちとの交流で、ほんの少しずつでも変わっていく。カーテンコールではずっと涙を見せながら。そこには帽子と俯いた仕草で隠れていたボクっ娘の秘めた思いが存分に表出されていた。アンサンブルのバトルスタッフの中に、何となく親しみを感じる顔の人がいて、「〈わたし〉に続く果てしない物語」に綾部さんと共にセミアンドロイド役で出演していた山田貴之さんと知って納得だった。