読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~熱風の果て~

観劇の記録

ワラワレ(企画演劇集団ボクラ団義)@シアターモリエール

演劇 演劇-2012年
【脚本・演出】久保田唱

【出演】沖野晃司、石塚義之時田愛梨酒井瞳、添田翔太、三田寺理紗、春原優子、駒谷仁美、竹石悟朗、内田智太、竹花久美、山田健太郎、大音文子、平山空、門脇宣也、八代拓郎、中村宜広、高橋雄一
f:id:JoanUBARA:20170312220409j:plain
ボクラ団義は、「鏡に映らない〜」以来2回目の観劇。「鏡に映らない〜」は、パズルを緻密に組み立てていくような整形性、そしてアイドルヲタを極端にデフォルメしたような演出がいまいち嵌らなかった。普段、アイドルヲタではないつもりだが、演劇で古典的アイドルヲタが「ワラワレ」として登場するのを見ると不快感を感じるのは、そのような存在に不快を感じるというよりは、やはり自分自身アイドルヲタに染まっているため・・・と認めざるを得ない。
ボクラ団義の演出の特徴としては、ステージを立体的に使って、準同時並行的に複数の空間が現出される点が挙げられる。「ワラワレ」では前半を中心にそれが過剰だったきらいはあり、劇としての流れが細切れになりすぎていた感はある。そして、ドロドロとした混沌を好む己にとっては、主題や展開が純粋で綺麗すぎた。そんな中にあっても、ラストシーンはご都合主義に走ることはなく、悲しみと希望の両方が感じられる叫びで終わったので、余韻に浸ることはできた。ただ、あの会場にいた観客の高揚した雰囲気からすれば、場違いなくらい冷静なままで終わってしまった。純粋なヒューマンドラマに感動できるような魂が欲しいような欲しくないような。
主宰の久保田氏も「M1」出場歴があるということで、この劇もお笑いが大きな要素となっていた。普段、テレビで放映されている「お笑い」というものと接点を持てず、お笑いコンビの顔や名前も石塚氏の「アリtoキリギリス」くらいの世代までしか分からない、という己なので、今日の演劇中のコントシーンも、客席が笑いに包まれても温度差を感じてしまう。お笑いの形式美に乗っかれたら、それはそれで楽しいんだろうけど・・・と、何かにつけ異端に酔うが如く格好を付けてみたくなる気分になってしまった。
GGRとっきーは、ヒロイン的な位置付けの、翳のある歌姫。彼女は、眉に憂いを湛えたような役の方がよく似合う。終盤にはソロ歌唱のシーンもあったが、声量豊かな生歌で、歌姫として一定の説得力が感じられる歌唱だった。
三田寺さんはスキャンダラスアイドル「りのりの」役。表の顔はブリブリアイドルなので、チームHの人がモデル・・・ということではないと思われる。それにしても三田寺さん、ツインテールでフリフリ衣装を着させると、アイドルグループのセンターにいてもおかしくないような可憐さを見せる。先月は、渋谷でホリプロGAの第3回公演があったのだが、結局他の用事を優先してしまい、参加しなかった。1日限りの開催で握手会付きでは演劇というよりはアイドルイベント的なものになるだろうという思いもあったためだが、どうだったんだろう。
ひよこのひぃちゃんこと駒谷さんも随分と久しぶりに見る顔。印象は、ひまわり組公演を劇場で見ていたときと大きくは変わっていない。アナウンサー役で、しかも中継シーンが中心だったので、役の個性を発揮する場面は限定されていた。ファンを幻滅させるような裏の顔を曝すシーンがもう少し見たかった。