読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~熱風の果て~

観劇の記録

AKB48(ひまわり組)

夏海たむは肌の調子は悪そうだったり、上気が激しかったりで、序盤は体調不良なのかと心配だったが、体調不良で一部出演になってしまったのはNなっちだった。なちのん疲れもあるだろうな。 テンションが異常に高かったのが、夏海たむにお揃いにするのを拒否…

AKB48(ひまわり組)

2か月近く療養のため劇場公演から離れていたおーいぇが今日から復帰。純粋さの余り、袋小路に迷い込んでしまった彼女だが、見事に壁を乗り越えた。おーいぇの挨拶をステージ上で聞く他のメンバーの表情を見ていると、迷っていたのはおーいぇ一人ではなく、お…

AKB48(ひまわり組)

ピュアピュアはえれぴょんを巻頭表紙に迎えるべき、と5月の日記に書いたら、来月発売のピュアピュアで、えれぴょんがグラビアに登場とか!ピュアピュア編集部とって、AKBは編集会議の対象外だろうと思っていたので驚いた。ピュアピュアに載ることで足しがあ…

AKB48(ひまわり組)

知り合いに「最近頑張ってるね」と言われて、「最近じゃないよ!もう1年以上だよ!」とカチンときたという才加。3年我慢したのに先が見えない辛さを歌った泉谷しげるの「帰り道」を思い出してしまった。本格復活間近のNなっちの予言では来年の春までにはAKB…

AKB48(ひまわり組)

ひまわり組20回目の劇場観戦。3千円になったということで、優子たむ出演公演と対象内にこだわろう、と8月中旬までは思っていたが、最近は3千円にすっかり慣らされてしまった。今日くらいの込み具合なら、今の優子たむのパフォーマンスを見るのに対象外入場で…

AKB48(ひまわり組)

ひまわり組がスタートしてからスランプに陥っていたえれぴょんのキラキラパワーが復活してきた。大人へと変わっていく年頃だが、もう少しの間、AKBのマスコットキャラクターでいてほしい。同じくスランプだったNなっちはブログで反省と再出発の決意を表明し…

AKB48(ひまわり組)

今日のメンバー構成でも、MCの主役はめーたん。開演前の楽屋で四つん這いになりながら、メンバーのお尻を片っ端から触って批評を加える女体神聖主義者めーたんの姿を想像すると微笑ましい。このままどこまで突っ走ってくれるのか。 メンバーの数が絞られると…

AKB48(ひまわり組)

ゲームショー帰りのメンバーが劇場に戻ってきて、一昨日に比べると大幅に並びがきつくなったひまわり組。公演内容の差以上の並びの差とは思いつつも、優子たむに会えないでは話にならないので、一昨日の並びと立ち見によるふくらはぎの筋肉痛を抱えつつ、並…

AKB48(ひまわり組)

留守居部隊の14名による公演は、抽選時間にも当日券販売中という状況だった。己も今日は行ったものか迷ったが、このメンバーの開き直った底力が見られるかもしれない、めーたんならきっと何かしてくれる、という期待があって、劇場へ。 観客を驚かせるほどの…

AKB48(ひまわり組)

季節の変わり目を迎えて、体調不良者続出のひまわり組。急きょ香菜とたかみなが呼ばれていて、登場メンバーの中にも体調の悪そうな子がちらほら。 向日葵MCは、めーたんがヨシオちゃん話で暴走している中で、才加は「ここはステージなんだよ」と苛立ちを隠せ…

AKB48(ひまわり組)

ユニットを中心にセンター優遇公演なので、柱外だとけっこう厳しい「僕の太陽」公演。優子たむ出演公演では初めてのセンター。 伝染歌モードから戻って、優子たむも劇場公演のパフォーマンスに全精力を傾けているように気持ちが入っていた。自分自身が楽器に…

AKB48(ひまわり組)

優子たむ出演公演では4月以来というメール当選で、ひまわり組では初の昼夜参戦。 まずは、昼公演でのえれぴょんの涙に触れないわけにはいかないだろう。オープニングの4曲が終わって、自己紹介に移るタイミングで、下手からスゴスゴという感じで、一部出演組…

AKB48(ひまわり組)

脳内BGMはSMBの「颱風歌」か、はっぴいえんどの「颱風」か、はたまたAKB48の「ビバ!ハリケーン」かという嵐の中の公演。 SMBといえば、後にベーシストとして加入するのが後藤次利。彼は、AKBではネームバリューに比べれば目立った仕事はしてこなかったが、…

AKB48(ひまわり組)

昨日銀幕に見たメンバーを今日は劇場に見るのも乙なもの、と思いつつ劇場に行ったら、伝染歌出演者の登場は朱里役の才加とメガネっ娘役のノンティのみ。しかし今日はその才加の存在感が際立っていた。向日葵MCでは、ビーチフラッグでノンティと対決で、真剣…

AKB48(ひまわり組)

これまでのひまわり組観戦でまだ目の当たりにしていなかったものといえば、ともーみたむ、前田あっちゃん、ナチノン。前田あっちゃんの姿は、劇場通い約150回目にして初めてステージで見ることができた。この週末はチョコラブイベントに出張中の噂のナチノン…

AKB48(ひまわり組)

どういう価値があるのかさっぱり分からないギネス記録を達成して、久しぶりに劇場に帰ってきた優子たむ。推され組の中で優子たむだけが公演に出ていることには一抹の心配はあるが、劇場で会えるのは素直にうれしい。でも、さすがに連日の舞台挨拶の疲れが出…

AKB48(ひまわり組)

やはり昨日より気分が盛り上がったひまわり組公演。これまでの経験からしても、新ステージは観戦5回目から15回目くらいが、歌詞や振りも覚えてきて、しかし新鮮味は失わずに見られるので、いちばん楽しい時期になる。 Lay down後MCで、Nなっちとキャサリン有…

AKB48(ひまわり組)

めーたんの生誕祝公演。久しぶりにチームK的な劇場の空気に包まれながら、チームKはめーたんがいなければ一丸となって昇っていくことはできなかったのではないだろうか、と改めて思った。香菜もみんなのお姉さんめーたんへの感謝の言葉で、メンバーみんなが…

AKB48(ひまわり組)

今のところアンコール1曲目「Lay Down」がいちばんお気に入りのひまわり組公演5回目。サディスティックな正統派ハードロックイイ! Nなっちは、話すことが全部ネタと思われている、と嘆いていた。彼女に限らず、劇場MCはいつの間にかウケるウケないだけが成…

AKB48(ひまわり組)

メールに当たらなくても抽選対象内という売れ行きの夜公演。先週は世間ではお盆休みだったし、2回公演続き、握手イベント続きでは飽和状態になるのも仕方ないだろう。 昨日も今日も、いわゆる干されメン中心。評価と応援を分けて考えると、こちらの方が推さ…

AKB48(ひまわり組)

3回目のひまわり組。初めて柱に煩わされずに見ることができ、セットリストも新鮮でありながら耳に馴染んできて、ここ最近になく気持ちが高まった公演だった。 ひまわり組では初めて見るメンバー、劇場で初めて見るメンバーも多く、その意味でも非常にフレッ…

AKB48(ひまわり組)

♪コンクリートの空の下 僕の太陽はどこにある♪かつて金森幸介が歌っていたように、とにかく「僕の太陽」公演と縁がなかった7月。8月がやって来てもひまわり組メール初当選の着信音は聞かれない。 そんなに己をBヲタにしたいのか!なるっぺ、ならない、なって…

AKB48(ひまわり組)

初日からメールが外れ続けて、すっかり出遅れたひまわり組公演に初参加。ここ4回の劇場では、すべてラス3以降の入場抽選ってどういうこと? ひまわり情報は今日まで遮断してきたので、1曲目のアカペラに意表をつかれた。この公演の優子たむは歌よりもダンス…