読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~熱風の果て~

観劇の記録

はい、チーズ(順風女子)@下北沢OFF・OFFシアター

【演出】足立信彦と順風女子 【作】足立信彦ほか

【出演】伊藤摩美、今井英里、池田葵、長峰みのり、岸波紗世子、原田里佳子、菅野睦、神谷はつき
f:id:JoanUBARA:20170409222104j:plain
昨年末の順風男女による「キネマとコント」に続き、原田里佳子さんが今度は順風女子の公演にも出演。前作では、まだお客様扱いで主張しきれていないような印象だった原田さん。また、前作は映画のパロディが中心で、笑いのツボがいまいちピンと来なかったこともあって、多少の不安も抱きつつ向かった2度目のOFF・OFFシアター。
結論から言えば、今回はコメディも原田さんの演技も堪能し、DVDも予約。出演の女優さんたちは皆、高い演技力に裏打ちされた安定感と瞬発力で、良質なコメディを作り上げていた。順風女子には、何といっても伊藤摩美さんという強力な個性を持つコメディエンヌがいるわけで、彼女の存在感を活かしつつ、伍していくことが共演者に求められるのだが、そこが上手く回せたことが大きいと感じた。気品あるルックスながら大げさな表情でしっかり笑いをとれる長峰さんの存在感も大きかった。
13の演題がとっかえひっかえ演じられ、出演者たちはそのたびに忙しく着替え、髪型も変わったりする。その上、場の転換時の小道具のセッティングも演者の役割で、息つく暇なしの110分。「キネマとコント」と比べても、テンポがよかった印象を持った。
原田さんは、すっかり馴染んで存在感も格段に大きく発揮できるようになっていて、見ていて嬉しくなった。こういう姿を見たかった。出番も前作よりかなり多く、不倫OL役から魔法少女役、末っ子子豚役、警官役など、幅広いキャラクターを表情豊かに熱演し、声もよく出ていた。彼女の潔く短くした前髪が表情を引き立てるし、よく似合うのだ。パンフレットによると、今年は更に3つの舞台作品への出演が決まっているということなので、楽しみが増えそう。彼女が2年前に卒業したチアチアは、この3月で解散。原田さんに会うためにDVD発売イベントに1度行っただけだったので、あまり語る資格はないが、「来世もアイドルやりたいかと聞かれたら "No" だけど私の青春を捧げてきて本当に良かったしチアチアに入った事は後悔してません。」と、その場にいた人だけが言える重い言葉を残した須永さんはじめ、事務所の閉鎖など大きな波にもまれながら最後まで残った6人のメンバーには敬意を表したい。
シンガーソングライター役に扮した順風女子の池田葵さんのおどろおどろしい歌唱の表現力はなかなかのもの。喋るときの可愛らしい声とのギャップがすごい。劇中の暗転で、ヨッチンこと松崎さんの粘っこい歌唱が印象的なザ・テンプターズの「忘れ得ぬ君」が流れていたが、池田さんには、松崎さんの名作「宮殿に通ずる長い橋」を歌わせてみたいと思ってしまった。
【⇒これまでの観劇作品一覧