読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~熱風の果て~

観劇の記録

AKB48(ひまわり組)

珍しく初日に当選のひまわりセカンド「夢を死なせるわけにいかない公演」。公演の初日を見るのは、未明から並んだK2以来。
セカンドは、単純な裏表の関係ではないとかで、今日は全部出演のメンバーと一部出演のメンバーが混在。フル出場は優子たむはじめ11人程度だった。研究生は初顔3名が初日から早くも登場。いったい何人の研究生がこの公演に登場するのだろう。
全体曲では、キャッチーな「ロマンスイラネ」と、「転がる石」風の表題曲はかなり気持ちが乗った。ユニット後のバロック風の曲も印象的でよかった。
ユニットでは、えれぴょんとともーみたむの「隣のバナナ」が強烈だった。秋元康の本性が露になった、取りようによっては際どい歌詞。ちゅろすな制服を思い出させるロリータチックな衣裳と二人の掛け合いを見ているときの己の顔はかなりひどいものになっていたことだろう。己はやっぱりこういう路線が好きなんだな、と思い知らされ、軽くショックを受けた。
全体的にはノリ重視の喧しい曲、テクノ系の曲が多く、初日で音響のバランスも悪いせいか、歌詞もよく聞き取れない曲が多かった。特にアンコールの2曲は己の苦手な曲風が続いて、ステージ上ではメンバーみんなノリノリだというのに、すっかりテンションが下がってしまった。ラストは短調に変わってひと安心。終演後は、夏海たむから2周年と紅白出場を祝うまんじゅうをもらって劇場を後にした。ウエディングドレス姿かと思ったのに、アンコール衣裳に着替えてしまっていたのはちょっと残念。
1回見たところでは、特段驚くような曲はなく、ノーマル、王道、商業アイドルといった感じがした。今日のステージからは、K1やK3を初めて見たときの衝撃は到底感じられなかった。今のひまわり組にそれを求めるのは無理な注文だということは分かっているけど・・・。結局は推されメン中心ということもあって、劇場で何かが起きるのを楽しむということは、もう難しい。むしろ、「みんみんみん、なっつみぃ!」の夏海たむ、「夢は大きく、胸も大きく!」の梨紗といった、微妙な位置にいるメンバーのチャレンジが楽しみ。優子たむの存在は別として、「未完成」の干されメン公演やB公演を見ている方が己の性に合うんだろうな。
■出演者
大島優子小野恵令奈佐藤夏希河西智美増田有華高橋みなみ大島麻衣峯岸みなみ小嶋陽菜板野友美篠田麻里子
松原夏海野呂佳代成田梨紗佐藤由加理前田敦子藤江れいな(研究生)、成瀬理沙(研究生)、中田ちさと(研究生)、小原春香(研究生)、近野莉菜(研究生)
宮澤佐江秋元才加