読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~熱風の果て~

観劇の記録

AKB48(チームB)

【出演】岩佐美咲内田眞由美浦野一美柏木由紀片山陽加小原春香小森美果指原莉乃田名部生来中田ちさと仲谷明香中塚智実仁藤萌乃藤本紗羅山内鈴蘭米沢瑠美
チームB公演に今年の初参加。AとBの千秋楽はまだ発表されないが、これが個人的チームB千秋楽になるのかもしれない。
今はちょうどHPのメンバー紹介も劇場の壁掛けも新チームになり、メンバー紹介映像はチームKだけが流れ続け、誰がどのチームで、誰がAKBの正式メンバーなのかも曖昧な状態。うっちーなんて念願のチームK正式メンバーへの昇格を果たしたはずなのに、今日の「アリガトウ」での出演メンバー紹介だといまだに研究生扱いなんだよな・・・
土日のビッグサイトで会ってきた2人のメンバー(わさみん&うっちー)は今日のB公演に元気に出演。ビッグサイトでのAKBイベントは個人的には今回で2回目。己がその前に行ったビッグサイトといえば、美香ちぃの握手列に並びながら、なるるの退場を見送った夏の握手会だったわけだから、もうずいぶん前の話だ。
中学校の卒業式を終えて劇場にやって来たわさみんは、二つ結びで登場。わさみん本人は反省点だらけの公演だったらしいが、豪快でありながらメリハリのついた綺麗なダンスは十分魅せるものがあった。特に気合のこもった表情と振り付けがわさみんに誂え向きの「横須賀カーブ」がいい。高校生になってもギャル化はしないでほしいな。キャピキャピしている鈴蘭たんに「裏があるんじゃ」と警戒していて、ようやくそれが素で、「害はない」ことが分かって話しかけるようになって仲良くなったという、意外と人見知りのわさみん。鈴蘭たんのキャピキャピしたパフォーマンスはB公演に新鮮な空気を運んでくる。
「口移しのチョコレート」では、春香たんの代役出演を初めて見ることができた。一度も見ないまま、春香たんをSDNに行かせては心残りだったのでよかった。予想通りのはまり役。この曲や、「天国野郎」の婦警さんを見てしまうと、彼女のSDN移籍に対する違和感はますます募っていく。もう一人の移籍決定組のCinDyの弾けっぷりは久しぶりに見るとやっぱりすごい。跡を継ぐキャラクターも現れないだろう。
はーちゃんが「B2の頃はぶりっ子キャラだった」と発言して、出演者や客席から驚かれていた。記憶の彼方に飛んでいたぶりっ子はーちゃんの姿を久しぶりに思い出した。高らかにアイドルの夜明けを告げるのは、今日はぶりっ子はーちゃんの役目となっていた。
チーム狩人の中の人たちは、ちょうど劇場公演の時間に、己が唯一見ているAKB出演番組であるETV「すイエんサー」に3人で出演ということで、喜んで宣伝していた。今日の「ドキドキ!一日助手しちゃいます!!」録画忘れてた・・・。「やってみたい実験」という狩人MCのお題で、素直に科学的な答えのはーちゃんとたなみんに対して、「小森とあきちゃを反応させたらどうなるか」という答えを用意してくるさっしーの発想力には改めて天性のものを感じた。
アイドルの夜明け」で、おさらと鈴蘭たんと、もう一人9期の初顔がいる、と思ったら前髪をきっちりとなで付けた小森たんだった。自己紹介まで分からなかった。MCは相変わらずだったけど、ダンスの面ではだいぶ成長を見せていた。
ラストは「桜の栞」。劇場で演じられるのは初めて見た。小森たんとの凸凹コンビで歌いにくそうなわさみん・・・。身長差を考慮した配置にしてあげてもいいのに。B4公演では、「桜の栞」のような落ち着いた曲はクールダウンにはもってこいだ。