読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~熱風の果て~

観劇の記録

AKB48(チームB)

AKB48 AKB48-チームB AKB48-チームB-B4「アイドルの夜明け」

【出演】岩佐美咲植木あさ香内田眞由美浦野一美柏木由紀片山陽加小森美果指原莉乃佐野友里子田名部生来中田ちさと仲谷明香仲川遥香中塚智実仁藤萌乃平嶋夏海
約3か月ぶりにチームB公演に。当初の予定では、己が今、チームBで見たいメンバーが全員出演のはずだったが、春香たんとよねちゃんが休演になってしまい、その望みは果たされなかった。その二人の代役は8期生のあさぽんさんとゆりりんさん。これで、3人の現役8期生の姿は全員見たことになる。現役7・8期生の中では、いまだにきくぢの代役出演だけは見たことがない。決して避けているわけではないのに。何か因縁めいたものを感じてしまう。あさぽんさんのMCは緊張したボソボソしゃべりで、Cindyはダメ出しを入れたそうにムズムズしていたが、辛うじてこらえていた。
わさみんはK公演よりもB公演の方がいい笑顔をするし、いろいろな表情を見せてくれる。K公演では表情筋が固定されているような印象も受けるのだが、B公演では気心の知れた小森たんがいるのが大きいのかな。「天国野郎」のセーラー服や後半の制服姿では、チームKのもっちぃ並に、なぜかひとりだけお腹が露わになる場面が多かった。
うっちーも笑顔の柔らかさではKのときよりもBでの方が勝る。柔らかく垂らした髪の毛も、ソフトな印象を強めていて可愛らしかった。しゃべり方には心がけるところがあるようで、以前と比べるとゆっくりはっきりになっていた。声質も、逆声変わりをしたような艶が感じられた。
声といえば、カゲアナのはるごんの甘ったるいハスキーボイスのインパクトが強かった。今、AKBでランドセル姿がいちばん似合うのははるごんなんじゃないだろうか。はるごんの踊りに関しては、この前見たときと同様、あまり力強さが感じられなかった。B3の頃の荒削りでがむしゃらな魅力は後退してしまった印象がある。
残念少女萌乃たんは初めて見た。決してリアル残念少女ではないが、萌乃たんのパフォーマンスには説得力があった。ただ、萌乃たんが作り出すステージ上でのテリトリーの範囲はまだ狭い。もう少しその半径を広げていければ、3人ユニットのセンターを安心して任せられるようになる気がする。この間のK公演のめーたんの話にあった、萌乃たんの天性のエロスという言葉には、納得させられたようでどこかひっかかるものが残っていたが、魔性の女優・嵯峨三智子たんが萌乃たんに似ていることを発見して、すっきりした。
「口移しのチョコレート」は3か月前と比べると、動きがねっとりと絡みつくように変わっていて、やらしい雰囲気が高まっていた。今日のゆきりんはおだんごヘアーだったが、やっぱりストレートヘアーの方が美少女オーラは強いと思う。この曲の鏡面にはいまだに慣れない。チームKでは幸いに一度も使われていないからいいが、自分の顔もヲタの顔も見たくはない。そういえば、振り付け師が替わってからというもの、鏡面を使う曲に限らずメンバーが後ろ向きになる振り付けが増えたような。
K5に比べると己の好みに合う曲が多いB4。AKB楽曲大賞2009の投票では、B4から4曲(アイドルの夜明け、口移しのチョコレート、愛しきナターシャ、女子高生はやめられない)プラス「RIVER」という選曲で、K5からは1曲も選べなかった(ちなみに、セットリスト部門はK4、推しメン部門は優子たむ、美香ちぃ、なっつみぃ、うっちー、ありゃまの5名に投票)。それでも、B4が演じられるB公演からは、「ホーム」という感覚が芽生えてこない。盲目的にステージに身を委ねられる時代は終わり、どこか心に壁を築いた状態で見ることしかできなくなっていることに悲しみも覚えた。今日のMCのお題を借りれば、もはや己はAKBの時代の速度についていけていないということだろう。2010年、AKBは横須賀カーブを曲がり切れるだろうか。