読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~熱風の果て~

観劇の記録

AKB48(チームK)

【出演】石田晴香岩佐美咲内田眞由美大堀恵小野恵令奈河西智美倉持明日香小林香菜佐藤すみれ近野莉菜仁藤萌乃野中美郷増田有華松原夏海
前日、当日にも休演者の追加があって、7名が休演のK公演。捻挫のノンティがMC要員として来ていて、代役もチームK色が強い面々が揃ったので、K公演として違和感を感じることはなかったし、平和な空気がステージを支配していた。生歌感の高さと、ぶつかりそうになるシーンが多かったのは代役公演ならではだった。
「エンドロール」は唯一のオリジナルメンバーであるなっつみぃが完成度の高さを見せつけていた。うっちーが惚れるのも分かる。ノンティ代役として入ったわさみんは、ダンスセンスを生かして大役を勤め上げていた。わさみんもKに欲しい人材だったんだけどな。己が好きな、髪を振り乱してのなっつみぃの「愛の色」を見ることができたのも、彩乃たん卒業以後では初めて。「愛の色」の清楚であり華美でもある衣装は萌乃たんに似合いすぎだ。
好きな振り付けで、めーたんは「愛の色」のヨイショヨイショはいいとして、「逆上がり」人差し指立てを医療行為に例えるとは、この間の「運行情報」並みにやばい。一応ステージ的にはギリギリセーフ・・・なのか?まともに反応できたのは有華だけだった。己もメンバーも、次回から「逆上がり」でこのことを思い出すようになってしまったら厄介だ。
有華は、ノドが回復して、「虫のバラード」は完成に向けて積み上げていく段階に達していた。自己紹介MCで苦手なものとして虫を挙げる子が多かったが、それでは「虫のバラード」が報われない。有華が「ポーカーフェイスの人」を苦手なものとして挙げるのはよく聞くが、握手会でそういう人に出会うと「何で来たの?」と思ってしまうというのは、アイドルとしてはNGの反応だろうな。有華が高い実力の持ち主であるにもかかわらず、AKBの中でのポジションを下げてきているのはこのあたりも原因のひとつだと思う。
左側の前髪を切った丸顔うっちーは、見た目の年齢が下がって見えてかわいらしかった。後ろ髪をすべて上げていたのも丸顔感を強調していて効果的だった。ちょっと気に入った髪形やメイクをしていると思うと、すぐに変えてしまうのがうっちーなのだが、今日の髪型はもうしばらく見ていたい。「ハンパなイケメン」は己の中でのこの曲でのツートップであるうっちーとわさみんが隣同士で生意気さを競い合っていて高まった。
寸劇は今日もセリフ大会台本。寸劇のジュリエットでは鼻声がイマイチだったえれぴょんは、パーティー後MCでは言い訳メイビー告白をちかりなから受けるエレオ役がはまっていた。声優でなら男の子役できそうだな。ともーみの、ノンティを対手にしての手編みマフラー告白も即興としては十分。そういえば、最近はともーみがぶりっ子キャラと言われることも少なくなってきた。ストレートのともーみを見たのはけっこう久しぶりな気もする。
アンダーガールズのPVは初めて見た。キングシングル路線を素直に継いだような曲かな。女子高生の夏服と水滴というのはどうしてこんなにいい取り合わせなんだろう。