読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~熱風の果て~

観劇の記録

AKB48(チームB)

AKB48 AKB48-チームB AKB48-チームB-B3「パジャマドライブ」

【出演】有馬優茄石田晴香浦野一美多田愛佳片山陽加佐伯美香早乙女美樹田名部生来仲川遥香仲谷明香仁藤萌乃野口玲菜平嶋夏海、松岡由紀、米沢瑠美
ありゃまが久しぶりにチームB公演に登場。初登場のときは、同時期にデビューしていた研究生と比べると・・・と思ってしまって、それほど注目しなかった記憶があるが、今日はありゃまメール愛読者のひとりとして目に焼き付けるべく注目。K公演同様、いっぱいいっぱいなのがありありだが、その危なっかしさがいい。「水夫」以外はフル出演だったかな。キス損MCのありゃまへの質問コーナーで、AKBに入ろうと思ったきっかけを聞かれて、「AKBになりたいというわけでもなかったけど何となくこういうのが好きで・・・」と失言してしまい、「部活感覚かよー」と突っ込まれてしまっていた。公演後に届いたメールによると、勢いで意味不明なことを言ってしまったとか。メールで見られる斜め上の感性がMCで発揮されるには、もう少し時間が必要なようだ。
美香ちぃは、前夜のうちに一部出演のアナウンス。ドクターストップがかかるとかしたために、早い段階での発表となったと思うのだが、気力を振り絞っての懸命なステージで、休演曲は「マーメイド」と昼の「水夫」くらい。両膝には厳重なテーピングを施して、力が入らずに震える足でふらつきながら体重を支える姿には、限界を超えた者にのみ宿る崇高な魂の光さえ見えて圧倒される。どんな状態でも笑顔で見ていてほしいというのが美香ちぃの希望なんだけど・・・ハードル高いよ。「ワッショイB」では、美香ちぃが支えるありゃまとなっちゃんはどっちが重いんだろうと、余計なことを考えてしまった。
チームB尾木組4人で結成された「渡り廊下走り隊」。no3bに続いての尾木プロユニット路線は、AKBに遠心力が目に見える形で働き始めたということでもある。PVが上映された「大声DM」も求心力を生むどころか、ますます拡散を助長するような映像だった。あえてSKEメンをセンターにもってきたことには、何かを仕掛けようという意思は見えるが、肝心の曲が激しく無色透明では購買意欲が湧いてこない。AKBから手を引いたデフスターにはいろいろ不満もあるけど、「軽蔑していた愛情」をシングル曲に選ぶという、通常ありえない決断をしたことには拍手を送りたい。
B2のDVDが発売されたのを機に、過去の公演のDVDを見返しているが、再生するのは決まって暗いか重いか激しい曲。A2なら「嘆きのフィギュア」、「背中から抱きしめて」、「リオの革命」、「だけど・・・」。A3なら「Bird」、「蜃気楼」、「制服が邪魔をする」、「涙売りの少女」。A4なら「純愛のクレッシェンド」、「ダルイカンジ」、「Mr.Kissman」、「軽蔑していた愛情」。逆に「会いたかった」、「誕生日の夜」、「BINGO」あたりは完全にスルーなので、「BBB」にしても「大声DM」にしても己の好みに合わないはずだ。明日発売のH2のDVDでは、名曲「森へ行こう」の映像化が楽しみ。チームAのDVDを見ていると、やはりたかみなにばかり目がいく。AKBではセンターから外れることも増えてきてしまったが、no3bのようなアイドル路線で彼女の偉大な才能を生かすことはできるのだろうか。
オンデマンド配信は、曲中、客の掛け声や手拍子はほぼミュートされているので、CD化やDVD化を待つことなく、B3公演やK4公演のまあまあ綺麗な音が取れるのがいちばんの収穫。画質はそれなりにいいとはいえ、基本的にMCチェックが主な使い道になりそう。