読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~熱風の果て~

観劇の記録

AKB48(チームB)

【出演】井上奈瑠浦野一美多田愛佳柏木由紀片山陽加菊地彩香佐伯美香早乙女美樹鈴木菜絵田名部生来仲川遥香仲谷明香野口玲菜平嶋夏海米沢瑠美渡辺麻友
やってしもーた。せっかくあやりんから「起きてっ!」というタイトルのメールが来ていたのに寝過ごして昼公演を捨ててしまった。あやりんごめんよぉぉっ!せっかく最高の公演が現に行われているんだから、見る側としても、もっと1公演を大切にしないとな・・・。気を取り直して「おやつ公演」に参加。
アンコールMCで、Cindyが「チームBのワッショイB!って最高ですよね!?」と聞くおなじみの場面、心から「最高」と叫べる公演が続いている。あそこは、一歩間違えると、どこか嘘をついているかのように叫ばされることにもなりかねないのだが、この公演ではそんなことを恐れる必要はない。しかし、冷静にマイナス思考で考えると、曲との相性とかチームの成長段階の要素を含めて、この先、パジャマドライブ公演を超える公演が現れるとは考えにくい。桜は散るものとはいえ、少しでも長く、多くやってほしい。
MCで喋りに加わらなかったなかやんに向かって、Cindyは「コンタクト!何か喋れよー」発言。コンタクトとはヒドス。これが例えばチームKだったら、めーたんが自然と話の輪に加われるように配慮する場面だろうと思うのだが、チームBはCindyのスパルタ式。ひまわり組千秋楽が近づいてきて、チームBのパワープレイの時間も残り少ないという思いもあるのだろうか。MCでは、ひまわり組との質の差は厳然としてあるからね。アンコールのMCでは、その甲斐あって、なかやんとずっきーが積極的に手を挙げて発言していた。
腰を痛めたらぶたんは、動きにぎこちなさを残しながらも、表情には出さずに、いつもの笑顔で踊っていた。脚にテーピングをしているメンバーも数人いて、春休みの3回公演がギリギリのところで行われてきたことを物語っていた。サードでいいポジションをもらいながらも脚に不安を抱えていた美香ちぃが、ここまでは何とか乗り切れてひと安心。
研究生は、完全にアンダーキャストのようで、1か月が経過しても表デビューできない子が半分以上というのは予想外。やる気のなさそうなダンスを見せている莉乃たんが表舞台でどう変わるのか、とても興味がある。