読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~熱風の果て~

観劇の記録

AKB48(チームB)

【出演】石田晴香井上奈瑠浦野一美柏木由紀片山陽加菊地彩香北原里英佐伯美香早乙女美樹鈴木菜絵田名部生来仲川遥香仲谷明香野口玲菜平嶋夏海米沢瑠美
チームB熱が燃え上がってきたところで運良く3公演フル参戦だったため、参戦数では早くもH2=B3に。黄泉の国の食物を食べた者は高天原には戻れぬというが、チームBの饗応にたんまりとあずかった者は・・・
B3のここまでは、チームBのフルメンバーが揃う公演の方が少なくて、今日はまゆゆとらぶたんがメディア収録でお休み。休演のお知らせすらなくなったまつゆきは再度の長期離脱になってしまうのだろうか。まゆゆの裏のきたりえの出番が多いのは当然織り込み済みとしても、まつゆきの裏のずっきーが出ずっぱりになるのは誰も予想していなかっただろう。ゆきりんやきくぢの裏には、うりゃとか莉乃たんとか、実力者を配しているはずだけど、これまでのところ出番なしというのは不愍だ。まゆゆが戻ってきたら、ステージのセンターで輝きを放つきたりえといえども黒子に戻らなければいけない運命というのも不愍だ。オーディションを重ねるごとに、合格から選抜メン入り、メジャーデビューへの道のりは長く険しくなっていっている。例えば今、たかみながAKBの6期オーディションを受けたとして、バックダンサーから始めなければいけないというのでは才能の浪費という感じがしないでもない。
暗い曲が続くB3中盤でのゆきりんのマイナスオーラはすごい。これをぜひドラマで使ってほしいと思う一方で、実際に使われると、ボロボロにされるゆきりんを見なければいけないというジレンマ。今日はお下げ髪と眉毛完全隠蔽の効果もあって、すさまじいオーラだった。きくぢは体育少女だけあって、3公演でも尻上がりにキレが増していく。秋Pが直々にジャンヌダルクの旗の立て方をレッスンしていたって、やっぱり秋PはB3には力を入れていたんだな。体力的に厳しい3公演で堂々とゼーゼーハーハーできるCindyは年下から見るとうらやましいかも。若い者は疲れていても倒れるまでは元気なフリをしていないといけないから大変だ。しかし3公演見るだけでも、体力的にはけっこうきついくらいだから、ステージで演じる方は本当にしんどいだろうな。
中盤のメガネ部隊は、黒眼鏡のはるゴンと、赤眼鏡のぐっさん。中学を卒業して茶髪にしたなっちゃんはフードをかぶっての登場もあった。あの制服、パーカーみたいになっていたなんて今日まで気がつかなかった。茶髪化と痴女化で、今日もCindyから「なっちゃんだけは純粋でいて〜」と言われていた。痴女はどうかと思うけど、「白いシャツ」で、はるゴンと企んで、きたりえの両頬に左右からチュー攻撃を加えたのはGJ!
らぶたんの代役で出てきた石田晴香たんは、ちゅろす末期のエース候補だった岡田紗由巳たむに似てると思った。とりあえず己はらぶたん派!「2人乗りの自転車」での笑顔の低重心スピードスケートらぶたんを早くもう一度見たい。
眼鏡をとったなかやんの、右がらぶたん、左がまゆゆが乗り移ったイメージという、ツインテールは破壊力抜群だった。B3のコンタクトなかやんは相当推せる。パジャマドライブ公演は基本的に誰を見ていても楽しいし、いろいろな魅力に気づかせてくれる。パジャマドライブ公演はメンバーの輝きを引き出していくという点でも神公演だ。今日のステージを思い出していたら、早くもまた行きたくなってきた。