読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~熱風の果て~

観劇の記録

AKB48(チームK)

【出演】秋元才加、今井優、大島優子大堀恵奥真奈美小野恵令奈河西智美小林香菜佐藤夏希野呂佳代増田有華松原夏海宮澤佐江
梅ちゃんと、復帰宣言をしていたかおりんは引き続き療養、TAKADAは学校行事のためお休み。TAKADAの「土曜昼公演を学校で欠席」率はけっこう高い。今日は「くるくるぱー」のアイテムとして、写真でステージに上がっていた。
自己紹介では、佐江のときに新ユニット「劇団NYS(ニューヨーカーズ)」が発動して盛り上がった。直後の才加はグダグダになってまーちゃんに励まされてしまっていた。サードは才加が自己紹介をやり辛そうにして、グダグダになってしまう場面が目立つ。これまでは流れを作る役目を果たしてきたのとは勝手が違って、流れに乗ろうにも前が奔流すぎて、彼女にとっては思わぬ試練になっている。でも、ステージで弱点を見せるのもマイナスではないと思う。
「君はペガサス」の間奏で、なっちと佐江が衝突してしまった。佐江がなっちに「ごめんね、大丈夫?」とあやまっているように見えたが、どうも様子がおかしい。佐江の帽子がなっちの帽子の羽根飾りに絡まって取れなくなってしまっていた。ここからの2人が対照的で、佐江はあせりと驚きの表情のまま一生懸命帽子を取ろうとし続け、なっちは佐江には一切構わずに歌い踊ることに専念していた。どちらが正解というのもないと思うが、なっちの意外な強さが見えた場面だった。
「片思いの卒業式」では、上手トリオのかおりん、TAKADAが欠席のため、優ちゃんが3フレーズをソロで歌う形になっていた。12人がひな壇に並び、優ちゃんがひとり離れて歌う構図が図らずも卒業を暗示するようだった。笑顔でひな壇に向かう優ちゃんをみんなが迎え入れる場面にはジーンときた。
「草原」はチームK元気付け企画の客席肩組み作戦。ステージと客席の一体感がつくりだされていて高まった!お立ち台からの左右に揺れる客席の眺めはとにかく壮観。ステージ上から見てもすごい迫力だったのではないだろうか。終演後の優ちゃんも喜びのコメントをしていた。客側からのいい企画だった。