読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~熱風の果て~

観劇の記録

ちゅろすと一緒!

その他アイドル

午前10時、秋葉原。なぜか100人以上の列。己はBLTのAKB版が今日発売だと勘違いしていたから10時に並んだわけだが、そんなFoolは外にはいなそうだし、キャン待ち券は無尽蔵だというのに、みんなどうしてそんなに並びたがるの。
キャンセル待ちが外れたのを見届けてから、自転車を駆ること50分、初台に到着。5月のちゅろすライブは、チームK公演を差し置いてまで見に行ったものだが、今回はチームKの抽選が外れたからとりあえず、という全く消極的な参戦態度だ。にゃと李湖たむは行方不明だし、クイーンズアベニューとの合同ライブだし、どう考えても見せ場がなさそうなんだもん。5月のライブDVDが売っていたので、購入して開演を待つ。写真は今回は見送り。
客層は、ちゅろすヲタ25人、toutouヲタ7人、出演者の家族15人、といった感じ。イス席も全ては埋まらず、客の少なさは隠しようがない。ライブは、ちゅろすパート、クイーンズパートに完全分離。
ちゅろすパートは、前回からの生き残りの真由、舞、かおりちゃんの3人が中心で、エース格が真由。優里亜から毒気を抜いたようなルックスのさゆみんも目立っていた。データ放送になって、再び視聴不能になったので、外のメンバーは名前すら分からない。でも、一人、ツボに入る子がいた!トナカイさんで、Wake me up, let me goで不安な歌唱力を披露して、ハッピーバースデイでひとりだけ早くエンディングに行こうとしちゃってた子!気がつけば、完全にその子中心で観戦していた。その子のおかげで、ちゅろすオリジナルナンバーでは、気持ちを盛り上げることができた。さすがに準備不足と才能の流失によるレベルの低下は覆い隠すべくもなかったが・・・。
クイーンズパートとtoutouパートは厳しかった。そもそも、ちゅろすライブに高校生姉妹ユニットのtoutouは場違い。toutouヲタは頑張っていたけど、アウェイ感満点で、妹がキレかけてたのはちょっと可哀想だった。

○第2回(2004.12.23)

宮内彩花 高橋梓  安齋舞  林清羅  高木李湖
世界中がMerry X'mas
Wake me up, let me go
Pure heart
はっぴばーすでい
Sailing!
天使の翼

○第3回(2005.5.3)

宮内彩花 高木李湖 高橋梓 山岡みどり 林清羅 唐沢もえ
スマイルプリン
Wake me up, let me go
タイミング
WHITE DAYS
こくごさんすうりかしゃかい
シンデレラロマンス
はっぴばーすでい
Sailing!
天使の翼

○第4回(2005.12.25)

高木李湖 宮内彩花 高橋梓 田島奈摘 佐々木舞 愛甲りな
世界中がMerry X'mas
タイミング
Wake me up, let me go
Pure Heart  
はっぴばーすでい
WHITE DAYS        
シンデレラロマンス
Sailing!
Starting your way
天使の翼

○第5回(2006.5.3)

高木李湖 宮内彩花 佐々木舞 楢葉桃菜 近藤真由
Wake me up, let me go
フレンズ
タイミング
ステージ
WHITE DAYS
はっぴばーすでい
シンデレラロマンス
Starting your way
天使の翼