読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~熱風の果て~

観劇の記録

「希望的リフレイン」発売記念大握手会&サイン会

AKB48 AKB48-握手会

サイン会につられて買っていた、現時点で最後の握手券を使うために、いつぞやのレッズフェスタ以来2回目の入場となるSSAへ。開発がはじまってもう相当経つ新都心周辺は、東側も西側もまだ開発中のところが残っている。中途半端な賑わいを見ると、埼スタ新都心につくるわけにはいかなかったものかと改めて思う。
SSA入口の「AKB48握手会」の文字を見て、そうかと気づく。さっほーとさっきーに会いに来たという意識はあっても、AKBのイベントに来たという意識が看板を見るまでまるでなかったということに我ながら驚く。サイン会は、全員漏れなくだった「神曲たち」以来。そのときサインをもらったメンバーは、岩佐美咲松原夏海梅田彩佳菊地彩香仁藤萌乃という面々。もう何年前のことかも調べなければ分からないくらいになってしまったが、時代が流れたことは確かだ。
件の事件も、己が握手会に行く意欲がなくなったきっかけの一つではある。手荷物検査やフェンスで隔てられた握手も、参加を続けていれば慣れてしまうものなのだろう。
抽選はさっほーもさっきーも3分の1でサインとちょうどよい塩梅。抽選の様子を見ていてもだいたいこのくらいの確率のようだった。「籤を引かない」という選択肢も係員から与えられたが、別に辞退したからと言って運営はスムーズになるかもしれないが、他の人の当選率が上がるようなシステムではないし、メンバーが書き損になってしまう。さっほーは、手元のサインの山を嘆いていた。
のろりんずレーンで二人の姿を眺めつつ、これが最後かもしれないと思いつつも感慨はそれほどまでに深くなかったのは、最後ではないという虫の知らせか、はたまた無関心か。チーム再編後も、のろりんずは同じチームになったようだし、セットリストは「夢を死なせる〜」が来ない限りは「アイドルの夜明け」よりは上。劇場に、また行く機会は残っているのだろうか。