読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~熱風の果て~

観劇の記録

「RESET」公演@AKB48劇場

【出演】相笠萌岩立沙穂梅田綾乃大島涼花大森美優岡田彩花北澤早紀小林茉里奈サイード横田絵玲奈佐々木優佳里篠崎彩奈高島祐利奈名取稚菜藤田奈那森川彩香渡邊寧々
秋葉原に行く前に、ラクーアガーデンステージでのわさみんの歌唱ステージを鑑賞。生憎の雨で合羽強制着用の優先エリアはジャンボ曰く「宗教みたい」、わさみん曰く「雪だるまみたい」で、客入りも今ひとつ。わさみん「私からのプレゼント」って、合羽は要返却ですからー。鞄に忍ばせた誕生祝の手紙が濡れても都合が悪いので、傘をさしながら遠巻きに見つめた。今日は、「無人駅」に「瀬戸の花嫁」と「ヘビロテ」が挟まる構成。音程の安定感はもっと上げていかないと独り立ちはまだ厳しいとは感じるが、歌声から角が取れて、声に重みが加わっていて、確実に演歌歌手として成長していた。「瀬戸の花嫁」は以前と比べるとだんだん演歌色が濃くなってきたような気がする。囲み取材が始まったので、握手会への参加は断念して秋葉原へ移動。
前回が昨年の10月、その前が昨年の2月と、ここ最近では、最も縁遠い公演となっていた「RESET」公演。今日のメンバーには、これまでに己が見た「RESET」公演に登場したことのある子が一人もいなかった。余りに離れていたせいで、「檸檬の年頃」がないのは研究生公演だからかと納得したまではよいものの、「虫のバラード」がないのも才加の代わりはいないからかと納得しかけ・・・と、もはやK5とK6の区別も怪しくなってしまっていた。
今日の楽しみは、17歳の誕生日を迎えたばかりのわかにゃんを、「RESET」公演で初めて見ること。2年前には「RESET」公演を己のすぐ斜め後ろの席から見ていた彼女が、同じセットリストをメンバーとしてステージで演じている、というだけでも感慨が湧く。前半4曲や「逆転王子様」でのアイドルらしい笑顔から、中盤では一転。デコ出しで登場するや、その額や頬に纏わりつく髪の乱れるままに、悩ましく妖しげな表情を見せてくれたのは期待した以上だった。「毒蜘蛛」、「オケラ」といえば、かつてわかにゃんを劇場に招待した萌乃たんの十八番。萌乃たんのような切れ味や表情の鋭さとはまた違った妖艶さを表現するわかにゃんも、ここがこの公演での最大の見せ場と言える。
わかにゃんと森川さんは、楽屋で喋っているうちにわかにゃんが泣きの演技を入れてきて、最後は吐く演技で終了するのがお決まりとか。そして、袖から入場しながら実演してみるわかにゃん。劇団NYみたいにステージでレギュラー化するまではないかもしれないが、劇場で力をつけてきているわかにゃんの演技を見てみたいのは確か。「らめらめ」のときですら、いじめっ子チームの裏ボスと言えるような怖いところもある役を、迫力と色気を出して演じていたくらいなので、今であればさらに上のレベルが期待できるはず。
先月の「ミニスカートの妖精」で、13期生の2人に全く笑顔が見られなかったので、研究生の「RESET」公演の雰囲気が心配になっていたところだった。しかし実際に見てみると、全くの取り越し苦労。公演として成立していたことはもちろん、チーム公演とは違った新鮮な空気、若い息吹を感じることができた。パフォーマンスの完成度はメンバーによってバラつきが大きいものの、10期から13期までのメンバーがいる中で、メンバー構成のバランスとしては非常によかった。先輩たちはみんな面倒見がよさそうだし、後輩も素直そうで、先輩を信頼していて調子に乗るような心配もなさそう。これならまた見に行きたいと思える。これまで、「研究生オーディション」への反発から、研究生公演には距離を置くようにしていたが、やはり公演を見た以上は情が出てくるのは止められない。
「RESET」公演は、現行のAKBのセットリストの中ではいちばん好き。「目撃者」や「シアターの女神」は明暗のコントラストが急すぎて、雰囲気に浸る余裕もなく疲れてしまう。一方、このセットリストには、前半4曲は勢いで楽しく乗せて、中盤では一気に大人の世界に変貌、そして思い切り明転してしっとりと締めるという大きな流れ、色調の移り変わりがある。アンコールにこの公演でいちばん見たい曲である「夢の鐘」が控えているというのも大きい。上っ面をなぞるだけでは滑稽になりかねない「夢の鐘」という曲を、今日のメンバーも十分に絶望と復活を表現してくれていた。
MCでは、まりんちゃんの仕切り能力の高さが目立っていた。彼女の公演出演を見るのは昨年8月以来の2回目だったが、すっかり綺麗になっていたことと、聞きなれていなかったその声に驚いた。合唱パートでも彼女の独特の周波数は強力だった。13期生にお尻をポンポンされてしまっていたのも、それだけ身近な存在になれているということでもあるだろう。今日のメンバーをひとつのチームとして見るのであれば、キャプテンの位置にいるのはまりんちゃんだった。これまで、「まりなってるNEWS」の存在すら知らなかったが、今日の公演は彼女に興味を持つきっかけとなりそうだ。
13期生は平均年齢も若く、黒髪ストレートが多いということもフレッシュな雰囲気を増幅させる。しかし、13期生の名前もほとんど知らない状態で劇場に行って、黒髪ストレートが何人もいると、名前と顔を公演中に一致させるのが難しい。ハイタッチでは、13期生は名札を付けて出てきても、ベルトコンベアーは研究生でも変わらずの高速で、これでは名札が報われない。
13期生の中でいちばん気になったのは、15歳になったばかりの北澤早紀さん。小柄な身体で目を輝かしながら演じている姿が印象に残った。MCで「この中に楽屋でひとりぼっちの子がいます」と言い出したのにはびっくりしたが、こういうことを言えてしまうだけでも度胸がある。自己紹介MCでは、「末日」を本当は「まつび」なのに「まつじつ」と間違って読んでいたと言っていたけど、「まつじつ」が正解だよね。いろいろ謎も多そうな彼女、とりあえずモバメを登録してみた。
13期生は自己紹介MCが取りとめもなくなる子が何人かいた。昔のまーちゃんみたいに途中で切り上げるというのは余りよくない。高島さんなんかは喋りの要領の悪さも個性になりそうだけど、やはりきちんと整理してから出てきてほしいもの。
優子ポジションは大島さん。実は、「ミニスカートの妖精」での無表情のステージを見たときは、印象は全く良くなかった。今日、1公演通してセンターポジションに立つ姿を見てみると、その印象は覆る。誰にでもできるものではない「RESET」公演の優子ポジション。そこに迷いというものを微塵も感じさせることなく、小さく華奢な身体を軽快に操りながらステージを飛び回るさまは優子を髣髴とさせる。表情が消えてしまう場面が今後少なくなっていけば、センターとしてより一層輝けそうに見えた。