読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~熱風の果て~

観劇の記録

星を撃ち落とす(劇団はんなりふるぼっこ)@pit北/区域

演劇 演劇-2012年
【脚本・演出】桑田拓哉

【出演】早川蓉子、安齋美穂、干場明日美、関田剛志、斉藤麻衣子、渋谷優史、中井萌
劇団ジャイキリの「ワンダース☆インベーダー」に客演していた斉藤麻衣子さんと、彼女が所属する劇団名の不思議さと、今回の演目のストーリー紹介がそれぞれ少しずつ気になり、劇団はんなりふるぼっこの第2.5回公演を観劇。斉藤さんのほか、関田さんと渋谷さんの男性陣も、「ワンダース☆インベーダー」のゲーマー軍団だ。
劇場は王子駅前の地下。今にも水脈から水が漏れてきそうな、アングラ感あふれる空間で、舞台は二正面になっており、今回は使われなかったが、2階からピット中の舞台を見下ろすような座席配置も可能なつくり。
ストーリーはまさに演劇的で、夢とうつつの混在、廻転する世界のループが重なり、舞台上ではスポットライトが当たるメインの脚本の裏で、無言のやり取りで別の会話が進行する群集劇にもなっていた。
ジェイクラス坂田涼さん似でもある斉藤さんは、「ワンダース☆インベーダー」と同じく、クールで気の強い女性役。低めの声はドスを効かせることもできるし、ルックス的にもこういう役が似合う。
個性的な役者さんが揃っていた中で、いちばん目を引いたのが中井萌さん。役名は何と「本」。終わらない輪廻を作り出した根源でもある、浮世と180度離れた位置にいる人間を、耳にくすぐったい、印象深い澄んだ声で謎めき感たっぷりに演じていた。今作に限らず、人間以外の役を演じさせてみたくなる方だ。
「本」は、「パラダイスロスト」で斉藤亜美さんが演じたシホのようでもあり、「ロボット」で馬渡さんが演じたミライのようでもあり。と言っても、この3作品を見た人は自分のほかには誰もいないから伝わりようがない・・・というのもまた舞台の面白いところ。
星を撃ち落とすにも、超常的なことを期待するのでも諦めるのでもなく、バクテリアミトコンドリアになるように、一歩ずつ何かを変える努力をすべし、というメッセージも読み取れた。「世界の終末」を描く舞台は多いが、悲壮感のなさも含め、新鮮な描き方だった。