読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~熱風の果て~

観劇の記録

ダブルヒロイン(ダブルヒロイン製作委員会)@品川ステラボール

演劇 演劇-2011年
【作・演出】広井王子

【出演】秋元才加宮澤佐江高乃麗松野太紀、金澤博、村田あゆみ、渡部光夏、齋藤明里、高橋光、丹宗立峰、那須幸蔵、舞宮奈央、首藤萌美、可知寛子、伯鞘麗名
広井王子氏と才加が組んでの3作品目の舞台。世間がまんまと騒いだ出来事から約1年、いずれかのタイミングで二人が再び組む仕事があるべきと思ってはいたが、予想以上に早かった。佐江も加わって、AKB歌劇団の再演と言えないこともない。
品川ステラボールのアリーナには、椅子がびっしりと並べられていた。今日は2階SS席からの観劇。発売時、なぜ2階がいちばん高いSS席なのかよく分からなかったが、実際に行ってもよく分からなかった。違いといえば、傾斜があるのとアリーナより座り心地がよさそうなのと広井王子氏がいたことくらいかな。小劇場に慣れた己の目には遠すぎた。観客は男女ほぼ半分。女性人気が高い二人といっても、ここまで女性客が多いというのは意外だった。
歌劇団はAKBの曲がふんだんに用いられたが、今回はすべてがオリジナルソング。オープニングの曲でショータイムと前置きされていたとおり、この舞台は劇というよりもひとつのショー。ストーリーを期待して行くと、確実に肩を透かされる。ただ、ショーとして完成されてたかといえばそうとも言えず、非常に中途半端な舞台という印象が残ってしまった。
才加の歌は久しぶりに聴いた。ますます歌唱力に磨きがかかっていて、抑揚をつけながら、才加独特の鼻に抜けるような歌唱や裏声を駆使しながら表現していた。強さを持つ一方で悩みやすく、そしてそれを乗り越えていくというところはまさに才加そのものだった。
佐江はスカートを穿いたボクキャラアンドロイド。無邪気さを持つ中性的な役は佐江にはまっていた。声質は昔と変わっていないが、音程の安定性は彼女の成長の証だ。「Q10」ネタは、元ネタを見たことがないので何が何だかよく分からなかった。
主役の二人の歌は安心して聴いていられたが、やはり歌のプロであるボス役の金澤さんや、声のプロである高乃さん、松野さんと比べると遜色があることは否定できない。ショーとして見たときに、金澤さんの存在感に打ち勝ててはいなかったので、この舞台のつくりとして、歌のプロをキャスティングしたことは諸刃の刃でもあったと思う。