読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~熱風の果て~

観劇の記録

ポチッとな-Switching On Summer-(にほんのうた実行委員会)@相鉄本多劇場

演劇 演劇-2011年
【作・演出】白柳力

【出演】清水良太郎鎌田奈津美松原夏海、北代高士、林明寛、小林豊、釜野真希、柚月美穂加藤栄一郎、吉田拓郎、ゆずき、渡辺ありさ、高橋郁哉、カネコサチエ、西岡大輔、前田峻輔
先週に引き続いて、終盤戦を迎えたなっつみぃ出演舞台を観劇。
深愛」と偶然かぶったテーマソングは、サカナクションの「セントレイ」という曲だったらしい。
「クロパラ」同様、タイムトラベルものは一回性のある舞台では上手く説明するのが難しい。時間軸の理解も初回観劇時には不十分だった。今日は最初からコメディ部分が占める割合が大きいことが分かっていたので、気楽に楽しむことができた。
この舞台は稽古十分で作り込まれているのがよく分かる。激しい動きと台詞の応酬は付け焼刃では無理なレベルだ。その中になっつみぃが違和感なく入っているというのが嬉しい。
終演後にはトークショー。渡辺ありさたんは良太郎くんから「うさぴょん」って呼ばれているのか。最年少で先輩役を演じるために大人っぽくすることを心がけたという彼女の演技ぶりと、トークでの素人っぽさのギャップがいい。良太郎くんはもっと小さいころから芸能の仕事をしていればよかったとコメントしていたが、父親の存在を抜きにしても芸能人になるべき人だったのは間違いない。
釜野さん(女性)は指に包帯をして登場。会長を集団リンチする場面で調子に乗って浣腸しようとして突き指とは・・・言葉に・・・ならない・・・
フミヤくんは意外と天然。男性陣が少しでも変なことを言おうものなら軽蔑を潜ませた眼光を投げかけるなっつみぃの表情が素敵。