読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~熱風の果て~

観劇の記録

白キ肌ノケモノ(ASSH)@シアターモリエール

演劇 演劇-2011年
【作・演出】まつだ壱岱

【出演】汐崎アイル京本有加、磯貝龍虎、佃井皆美、服部翼、丸山雷電、八木響子、榎木薗郁也、花田俊、田邉明宏、伊藤貴重、天野由紀子、貴哉、クシダ杏沙、鈴木茉美、鵜飼主水、赤木山伍里蔵、中村まい、三宮ユリカ、山本尚弘、田沼ジョージ、土橋陽子
f:id:JoanUBARA:20170312225317j:plain
この舞台の情報を知ったのは、「VAMPIRE HUNTER」の折込みだったかな。とにかく、チラシを見た瞬間に興味を惹かれるビジュアル、題材、粗筋ではあった。
神武天皇東征中の黒歴史である土蜘蛛討伐をベースにして、土蜘蛛の子孫と天皇家の血をひく白狐丸との戦いを前面に、虐げられし人々の生き様が家族愛を底として演じられていく。
蜘蛛塚という定点において、舞台上では3つの時代の話が入れ替わりながらストーリーが進行。制服姿の中学生まで出てくるというところがすごい。空に帰れない土蜘蛛の妹・ソラの存在が物語を深いものにしていた。
白狐丸の深い怨念と因果と恐るべき運命に重苦しい暗雲が漂い続ける中、相棒のゲドちゃんこと外道丸の時にコミカルな豪傑ぶりが爽やか。磯貝龍虎氏の存在感とスケールの大きさは凄まじかった。
迫力の殺陣が眼前で演じられるだけでも、小さな劇場の舞台に惹き込まれる。予想通り己の好みにぴたりと嵌まる舞台だった。終盤は泣けた。アクションにもストーリーにも満足し、「VAMPIRE HUNTER」以上に終演時のカタルシス感が強かった。
白狐丸を兄とは知らずに恋に落ち、兄の刃にかかって命を落とす悲劇のヒロイン詩音たん役はきょもこと京本有加たん。カーテンコールでも劇中の悲哀の表情を崩さずに、空想の世界から抜け出せずにいるかのような面影が目に付いた。彼女のことは腐女シスターズとさくら学院が共演しているMELODIXの動画で見たことがあって、その美声が印象的だった。彼女の声は時代劇にぴったりだ。ちょうどこの日、注文していた腐女シスターズと腐男塾のCDが届いたのも何かの縁か。ジャジィはなわの曲と彼女たちの歌声は聴いていて心地よさを感じる。