読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~熱風の果て~

観劇の記録

さくら学院 2011年度 NEW Departure@duo MUSIC EXCHANGE

その他アイドル

さくら学院の有料ライブに初参戦。客席前部に柱があるライブ会場なんてドンキ8階くらいかと思ったら渋谷にもあるのか。
バトン部の「DMS」を除いて、部活動含めたすべての曲が演じられ、なおかつ重音部の新曲と夏の新曲まで披露されて、現時点でのさくら学院を余すところなく出し切るという重厚なプログラムで2時間弱。
新聞部はライブ初登場とか。浦和美園で完成度低くて出番を失っていたのか。さくら学院ドキュメンタリー映画なんてあったら見せ場になりそうなエピソードなのに、それを話すみよっちゃんとあいりんの2人はあっけらかんとしたもの。こういうところも平和だ・・・。あいりんのMCはほんと和むね。
はじめて生で見た重音部には圧倒された。旧曲も新曲もすべてにおいてレベルが高すぎる。個人的には国宝認定級。このユニットの今の姿を見られるのは何という幸せかと思った。永久保存したいと思っても成長期限定だからそれは叶わぬこと。だからこそ美しい。バトン部に続いてシングルとPVくらいは世に出してほしいなぁ。
バトン部の「天使と悪魔」もはじめてステージで見た。このレベルの曲を部活動シングルのカップリングに収録してしまうというあたり、さくら学院は贅沢だ。ゆいちゃんの高速バトンを堪能!ゆいちゃんはダンスもキレがあるし、ライブパフォーマンスになると格段に輝きを増す。
今日のニュースは、転入生2人の発表とミニパティ解散疑惑。転入生は小等部6年に田口華ちゃん、小等部5年に磯野莉音ちゃん。華ちゃんは小倉唯たんに似た雰囲気を持っていて、パフォーマンスは堂々と大物感十分。一方の莉音ちゃんは緊張がありありと感じられて振付けが覚束ない場面もあった。
クッキング部「ミニパティ」は、中1トリオから、小6トリオにバトンタッチ。中1トリオは今後は帰宅部に専念となりそう。莉音ちゃんが部活に所属しないのはかわいそうな気もするが、新生ミニパティはかなり破壊力がありそうだ。
最初から最後まで、楽しもうと思わなくても楽しめる、笑顔でいられないなんて絶対に無理という底なしの幸福感に包まれた。何でただのラジオ体操がこんなに楽しいの?森ハヤシ先生の「家に帰るまでがライブ」という言葉どおり、ライブの幸福感は家に帰るまで持続しっぱなしだった。秋に学院祭の開催が決定ということだったが、秋にはさくら学院をめぐる風は変わっているのだろうか。
昨夜は今日のライブが楽しみでなかなか寝付けなかったが、この幸福を明日もまた味わえると思うとまた寝られなくなりそうだ。