読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~熱風の果て~

観劇の記録

落下ガール(落下ガールプロジェクト)@大和田伝承ホール(2011.2)

【脚本・演出】春間伸一

【出演】重盛さと美吉木りさ黒田有彩内田理央、栞菜、中塚智実杉本有美田井中茉莉亜高見こころ前山奈津巴高橋明日香、船瀬唯、乃下未帆床爪さくら、時乃真央、水上桃華北条佳奈鈴木まりやフォンチー
f:id:JoanUBARA:20170312214226j:plain
「のしたん枠」と、のしたんによる手売りチケットで3回観劇。のしたんはじめ、昨秋の「Alice in Deadly School」のメンバーも大挙出演で、ダブルキャストの光組には馴染みの顔が多かった。のしたんは、戦場カメラマン普天間愛役。最後の和解までは怒りを含ませ続ける役なので、振れ幅が限定された演技とならざるを得なかったが、豊かな声量で場の空気を引き締めていた。
主演は初舞台となる重盛さと美たん。頑張りすぎたためかノドをつぶしてしまうというアクシデントに見舞われてしまい、サカリのついたネコの鳴きマネなど、ノドに負担のかかるセリフがカットされたりしていた。夜中に悔し涙を流しながら八方手を尽くして、それでもダメという状況。正直、千秋楽までもたないのではないかと思ったが、声がダメなら身体でという彼女の根性や、メンバー同士のチームワークでカバー。年下の内田理央たんから「自分の子供みたい」と見守られるさと美たんのキャラクターがいい方向に出た。
さと美たん演じる白金ヒロミを見ていたら、髪形といい声といい背格好といい、えれぴょんのことを思い出してしまった。コンテストに出品する作品を写真部員間の投票で選ぶことの残酷さが語られている場面なんかも、ついAKBの総選挙と重ね合わせてしまったね・・・
ともちゃんは、中野のメイド喫茶で住み込みで働いているという設定の強烈なぶりっ子キャラクター「まみりん」を普段より高い声を出しながら熱演。「Alice」での和磨会長とは正反対のキャラクターを殻を破りきって演じることで、またひとつ、経験を着実に重ねていた。年末の体調不良で一時は出演自体が危ぶまれたまりやんぬも、日替わりゲストの妹・白金キヨミ役で無事出演。アリスの堂本千十合さんと同じ優等生キャラで、しかも堂本さんより個性がない役だったので、まりやんぬ自身の個性を考えると消化不良といった感じだった。