読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~熱風の果て~

観劇の記録

アリスインクロノパラドックス(アリスインプロジェクト)@池袋シアターグリーン BOX in BOX THEATER(2011.5)

演劇 演劇-2011年
【脚本】麻草郁、【演出】松本陽一

【出演】秋山ゆりか和田えりか加藤沙耶香保田真愛、山下若菜、山川ひろみ、相沢美羽、中西悠綺、相原えみり、替地桃子三田寺理紗麻友美望月るな重本未紗ほのかりん綾乃彩渋木美沙、木下麗菜、南菜々子、滝口成美、徳岡茜、長島実咲、芦和えり高城樹衣、愛衣
f:id:JoanUBARA:20170312230905j:plain
「だったらこの仕事やめな!」終演後のコメントコーナーでのひとコマ。舞台上で話すことが苦手とコメントをパスしようとした出演者へ、共演者からの強烈な一言だった。もちろん冗談ぽくではあったが、一瞬空気が固まった。結局その出演者はコメントすることなく幕が閉じられた。一方で主演の秋山ゆりかたんなどは立派なコメントを残していて、アイドルとして厳しい世界を揉まれてきた人の強さを見せ付けられた気がした。
舞台は中学の演劇部。出演者の数が多すぎる上、ほとんどがはじめて顔を見る人たちだったので、メインキャストすら最後までキャラの把握をし切れなかった。カケルとか和田塚さんとか、一部の濃いキャラクターの印象が強すぎたというのも原因かな。和田えりかたん演じるカケルのことは、終演後にフライヤーの「謎の少女」という文字を見るまで男の子とばかり思っていた。ボクキャラなのかー。もっと男の子役を演じさせてみたい子だ。究極の不器用お嬢様キャラ・和田塚さん役の山下若菜たんはまさに怪演。徳岡茜たん演じる大船さんとのコンビで観客の心をつかんでいた。
劇は、題名どおり過去と未来を行き来しながら、部室のロッカーで数年間冬眠していたり、生き埋めになったまま何百年か過ごしたり、ルート分岐でひとつの事象から生まれる異なる結果が両方演じられたり、油断していると観客もタイムマシンに乗り遅れてしまう。凝ってはいるのだが、生の舞台で伝えるのは難しい。
日替わりゲストは、高城さんのお姉さんの回と、「Alice in Deadly School」で特別出演ながら事実上の主役を張っていた愛衣ちんの回を見たけど、笑顔のないオドオドキャラをゲストに割り当てるのはいただけない。