読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~熱風の果て~

観劇の記録

アトムへの伝言(劇団扉座)@紀伊國屋ホール(2011.6)

【作・演出】横内謙介

【出演】六角精児、山中崇史、岡森諦、アマンダ、伴美奈子、有馬自由、鈴木利典、岩本達郎、高橋麻理、新原武、中原三千代、高木トモユキ、野口かおる、犬飼淳治、江原由夏、吉田有希、江花実里、松本亮、瀧川駿
f:id:JoanUBARA:20170401204409j:plain
わさみんも観劇に訪れたという扉座の「アトムへの伝言」。間違えてサザンシアターに行ってしまい、数分遅刻。
本当はわさみんにも扉座の舞台に再び立ってほしいんだけど、今のAKBメンバーは握手会とコンサートばかりでまともに稽古に出られそうなスケジュールではないから、舞台の経験を積むことは難しいのが現状だ。
漫才をするために開発されたアンドロイド「カッパ」が、落ちぶれた漫才師「ラッパ」とコンビを組むが、カッパがラッパを守ろうと人に危害を加えてしまい、生みの親から解体命令が下され、最期はテレビ中継の中、地雷を踏むコントを演じながらばらばらになる・・・。
カッパとラッパの漫才は身体を張りながら、リアルに笑いを取れるレベル。本物のプロとアイドルの舞台との差は当然ながら大きい。カッパの最期がテレビ中継されるというのも皮肉だし、劇中にも横内氏の反抗心が垣間見えたりと、劇団としては成熟していても決して制度化されていないというところが絶妙のバランス。