読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~熱風の果て~

観劇の記録

AKB48(チームA)

AKB48 AKB48-チームA AKB48-チームA-A6「目撃者」

【出演】岩佐美咲多田愛佳大場美奈大家志津香片山陽加倉持明日香小嶋陽菜指原莉乃高城亜樹永尾まりや仲川遥香中田ちさと仲谷明香前田亜美松原夏海横山由依
Mousaのホームページの人気コーナーといえば、ちぃChanさんぽにNAKAYAN QUEST。この前のちぃちゃんの誕生祝に続いて、今日はなかやんの誕生祝。
こじはるが体調不良でユニットだけの出演となったため、実質、最古参が2期生のなっつみぃという公演。A6初ということだったが、こういうことは今後も頻繁にありそう。影響が大きいと思われたこじはる休演にもかかわらず、目だった穴のない、質の高い公演が行われていた。
たかみなソロの代役ははーちゃん。この曲の振り付けがどうして剣舞でなければならないのか、いまだに謎。どうしても剣舞をやらせたいのだったらそれなりの曲を用意すべきだが、何回か聴いていけば謎は解けるのだろうか。序盤からアクセルをぐいと踏み込むたかみなと比べると、はーちゃんは徐々にスピードを上げていく感じ。個人的な好みで言えば、前半ははーちゃん、後半はたかみなに軍配を上げる。たかみなの剣舞には、次の瞬間剣が自分に突き刺さるのではないかと思えるほどの迫力があったが、はーちゃんの剣舞からは殺気は感じられず、ある意味安心して見ていられた。
安心して見ていられなかったのが、2曲目の「前人未踏」。震度2では踊っているメンバーは気付いていないようだったが、揺れる照明を見ながらドンキビルの外観を想像すると覚悟を決めなければいけないような気にもなる。
今日はかわいい髪形のメンバーが何人かいて、らぶたんは自称「変な三つ編み」。細く両肩に垂らした編み込みがらぶたんらしい愛らしさを増幅させていた。らぶたんはA6の運動量に順応していて、チームB時代に見られたやや気を抜いたようなところはほとんど見られなかった。大場さんは巻き髪でこれまでに見たときとはちょっと違うイメージ。何となくCinDyに似て見えたのは己だけだろうか。
わさみんはツインテール。ポジショニングが怪しかったりした前回に比べれば、身体がステージを思い出した今日は心置きなく全力投球。真剣な表情と笑顔とのコントラストが、A6のセットリストとシンクロして、見ていて気持ちいい。ユニットは、こじはる、ちぃちゃんのような柔らかさが正解のように感じている己としては、わさみんの表情はまだ固いような印象を受けてしまうが、いつか、己の想像を超えた正解を出してくれるような期待もしている。
スーパー美咲タイムによると、わさみん「出れるように頑張ります」を有言実行して、K6をマスターしていたのか。書き方からすると、この先K6にわさみんが出演することはなさそうだが、機会があれば一度くらい努力に免じて出してあげてもよさそうなものだ。
9期生の永尾さんは、前座ガールズ以外では初見。「ミニスカート」に出演後、後半戦から「Beginner」を含め、全体曲の一部に加わっていった。気の強そうな面相ながらも、まだ自信がなさそうな踊り方だったが、自信を持って踊ったときの姿を想像すると楽しみに思える。
「目撃者」公演は、「ポップスター」、「摩天楼」、「ずっとずっと」の3曲が、セットリストの根幹をなす重く激しい曲との対比で余計に盛り上がる。最近のセットリストは、前半4曲はまず勢いをつけようという構成が多かったのに比べると、A6は、明るい曲がより生きるようになっている。「ずっとずっと」「Pioneer」みたいに拳を振り上げられる曲が、どのセットリストにもひとつは欲しい。
なかやんの誕生祝は、紙テープの発射が大幅にフライングしたこともあって、はーちゃんが誕生日の日付を忘れたりで、笑いにつつまれながら。声優を夢とするなかやんのアニメ声を聞くことができた。なかやんといえば、今年のよねちゃん誕生祝での号泣ぶりが記憶に新しいが、自分の誕生祝では、涙に咽ぶこともなく、1年の抱負を語っていた。