読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~熱風の果て~

観劇の記録

AKB48(チームK)

【出演】秋元才加板野友美内田眞由美梅田彩佳菊地あやか竹内美宥田名部生来中塚智実仁藤萌乃野中美郷藤江れいな松井咲子峯岸みなみ宮澤佐江横山由依米沢瑠美
オリジナルメンバーの卒業、キャプテン空位時代の幕開け、新メンバーの加入、とチームKの時代の転換点を直接見ることがないまま迎えた今日の公演。
特に、2つ目の出来事が及ぼす影響に対しては恐怖も感じながら開演を待った。悲壮感を漂わせたり、劇場のステージにはっきりと影を落とすようなことがあれば、チームKの負け、才加の負けだと思っていたし、おそらくそうなってしまうだろうと思っていた。しかし、開いた幕の前に待っていたのは、いつ以来か思い出せないほどの才加の真の笑顔。継続的に見ている中では気がつかなかったが、彼女がずっと重い荷物を背負ってきたことがはっきりと分かった。今回の出来事が、才加を背中の重荷から解放し、羽根を広げることを思い出させたのだとすれば、週刊誌にはむしろ感謝すべきなのかもしれない。
新メンバーゆいたんは、えれぴょんが抜けた穴に嵌まるワンピースではなく、チームKの絵柄を画き変える可能性を秘めた存在だ。既にユニットを含めて全曲出演を果たし、振り付けをマスターするだけではなく、表情でも感情を伝えようとしている。チームKのステージに新たな引力源が誕生したのは間違いない。本人としては決して満足のいく仕上がりにはなっていないようだったが、それでもステージでの存在感は十分。どこまで伸びるのか近い将来が楽しみだ。才加から指名されてのコメントで、時間をかけてひとつずつ心境を表現するための言葉を大事に必死に探す姿も印象的だった。
メンバーも、ゆいたん加入の刺激を受けていて、梅ちゃんは方言を使ってみたり、きくぢはバカキャラをさらに全開にしたり、よねちゃんは甘えたように適当キャラになろうとしたり、個性を出していこうという姿勢が随所に見えた。才加の件とあわせて、2回目の「RESET」が行われたチームKは再び目が離せない存在になってきた。
あとは、ここに優子たむが加わったときにどうなるか。公演への出演が少ない中で、急激に速度を増したチームの流れに取り残されないようにするのは優子たむといえども容易ではないかもしれない。代役の竹内さんも素晴らしい成長を続けていて、いつ昇格しても文句のない、優子たむばりの情報量の多い表現で堂々とセンターを張っているのだからうかうかもしていられない。
ソファー後MCは、今日もれいにゃんと梅ちゃんの二人。MCでは一貫して攻めの姿勢を崩さずに奇声を交えながら発言していくれいにゃんはチームKのMCではいちばん楽しみな存在だ。ソファーでセンターを務めた萌乃たんは、多少ふっくらしながらもソフト路線を強めていて、笑顔の方が印象に残る公演だった。これまで萌乃たんが担っていた役割の一部がゆいたんに受け継がれたようにも思えた。
見るのが最初で最後になりそうな気もするチームK版「Beginner」はきくぢがセンター。やはり彼女はセンターがサマになる。この間のあっちゃんみたいに、優子たむが駆けつける、という展開も僅かに期待したが起こらなかった。それにしてもこの曲は劇場向きじゃないね。