読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~熱風の果て~

観劇の記録

らめらめ(Team IMAGINE)@ワーサルシアター

演劇 演劇-2010年
【脚本・演出】H,T,ISSUI

【出演】岩佐美咲吉川このみ名取稚菜、倉咲奈央、柴小聖、渡瀬未貴、柳川菜美八木橋里紗、北条佳奈、平井佳織、小暮あき、紺野なる、間下美咲、小林麿香、椎名セイカ、森永まみ、坂本奈穂、東條ナナ、堀込聖美、望月ムサシ、松尾淳哉、高木正晃、こばやし画伯、玉木彩乃、Ju,ta、刀根麻理子、加納竜
f:id:JoanUBARA:20170312231849j:plain
先週は、サイン会のほかに、AKBメンバーがトリプルキャストで主演の「らめらめ」の上演も、個人的には楽しみにしていたイベントだった。劇場公演から2か月も遠ざかっているわさみんの姿は、写真会以来、久しぶりに見ることになった。AKB歌劇団やドリル魂に比べれば、会場は100席ちょっとのアングラ小劇場で、限られた予算の中での手作りの舞台という感じだった。初期AKBが下積みとして美化されて語られることに対して己が感じている違和感の理由が少し分かった。
今回は稽古に悪戦苦闘していたわさみんは、回を追うごとに、声が通るようになり、本番の中でもレベルアップしていった。もちろん、舞台の演技としては、まだまだ及第点とは言えないレベルではあったので、AKB舞台班として、さらに成長の過程を見られる機会があることを願いたい。オーディションの場面では、3曲にわたってわさみんがユニットセンター。ここでは、AKBで培った経験を存分に発揮して強みを見せてくれた。主役以外の登場人物もみんな個性的だったな。ダブルキャストで、こーちゃん軍団の性格が組によってまったく違うのがおもしろかった。月組のぶりっ子トリオ、ラミちゃん、星組のキムさんのインパクトの強さは、当分頭から離れそうにない。