読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~熱風の果て~

観劇の記録

AKB48(チームK)

【出演】秋元才加板野友美内田眞由美梅田彩佳大島優子小野恵令奈菊地あやか田名部生来中塚智実仁藤萌乃野中美郷藤江れいな松井咲子峯岸みなみ宮澤佐江米沢瑠美
「センターに立ちたい」「逆転したいんだ!」「逆転眞由美様」・・・こういう台詞を待っていた!まさに拍手喝采。逆転劇というシナリオを排除し続けるAKBにあって、この言葉をうっちーが言うにはどれほどの勇気が必要なことか。また、うっちーにとって、そういう気持ちを持ち続けることがどれだけ大変なことか。チーム再編の意味が、ともちんみぃちゃんを中心に語られるだけでは片手落ちだ。うっちーや美郷たんやともちやんやたなみんが輝くことができて、はじめてRESETは評価できるものになる。うっちーの思わぬ言葉にとっさにディフェンスアクションをして見せた優子たむにとってもプラスになるはずだ。
「こんな○○は嫌だ」MCで、自分画像待受けネタでうっちーをいじっておいて、「でもそんな眞由美が好き」と照れながら話す萌乃たんはツンデレの見本のようだ。うっちーの自分待受けも、ナルシストなわけではなくて、「自分を好きになれるように」という努力の一環なんだから笑い話では終わらない。
優子たむは引き続き前髪ぱっつん。「ソファー」や「引っ越しました」の力の抜き方は、21歳なりの新境地と言える。女優としてのステップアップは必ずしも順調ではない優子たむだが、開けられていない引き出しはまだまだ残っている。
アンコール前の曲やアンコールのラストの曲は、どのセットリストでも、だいたい静かにほんわかと終わる。安心感がある半面、秋Pの力をもってすれば流れ作業的につくれてしまうようで、やや没個性の憾みを否定できない曲が多い。そんな中にあって、AKBを離れた視点から見つめる「ジグソーパズル48」のかすかな焔のような光と闇の交錯は、上昇気流に高く舞い上げられた今のAKBの姿とは一線を画していて、これまでのAKBの曲の中でも異彩を放っている。
土日のサイン会で会ってきたメンバーからは、今日は3名が出演。いずれもK6でのパフォーマンスに触発されて追加購入した分だった。特に5年目にして初握手となった梅ちゃんにはほんわかとさせられて、次の機会があればまた握手しに行きたいと思わされた。K6に入ってからというもの、梅ちゃんはK5のときと比べればMCでもダンスでも目立っていて、前向きで積極的な意欲が強く感じられるのがうれしい。