読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~熱風の果て~

観劇の記録

AKB48(チームK)

AKB48 AKB48-チームK AKB48-チームK-K6「RESET」

【出演】秋元才加板野友美内田眞由美梅田彩佳大島優子小野恵令奈菊地あやか田名部生来中塚智実仁藤萌乃野中美郷藤江れいな松井咲子峯岸みなみ宮澤佐江米沢瑠美
トリニータ社長御一行を招待席に迎えての新チームK全員集合公演。観光産業とAKBは今のところ結び付きはまったくない状態だが、近い将来、外国からの観光客が劇場にやって来るような光景が頻繁に見られるようになるのだろうか。M畑氏は大分出身の矢方さんの政見やYELLのPVを見ずに、ユニットまでで退席。
前座ガールズはフレッシュなメンバー構成。鈴蘭たんの姿は久しぶりに見た。静かな曲で顔が髪にかくれがちでは、彼女の魅力をいまいち発揮できていない感じがした。
一部出演との告知があったきくぢは3曲目から早くも登場。久しぶりのK公演への出演となった。集中力を保った吹っ切れ方をし、曲の世界観に合わせた表情をつくるきくぢには自然と目がいく。解雇前のやや低調なパフォーマンスとは比べるべくもない。劇場の舞台で彼女の活き活きとした姿をふたたび見られるということに単純に嬉しさを感じた。
前回公演後に体調を悪化させてしまっていた佐江は元気な姿を見せてくれた。佐江は、旧チームKでは自然とできていた開演前の声かけが新チームではまだ不十分なことを反省していた。確かに、まだどことなく正規メンと代役研究生という旧時代の雰囲気は残っている。己が見に行った公演では、感想タイムに選抜組が多く指されているのは単なる偶然だったらいいけど。MCもどうも選抜メン中心で推移していく傾向が強い。晴れ女MCでみぃちゃんがうっちーの態度を先輩として咎めたような言葉は、盛り上げるためであったとしても時代錯誤だ。
優子たむは表情はやや疲れていたものの、全身をバネにした、神経の行き届いた敏捷な動きは衰えを知らない。曲間の一瞬で次元を自在に移動する変わり身の速さからも目を離せない。ソファーユニットのようなデレデレモードの優子たむの姿というのは、これまであまり見られなかったものだ。優子たむはこの公演で何回くらいウインクをしているのか気になる。梅ちゃんが優子たむの目が好きと改めて言っていたが、目の輝きは確かにK1の頃から変わってはいない。これまでの優子たむのキャッチコピーでいちばんしっくりくるのは、やっぱり「変幻自在のビー玉アイランド!」だ。
萌乃たん、咲子さん、きくぢはお揃いの三つ編みお下げ。「毒蜘蛛」「オケラ」「夢の鐘」「制服レジスタンス」が好きという萌乃たんは、いつもであればこういった短調系の曲と反応して激しく燃え上がるのが、今日は髪型の効果か、明るい曲や穏やかな曲と反応して可憐な光を輝かせていた。それにしても萌乃たんの好みと己の好みの方向性が一緒なのは驚いた。
前回はアンコール衣装を破いた才加は、ナイトメアっぽいメイクが不幸を招くのか、今日はユニット衣装の肩紐が曲中に外れてしまうアクシデントや音声トラブルに見舞われた。引っ越しテープは割りと簡単に天井照明に引っかかってしまうらしく、この前のれいにゃんに続き、今日は才加が投げたテープが昇天してしまっていた。