読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~熱風の果て~

観劇の記録

AKB48(チームK)

AKB48 AKB48-チームK AKB48-チームK-K6「RESET」

【出演】板野友美内田眞由美梅田彩佳大島優子小野恵令奈大家志津香田名部生来中塚智実仁藤萌乃野中美郷藤江れいな松井咲子峯岸みなみ米沢瑠美島田晴香
GW只中の2回公演は、才加、きくぢと風邪の佐江がお休み。
K色を芬々とさせる3人の休演があって、全体曲の代役で入るのがしーちゃん1人だけでも、ステージは相変わらず熱く、間違いなく「チームK」の公演だった。K6がこれほどオリジナルKに近い色を持つ公演になるということも、己にとって楽しめる公演になるということも思いがけない僥倖だ。
ともちんのモチベーションにあふれる感想コメントを聞きながら、優子たむの顔がどんどん綻んでいく。ともちんからこんな言葉が出るとはと驚いた風に笑いを誘った優子たむだが、心からうれしそうだった。今のところ、チームシャッフルの負の部分は感じられない。真っ先にスタートを切った新チームKは、秋Pの思惑を余所に、このまま「揺り返し」もなく順調にいくのかもしれない。しーちゃんの宇宙人ネタにともちんが照れながらも乗っかれているうちは大丈夫だろう。
宇宙人ネタでは、今日もまた「小野博士」が登場してしーちゃんとの宇宙語会話を披露していた。しかし、えれぴょんはまだ復活へのスタート地点に立てていない印象だ。身体がどうのとかではなくて根源的なところが原因だと、いつ気が付いてくれるのだろうか。
この前は小野博士、今日は宇宙人に反応してMC中に表れたれいにゃんの絶望的な表情は見ていておもしろい。れいにゃんは、曲中の動きではチーム内でまったく引けをとっていないが、表情のつくり方はまだアイドルの枠内に納まっていてK6に馴染んでいない印象なので、もうひと頑張りがほしい。
萌乃たんも引き続き絶好調。迫力のあるダンスは明らかに目を引くし、鬼気迫る表情と溢れ出すという言葉がぴったりの充実の証拠である笑みは見ていて心地よい。「毒蜘蛛」や「オケラ」ではポジション的なものも含めて、ステージの重心に位置している。
帽子ユニットは佐江代役に梅ちゃん。ダンス力を生かすという意味では、代役出演がそれなりに見込まれるセンターポジションは適役だ。K5よりも激しいダンスが増えたK6のステージは、梅ちゃんにとって、完全復活を印象付ける舞台として不足はない。
「夢の鐘」は前回見ていて気になったシーンがあって、今日はどんな感じで演じられるのか注目していたら、その場面が現れなかった。前回はアドリブとは思えなかったので、日によって演じられ方が異なっている、いくつかパターンがあるということだろうか。「夢の鐘」は重い曲大好きの己をして「重過ぎる・・・」と思わしめるほどの曲だが、「Stand up」と同様に灰燼からの希望を個人を出発点に見出そうとする秋Pの歌詞を中心に、遠大なスケール感と存在感を放ち出している。
前座ガールズのレモン曲は、島崎さんの少し声を裏返しながらのフニャっとした台詞回しがかわいくて前回から気になってしまっている。最初に見たときと比べると、普通の可愛らしさになりつつあるのかな。ワンポイント出演の島田さんは、アイドルらしさやがむしゃらさよりも愛嬌で勝負するタイプのように見えた。最近の研究生には珍しいタイプだ。
終演後のビデオタイムは、政見放送+新曲PV3連発。去年も劇場で見てたまげた記憶が生々しい「研究生」新海さんの政見は、今年も強烈なインパクトだった。「僕のYELL」のPVは初見。はるごんがシアターガールズというのは違和感があったが、「ひこうき雲」と違って主役を配した上でのドラマ仕立てのPVを見て納得。チームはるごんがはるきゃんのYELLを得たにもかかわらず勝てなかったのは、内田選手を試合に起用しなかったからだな。うっちー得意のリフティングが見たかった。