読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~熱風の果て~

観劇の記録

AKB48(チームK)

【出演】板野友美内田眞由美梅田彩佳大島優子小野恵令奈大家志津香菊地あやか田名部生来中塚智実仁藤萌乃野中美郷藤江れいな松井咲子峯岸みなみ宮澤佐江米沢瑠美
チームK初の3回公演の1公演目。
K5のDVDを見ていると、優子たむの表情筋の筋繊維が常人の倍ほどもあるんじゃないかと思われるくらいの自在の表情や鋭く繊細な動きに圧倒されることがある。生で見ている感覚では、優子たむのいわゆる圧倒的なオーラは落ちてきていると思えていたので、多少の驚きだった。そのあたりを確かめようと思いつつ臨んだ今日の公演では、毒蜘蛛噛み付きポーズや右頬打擲など、ドキっとさせられるシーンもあったが、ぱっつん優子たむが特に目立っているということはなかった。しかし、優子たむが悪いということは決してなく、優子たむが目立つ余地がないくらいに他のメンバーが充実しているというべきで、まだまだ熱いRESET公演だった。
前回K6を見たときには埋没気味の印象があったうっちーにも優子たむと同様のことが言える。遠慮がちに将来の目標を語っていたうっちーは、研究生時代のガツガツしたところや生意気さをもう少し出していってもいいのかもしれない。よねちゃんは逆にチームB時代よりも目立っていた。きれいにソツなくというイメージから脱皮して、眼力を活かせるようになっていけば楽しみだ。
優子たむの、公演の「穴」をふさぐためにどんどん突っついてほしいといった発言やリハーサルに対する姿勢に既に新チームKらしさが出ているといった発言、みぃちゃんの、新しい公演をつくり上げることを通して初心を忘れないようにしようと思ったといった発言からも、この公演が熱い理由が読み取れた。最近は、目の前で行われている公演がAKBやメンバーにどれだけの意味を持つのかということに懐疑的にならざるを得ないことが多かったが、アンコールでの今日の感想コーナーがあると、公演への参加意識が高まる。K4公演ではこれを全員がやっていたわけだから、公演への思い入れが強くなっていったのも当然だ。1公演の上演期間は、長くても半年くらいが理想だと思うが、この公演も1年超えは避けられないだろう。そうなったときに穴をふさぎ切れるかどうか。
序盤戦は、明るくアップテンポの曲が続いて一本調子になりかけるところをゴリラ曲の強烈なインパクトで埋め尽くされる。才加のキャラクターに特化した異端曲とも言えるが、強烈な個性を持った、誰もが語りたくなる曲はこの時期にあっては貴重だ。客席のウホウホ率も次第に上がってきた。「くるくるぱー」に続き、この曲の誕生にも、「ゴリラ、ゴリラ」と暴言を吐き続けた香菜がかかわっているのかもしれない。
ユニットは、制服曲と王子曲の個性に比べると、他の3曲はチームA色の濃いアイドルソングで、印象としては弱い。もこもこした衣装を着せたときのみぃちゃんのアイドル力の高さはAKBの中でトップと言って差し支えない。MC中に平気で優子たむの胸に手を伸ばす姿を見ると決して正統派アイドルとは呼べないけど、ルックス面では、れいにゃんと並んで黒髪正統派として華を添えている。
人類の滅亡を延々と説き続ける「小野博士」はえれぴょんの新キャラか。K5では発言すること自体が稀だったえれぴょんは、たまにはお題つぶしでMC独り占めくらいの方がいい。あと2年で温暖化のために人類滅亡はさすがにないだろうが、AKBが2年後にも存在している保証はない。萌乃たんは気力の充実がパフォーマンスだけではなく、MCでの強気な発言にも表れている。
後半戦は起承転結のある流れのいい構成。今の時点では、「Switch」的な静かなる沸騰が魅力のダンスナンバー「オケラ」がいちばん好きかな。高速ハイタッチからスタートするアンコールもいい流れ。アンコール2曲目のミサイル曲は、群集劇的なものを目的にしたのであれば、今のAKBにそぐわないほどの重い題材も効果的だ。