読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~熱風の果て~

観劇の記録

AKB48(チームK)

AKB48 AKB48-チームK AKB48-チームK-K5「逆上がり」

【出演】秋元才加石田晴香内田眞由美大島優子大堀恵小野恵令奈倉持明日香小林香菜佐藤夏希近野莉菜野呂佳代前田亜美増田有華松原夏海宮澤佐江
広井王子氏が見守る中での、久しぶりのチームK公演。
チームKからの歌劇団出演組は3人が全員出演。加えて、うっちーも歌劇団後では初のK公演への出演となった。広井氏は才加のソロを見届けると去ってしまったが、わざわざ来たということは次回作への意欲は高い。新しくお眼鏡にかなったメンバーがいただろうか。いっそのこと来年の歌劇団新公演でチームK復活でも歓迎だ。
才加はルカをイメージさせるデコ出し。「虫のバラード」は歌劇団効果が如実に現れていて、第三段階に突入していた。歌劇団がなかったら第二段階で落ち着いて終わっていたはずなので、K5千秋楽が歌劇団後になったことの副産物でもある。しかし、「才加はかっこいいよりかわいいと思う」に10人程度しか手が挙がらないというのは信じられない光景だった。これも客層が入れ替わっている証拠だな。周囲が期待するキャラを演じ切ってしまう才加には危険性もつきまとう。
今日の寸劇は、うかつに笑ったり拍手をしてしまうと、本当に紅白非出演メンバーによる劇場での紅白鑑賞会が開かれてしまいかねない。寸劇でSDNネタが多いのは、作者に移籍組に対する後ろめたさが多少なりともあるからか。
内島夏代MCでは、うっちーがせんだみつおゲームを知らなかったため、説明に時間が割かれてグダグダになってしまった。テンポよく進めばかなりおもしろいコーナーになったはずなのでもったいない。優子たむのニワトリの鳴き声は朝の目覚めというよりはキツネに襲われでもしたかのようなけたたましさだった。せんだみつおゲームと聞くと、かつてチームBのMCで行われた「成瀬理沙ゲーム」を思い出す。
16歳になって、今日から晴れて21時以降も出演可能になったえれぴょんは、かなり久しぶりに見るK1えれぴょんヘアーで登場。えれピグの髪型とも言える。今日は定刻開演で、アンコールの「RIVER」もなくなってしまったので、U15メンを含めて最後まで全員がステージに上がれていた。平日公演ではこれも久しぶりの出来事だ。途中退場を強いられることに楽屋で悔し泣きをしたまーちゃんが休みになってしまった日に、というのは皮肉なものだ。
「RIVER」はセットリストからは消えてしまったが、己の手元にはno3bの新曲と同梱で、今日ようやくCDが届いた。裏面はきたりえがど真ん中。やっぱりきたりえはセンターに置くべき子だな。
新顔の登場もあり得るかと思われたまーちゃん代役は空席だった。AKBでは3度目の「研究生オーディション」が開催されるらしく・・・今度は前回のように全員合格とはいかないか。二度とあんな真似ができるはずがない、あんな非道なやり方を1回限りで終わらせることになったのであれば、彼女たちの犠牲にも少しは意味があったと、1月18日に完全に打ちのめされた心の中での僅かな合理性にすがっていたが、もし、1月と同じような経過をたどるようなら、彼らにしてみれば、1月の研究生オーディションも成功だったという認識なわけだ。8期生が出演する公演なんて怖くて見に行けたものではない。1回でも見れば情が移ってしまうに決まっているし、追放の恐怖を隠した笑顔をどうして楽しめるだろう。