読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~熱風の果て~

観劇の記録

AKB48(チームK)

【出演】秋元才加石田晴香梅田彩佳大島優子大堀恵奥真奈美小野恵令奈佐藤夏希鈴木まりや近野莉菜野呂佳代前田亜美増田有華松原夏海宮澤佐江米沢瑠美
前日の夜に発熱して休演も心配された優子たむは平熱に戻って無事に出演。こういうときの彼女は体調が悪いと分からないくらいに余計に張り切りすぎるから心配だ、と思って見ていたら、普通に調子が悪そうだった。限界を超えて壊れるまで無理をすることの過ちに気付いて、最近は、無理は絶対にしない、睡眠と食事に気を使う、というスタンスの優子たむなので、今日は調子が悪いなりのパフォーマンスだった。
めーたんはチームKでの最後の日々をいとおしむようにハイテンション。曲中にシャムネコポーズで激しくお尻をこすりつける仕草をしたり、えれぴょんにキスを迫って激しく拒絶されたりしていた。「ハンパなイケメン」のちかりなとのコンビは、「遊び」が減ってきた最近のAKBのステージ上にあってはなかなか見られない、二人だけの世界を形成していて、目が離せない。
「抱きしめられたら」にはもっちぃ代役としてよねちゃんが登場。今、AKBでSDNが似合う未成年メンバーといえば、よねちゃんとNなっちの二人が真っ先に思いつく。結果、いつも以上にAKB離れしたステージが出来上がっていた。この曲でセンターを演じたあーみんは、優雅な動き、整った顔立ち、そして崩れることのない凛とした表情が、チームKのカラーとは毛色がまったく異なっていて目立つ。決して己の好きな外見や表現ではないのだが、貫禄は十分で、次の事務所移籍があるとすれば、彼女が最右翼だろうという感じがする。
やはりチームKといえば、有華や佐江やちかりなに代表される、顔や手足の筋肉を極限まで使い、楽しさのかけらをステージのあちこちにばらまいていく表現が魅力であり、己の好むところだ。今日の公演には、見ているだけで自然に頬が緩むのを覚える瞬間がいくつもあった。
寸劇は、現実世界のAKBそのままに、運動会に向けての意気込みやAXや総選挙を語らせるだけなら、別にシナリオを使う必要はない。場を重ねるうちに、Kメンの演技力は向上していて、台詞のないところでも、出演していた全員が何かを演じ続けていた。
寸劇をはじめ、MCでも運動会ネタが多かったが、もう「旧チームK」という言い方がされているのがひっかかった。チームKといえば、己にとっては再編前の、このチームのことだし、「新チームK」はともかく、「旧チームK」という呼び名はあまり広まってほしくないな・・・
最後の上映コーナーは、「River」ではなくて、シアターガールズの「ひこうき雲」。選抜メンバー以外の、チームKの中核をなしている2期メンは、まーちゃんを除いてみんなシアターガールズなのか。ひまわり組のセカンドメンバーを思い出させるような構成で、こういうのも悪くはない。秋Pとしては、アンダーガールズとシアターガールズとの関係は、2軍、3軍のような上下関係を意識したものではない、と言うのかもしれない。