読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~熱風の果て~

観劇の記録

AKB48(チームK)

【出演】秋元才加石田晴香内田眞由美大島優子大堀恵小野恵令奈河西智美倉持明日香小林香菜佐藤夏希近野莉菜野呂佳代林彩乃増田有華松原夏海宮澤佐江
今日も昇格劇はなし。己でさえ、ちょっと待ったコールがかからないかドキドキするくらいなので、チーム入りへの欲を隠さなくなってきたうっちーにとっては、毎回が大きな期待と小さな落胆の繰り返しだろう。うっちーは、内島夏代MCについていくのは大変そうではあるけれども、MC中のちょっと困ったような笑顔がかわいらしい。
K5に慣れてきた優子たむは攻撃的にということで、ダンスのキレ味も増してきた。「街角のパーティー」のツクリモノのハッピー感は己にとってK5最大の鬼門になっていたが、今日は優子たむの人間味のあるパフォーマンスで、ステージから暖かい血の躍動が感じられて楽しいと思えた。
3分以上トモのことを見ると堕とされるから危険・・・、と言い放つともーみには、一時のギャル路線の色合いが薄まって、小悪魔的なイメージが復活してきた。ともーみには、谷崎作品のヒロインのような妖しいサド的な魅力を醸し出していてほしいというのが己の勝手な願いなのだ。
劇場に標識をつくるなら、というMCのお題で、はるきゃんと有華はレス標識ということで一致。でも、生まれながらのアイドルであるはるきゃんと、アイドルは演じるものと心得ている有華とでは、ずいぶんと意味合いが違う。有華の割り切ったところからは、油断をしているとすきま風が吹き込んでくることがある。
いちばんテンションが上がるのはやっぱり「わがままな流れ星」。こういう翻訳不要の分かりやすい曲があと2〜3曲はセットリストの中にほしい。曲終了後のMCでえれぴょんにとことん虐げられる香菜、という図式は「隣のバナナ」の頃と変わっていないのね・・・