読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~熱風の果て~

観劇の記録

AKB48(チームK)

AKB48 AKB48-チームK AKB48-チームK-K5「逆上がり」

【出演】秋元才加石田晴香岩佐美咲梅田彩佳大島優子小野恵令奈河西智美倉持明日香小林香菜佐藤夏希近野莉菜野呂佳代林彩乃増田有華松井咲子松原夏海宮澤佐江
大島優子たむがこの前の公演から復帰ということで、ようやく迎えたチームK5th「逆上がり」公演の個人的初日。
妊娠ネタでスタートした優子たむの今日のステージは、序盤2曲とユニットとMCパート。前髪が伸びて、また一歩女優顔に近づいたように見えた優子たむにとって、AKBでの時間はすでにアディショナルタイムと言ってもいいくらいだと思うが、ステージに立っている姿を目の当たりにすると、素直にうれしい。この後しばらくK公演はなく、優子たむはまた映画の仕事が決まっているということで、いつになるか分からないが、彼女のフル出演が楽しみだ。
3名の休演者がいて、かおりんの姿は消えてしまったチームKには、最初こそ違和感があったが、プログラムが進むにつれて自然と楽しさに包まれ、やっぱり己にとってはK公演がホームなんだという実感が湧いてきた。チームKを己のホームたらしめるのは、なっつみぃ、有華、なっちといった中堅メンバーの存在が大きい。なっつみぃは前髪を揃えた髪型を見慣れていなくて、最初は名も知らない研究生かと思ってしまった。
なっつみぃのはちきれる笑顔も新鮮だったが、この「逆上がり」公演はK4よりもチームKと相性がいいようで、とにかくメンバーみんなの表情が生き生きしていることが印象的だった。しかし、己との相性でいうと、K4の方がよかったかもしれない。梅島夏代のユニット曲に代表されるように、ダンスナンバーに偏ったきらいがあるのと、初聴で深く印象に残るメロディにも聞き当たらなかった。
ユニットでは、えれぴょんとともーみに当たり役が配されたと思う。えれぴょんの80年代的なアイドルポップスナンバーと衣装は、己が見たかったものだし、SDN48風のアダルトな雰囲気のある曲で登場したともーみは「星の温度」以来、久しぶりに艶っぽさが生かされていた。腰つきがエロすぎる。K公演でネタ的なユニットがないのも珍しい。
チームKのメンバーとしてのちかりなをK公演で見るのは今日が初めてだったが、Kの一員として全く違和感がなかったので、彼女のK入りはいい人事だったと思う。リボン型に結んだ髪型と、恐竜の卵のような美肌に惚れ惚れした。
香菜の18歳の誕生祝いはラストソング後。思えばいちばん最初に見た誕生祝公演が香菜の15歳のお祝いだったっけ。14歳から18歳というと長い時間と大きな変化というイメージがあるが、チームKのメンバーに関しては、だんだん年齢が気にならないようになってきた。それだけチームKが己にとって身近なものということだろうか。
政見放送は、SKEの新海さんのインパクトが強烈だった。SKEメンの政見は、総じて外連味のない初々しさにあふれていて好印象で、3期以降のAKBメンに足りないものを見せられている。AKBの土壌が劣化している証拠を突きつけられているようで、少し寂しさも感じた。