読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~熱風の果て~

観劇の記録

AKB48(チームA)

【出演】石田晴香内田眞由美瓜屋茜川崎希北原里英小原春香佐藤亜美菜佐藤由加理高城亜樹高橋みなみ中田ちさと野中美郷藤江れいな峯岸みなみ宮崎美穂
神田明神経由で劇場へ。「だいこく祭」ということで、神様のコスプレをした人がウロウロしている境内は賑わいを見せていた。新成人の姿もちらほらあったが、優子たむをはじめとするAKB新成人軍団とは時間がずれていたようで、彼女たちの振袖姿を見ることはなかった。春香たんは研究生公演でのおばさんキャラのせいで年増な感じがしていたけど、うら若き新成人だったことにやや驚き。
うっちーの新キャッチは「世渡り上手な生意気娘」。うっちーに余り似つかわしくないし、どっちもネガティブな言葉だから、できれば定着しないでほしい・・・。基本的にいい子ばかりのAKBにヒールっぽい生意気キャラがいてもおもしろいとは思う。推さないけど。初見時の印象では、梅ちゃん、なるる、うっちーの3人にそういうキャラを少し期待したが、実際には3人ともまったくのいい子だった。そういえば、ヒールを気取っていたつもりがボロが出て研究生を辞退することになってしまった人もいたっけ。
今日は5人が休演ということだったが、誰が誰の代役なのかはよく分からず。石田ちやんが久しぶりに劇場に復帰していた。6期生の野中さんのことは初めて見た。野中さんは、唯一の同期がどう転んでも推される高城さんというのは辛い思いもしているかもしれない。しかし、何事にも光と影があるのならば、影の方に興味がわく。
ユニットでは、野中さんはバックダンサーのみで、れいにゃんが2曲に出演する構成だった。れいにゃんは長く伸びた手足を持て余すこともなく、しなやかに美しく踊る。うっちーは豪快に、たかみなは折り目正しく、春香たんは伸び伸び踊る。こういう人たちに囲まれると、みゃおの動きは物足りない。要所要所では高い能力を見せつけてはいるのだが、スポットライトが当たっていないところでは力を抜いているような印象も受けてしまう。一生懸命やっていないわけではないんだろうけど・・・
クリスマスローズ後MCは今日もまたたどたどしい雰囲気に。これを見てしまうと、必然的にチーム研究生という発想にもなるよなー。