読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~熱風の果て~

観劇の記録

AKB48(チームB)

【出演】浦野一美瓜屋茜多田愛佳片山陽加北原里英佐伯美香早乙女美樹田名部生来仲川遥香仲谷明香仁藤萌乃野口玲菜平嶋夏海、松岡由紀、米沢瑠美
今日もきたりえがB公演に出演。元々高い能力の持ち主が、いつまでB公演に出られるか分からないと常に千秋楽の気持ちを持ってステージに立っているとなれば、目立たないはずがない。よく見ると細かいミスもしているようだけど、それで萎縮したりすることもなく、自信にあふれたようなパフォーマンスを続けられるのがきたりえの強みだ。Bメンとのいじり合いを見ても、ゲストキャラという感じがしない。
終演後は美香ちぃとの握手会。一時期、身も心も限界を超えた状況で覚悟を決めたようにステージに立っているように見えた時期があったが、ナミダの深呼吸を体現したような誕生日公演でのあいさつで、辞めることを考えていたという告白があったのは衝撃だった。どうしてこうも試練が待ち受けるのかと呪いたくなるような過酷な運命を、笑顔を忘れずに乗り切った美香ちぃの強さに感服しないではいられない。今も脚はフル出場に堪える状態ではないし、この先どこまで回復が望めるのかも分からないが、美香ちぃの将来は光に満ちたものであってほしい。握手をすると、どうしても考えがマジヲタぽくなってしまうな・・・。そういえば先週も今日も握手会で美香ちぃがかぶっていたのはナミダの深呼吸で前田あっちゃんがかぶっている帽子だった。ちなみに、きたりえの帽子はよねちゃんがかぶっていた。
美香ちぃ誕生日公演はメールを出すまでもなく在宅だったが、こういうときのためのオンデマンド。しかし、「誕生日の夜」のせいでセレモニーの音声がカットになるのは納得がいかない。そろそろバースデイソングを新しくつくってもいいと思う。できれば「誕生日の夜」みたいな軟弱ソングとは違う方向性のやつを。誕生日公演を見ると、なぜか山崎ハコの「誕生祝い」が無性に聞きたくなる。「薄暗く狭い部屋でローソク一本」・・・暗すぎる!
2日間でB公演を3回見たが、美香ちぃをはじめ数人の特定のメンバーを90度くらいの角度の中から探し出して目で追うような感じ。優子たむという唯一の入り口からチーム推しへいう道をたどったチームK公演とは対照的に、チームBに関してはチーム推しという感情は育まれなかった。チームBに対する物足りなさは、チームBにはナミダの深呼吸が足りないというのも原因のひとつ。チームBはステージ上では泣かないのがルールになっているが、弱音を吐くだけの涙と、感情のすべてをぶちまけた結果の涙を同列で語ろうとしても仕方がないと思う。ナミダの深呼吸が名曲すぎて、最近己の思考回路はこの曲ばかりを出口にするようになってしまっている。