読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~熱風の果て~

観劇の記録

AKB48(研究生公演)

【出演】石田晴香内田眞由美瓜屋茜大家志津香北原里英小原春香指原莉乃近野莉菜冨田麻友中田ちさと中塚智実仁藤萌乃畑山亜梨紗藤江れいな藤本紗羅宮崎美穂
今日は約ひと月ぶりに研究生公演に参戦。9月、いちばん多く公演数が組まれている研究生公演がいつの間にか劇場スケジュールを支える存在になっていた。研究生はレッスンを含めてかなりのハードスケジュールになっているが、チームAのアンダーに入っていない研究生とここまで経験値の差がついてしまうのも残酷な気がする。もっとも、最近のAKBのご時勢では、才能さえ認められれば、ステージに立つまでもなくテレビに出られたり選抜に選ばれたりするので、ステージは一面においてはもはや過程ではなく結果でもあるんだろうね。
ひと月前の研究生公演ではパフォーマンスから気合が感じられなかったみゃおがステージを重ねて叩かれ良化していて、きたりえと研究生公演のツートップを形成できていた。A5がはじまっても、研究生公演はA4のままで続けられるとは思うが、きたりえはいよいよチームAに専念かな。きたりえがチームAのセンターに立ち、AKBの季節がひとつ進む日も近い。
ただいま恋愛中」公演は、時間がたつのが遅く感る。K4やB3と違って、柱外の観客に優しくないユニット曲が続くし、きれいな流れがあるのは「ダルイカンジ」→「Mr.Kissman」のところだけ。シングル曲を無理に詰めたような納まりの悪さもあるし、ラストの曲の前では研究生公演なのにチームAのインタビュー映像が流れるに至っては論外。個人的にいまいち馴染めないセットリストにあって、いちばん盛り上がるのは「Mr.Kissman」。前回の公演以来、この曲を踊る萌乃たんの映像の脳内再生が繰り返されていたが、やっぱり萌乃たんのキレキレダンスには引き付けられる。