読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~熱風の果て~

観劇の記録

AKB48(チームK)

AKB48 AKB48-チームK AKB48-チームK-K4「最終ベルが鳴る」

【出演】秋元才加梅田彩佳大島優子奥真奈美北原里英倉持明日香小林香菜指原莉乃佐藤夏希中西優香成瀬理沙野呂佳代畑山亜梨紗、早野薫、藤本紗羅増田有華松原夏海宮澤佐江
今日のおやつ公演で16回目を迎えたK4公演に3回目の参加。
Kメンからは、AKBのオーディションが怖いとか、明日の研究生公演が怖いとかいう話が出ていたが、今日の総出演メンバーだって、研究生と元研究生がオリジナルメンバーより多いんだから、研究生公演と言えないこともない。己は明日の研究生公演は当然スルー・・・メール外れただけだけど。みゃおに会いたいよー。
KメンはMCでも研究生の生かし方を心得ているので、研究生ものびのびしているように見えた。これもチームKの徳だなー。本音で何でも言い合えれば、普通は団結力としては十分なところなのに、チームKの場合は照れくささを感じることなく褒め合えるレベルにまで達している。
きたりえはチームKに居てもハイレベルなダンスにしっかりついていっているし、丸く大きな瞳は目立つ。「マンモス」では、下手にも上手にもなっつみぃがいる・・・?と思ったらひとりは畑山亜梨紗たんだった。最近B公演で見ていなかったので、何だかずいぶん久しぶりのような気がした。「ジュエル」のバックダンサーの内田ちゃんは、己が好きな低身長+丸顔コンボ。優子たむがチームK最低身長となってしまった今こそ、AKBにはU155枠は必要!気の強そうなところが、今後MCなどでどう表れていくのか楽しみ。石田ちゃんはあっという間にダンス上達しちゃったなー。こんなにインスタントにAKBのコンセプトである「成長を見守る」ことができちゃっていいの?
レギュラー2人が不在の「夜の蝶々」は、なるるノンティペア。気分が乗ってきて妖しく光るなるるの瞳がノンティをびびらせる。「今日の代役はハズレだと思ってるでしょ?」みたいな台詞が間奏にあって、まさに図星を突かれた感に冷や汗かいた。この曲はネタで突っ走る以外に代役が演じる余地はないんだもん。代役のことまで配慮すると、無難に主張しない曲ばかりが並ぶことになりかねないのだが、少なくともこの曲ではめーたんとともーみたむのことだけを考えて作られているのはいいことだ。
ユニット曲以外は、だいぶ耳が慣れてきて、いい感じに気持ちが盛り上がるようになってきた。終演後もしばらく昂ぶったままだったし、あと何回かは見るほどに楽しく感じられそうだ。抽選はB3より当たりにくそうなので、千秋楽までに何回見られるのかという不安はある。やっぱり神公演になるための最低限の条件は、見たいと思ったときに見られるということだし。
音楽的には己の感性からすれば現代的すぎて心に響きづらいが、歌詞の面では、チームKらしい力強さや素直さが照らし出されていて馴染みやすい。優子たむの表情は曲のノリよりも歌詞に反応してプリズムのように光を放つので、ひまわり2ndより訴えかけてくるものが大きい。特に「回遊魚」の苦悩には惹きつけられる。映画の撮影で練習不足の中で高いレベルにもってきたところに優子たむのK4に賭ける思いが感じられた。