読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~熱風の果て~

観劇の記録

AKB48(チームB)

【出演】井上奈瑠浦野一美瓜屋茜多田愛佳片山陽加北原里英佐伯美香早乙女美樹田名部生来仲川遥香仲谷明香仁藤萌乃野口玲菜平嶋夏海、松岡由紀、米沢瑠美
今週のAKBといえば、新曲と名古屋!でも、今日のメンバーは己と同じでそんなことには興味もないのか無理して無関心を装っているのか、いつも通りの劇場公演が行われた。らぶたんは微妙に機嫌が悪そうで、久しぶりにローテンションだった。
ツインテールにしていつになくアイドルっぽく見えたCindyは選抜3人が不在で「私がトップスター?」とネタ気味に言っていたけど、初めて来た人には、声援の大きいきたりえと萌乃たんがトップスターかと思えたかもしれない。AKBが誇るマルチロールきたりえは、今日もきっちりといい仕事ぶり。きたりえは、わざと色を出すのを抑えて代役に徹しているんじゃないかとすら思わせる。萌乃たんの「てもでも」は、この前の代役時のような切羽詰った感じがなくなって、第二期ゆきりんに忠実な表現になっていた。
美香ちぃは今日も一部出演。サポーターは外れた左ヒザではなく、右ヒザ。フル出場を阻んでいるのは古傷の痛みなのか。純粋すぎる魂の負の側面が出て、最近はメールの文面も公演中の表情も大いに心配させるものがあった美香ちぃは、どうやら快方に向かい始めたようで、今日は表情も明るく、影は感じさせなかった。黒髪ショート同盟の相方は、美香ちぃを励ます意味もあって、お揃いのこけしヘアーだったのかな。
B3に対象外で入る時期は過ぎたと思いつつも、昼が楽しかったので夜公演に対象外入場。
今日のメンバーの中に入ると、きたりえがセンターにいるのは当然の結果であるかのように違和感がない。最近の研究生のメディア進出を見ていると、正規メンバーか研究生かという違いには意味がなくなる日も近そうなので、Bメンにとっては、もう「うかうかできない」というような悠長な段階ではない。
夜公演では、萌乃たんもアンコールに出てくればいいのにと言うCinDyに対し、きたりえが「がんばってます!」と強い口調で返していた。きっと萌乃たんが一生懸命自主練しているのを見ているからだろうな。なかなかCinDyの挑発に乗っからないきたりえがたまに反論すると説得力がある。こうなったら、B3が終わるまでには、萌乃たんにはフル出場を果たしてもらわないと。
莉乃たんは、推している石井香織が記者会見で自分のことに言及してくれたと、嬉々としてアメーバニュースの宣伝をしていたので検索してみたら、あった。唐突に莉乃たんの名前が出てくるのは、質問者がAKBヲタだからなのか?
http://news.ameba.jp/entertainment/2008/06/14657.html