読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~熱風の果て~

観劇の記録

AKB48(チームB)

【出演】井上奈瑠浦野一美瓜屋茜多田愛佳片山陽加北原里英佐伯美香早乙女美樹田名部生来仲川遥香仲谷明香仁藤萌乃野口玲菜平嶋夏海、松岡由紀、米沢瑠美
学校へ行こう」で共演したきたりえが連れて来たのか、大西ライオンを招待席に迎えての、昼食抜きのおやつ公演。
自己紹介のCinDyが好きなお笑いのネタを思い出せないで困っていると、招待席の本人が立ち上がって「心配ないさ〜」と歌い出すという仕込みが入っていた。きたりえ出演番組を見ていなかったら、ネタも、誰なのかも、全然わからないところだったよ。
アンコール休憩には大西コールが起こり、周囲のヲタに指示を受けながら、大西ライオンが遠慮気味に「アンコールいくぞー」と音頭をとっていた。おかげでいつになく大きなアンコールの声で研究生を呼び入れることができた。
ライオン効果はこれだけでは終わらず、アンコールMCでまつゆきが詰まったところで、美香ちぃが突然「心配ないさ〜」と歌いだすという仕込みまで入っていた。ポリポリピーナッツに続いて連日でシュール美香ちぃが出現するとは思わなかった。ためらうことなく、シュールなネタを潔くやり切ってしまう美香ちぃのセンスと度胸はすごい。
きたりえは、今日もニコニコ顔で「楽しかったです」とシンプルにMCを切り上げようとしたところで、研究生公演ネタが発動。見学して、心から楽しそうに演じる研究生たちの姿に感銘を受けたというはーちゃん。チームBの悪い癖であるいい話つぶしに遭ってしまっていたはーちゃんだが、A公演からも研究生公演からもたくさんのものを吸収してチームに還元しようとする姿勢が偉い。はーちゃんとは対照的に、踊って叫んでレス来たと喜んでいるだけの見学者は、メンバーであっても3千円払ってもらった方がいいんじゃない?
研究生萌乃たんは、やっぱり芸能人オーラがある。笑ったときの皺のより方ひとつにすら品があって、今までの他のどのメンバーとも違う空気を持っているので興味をひかれる。芸能界で成功しているイメージが容易に浮かんでくるという点では、萌乃たんはAKBらしくない素材と言えるかもしれない。
今日も萌乃たんとうりゃは一部出演、きたりえは全部出演。代役研究生の一部出演と全部出演の区別はどこでつけているのかよく分からない。美香ちぃの裏のとみやん、まつゆきの裏のずっきーは、二人の怪我の可能性を考えて早くから準備をしていた、きたりえは単に驚異的な能力でこなしたということだろうか。きくぢ、ゆきりんというセンターメンバーの代役が一部出演ではステージの完成度が相当下がってしまうので、疑問に思えてしまった。
来週からK4がスタートということで、3チームで回すようになると、週末のB公演は隔週になってしまうのも覚悟だ。それより問題はK4。チームKへの情熱は、きれいに幕を閉じた1年前に置き去りにしたつもりだが、果たして・・・