読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~熱風の果て~

観劇の記録

AKB48(チームB)

AKB48 AKB48-チームB AKB48-チームB-B3「パジャマドライブ」

【出演】井上奈瑠浦野一美瓜屋茜多田愛佳片山陽加北原里英佐伯美香早乙女美樹田名部生来仲川遥香仲谷明香仁藤萌乃野口玲菜平嶋夏海、松岡由紀、米沢瑠美
チームB推され部隊のゆきりん、きくぢ、まゆゆに代わって、萌乃たん、うりゃ、きたりえが登場。きたりえ以外は例によって一部出演だった。己の前に初登場の、柔らかそうな髪の毛が印象的な萌乃たんは、いわゆるアイドル顔で笑顔にどことなくプロの風格を感じさせる。れいにゃんに似た雰囲気だった。
きくぢの代役のうりゃによるジャンヌは一生懸命やっているんだけど、秋P直伝のきくぢの迫力には比べるべくもなかった。初々しさを感じさせるという意味ではバタバタしているのもいいが、研究生としてはキャリアの長いうりゃは、もう少し頑張ってくれてもよかった。普段からレギュラーの5人が気合入りまくりのジャンヌに代役で出て違和感を感じさせないでできる研究生は中中くらいなのかな。
アンコールMCでは、美香ちぃとなるっぺが照れた感じで頭を掻きながら「ポリポリ、ポリポリ、ポリポリピーナッツ!」と小芝居風の一発芸を披露。こ、これはいくら美香ちぃが好きでも笑ってあげられない・・・。今回は滑るべくして滑ってしまったものの、シュールなセンスの持ち主である美香ちぃにはどんどんチャレンジしていってほしい。CinDyは、なるっぺの「美香ちぃと一発芸をやります」を「美香ちぃと一発やりたい」と聞き間違えるってとんでもないな!
そういえば、自己紹介MCでCinDyが湿布ネタを持ち出したのは、この前湿布を貼ったままステージに上がってしまった美香ちぃを暗にネタにしたようにも聞こえてしまったけど、「ここでこう言わなきゃ」というお手本を見せたつもりだったのだろうか。
きたりえが「暑い中での熱い公演でした」と無難なコメントで発言を終わらせようとしたところで、またも「学校へ行こう」ネタが発動。「もっと喋ればいいのに」というなっちゃんに対して、きたりえは「大人の事情です!」と際どい発言で返していた。テレビは怖いからね。
さすがに2推しコンビのきくぢとゆきりんの二人がいない公演は物足りなさが残った。公演全体のパフォーマンスが下がるのは覚悟していたとはいえ、A公演にはフル出場していると思われる萌乃たんとうりゃが一部出演ってB軽視でしょ。A4RよりB3の方が先に始まってるんだからB3が完璧にできるようになってからA4Rを覚えさせるのが順序だと思うBヲタ脳での思考。何か悔しいなー。
そもそも今の形で研究生制度がどこまで維持できるのか、非常に怪しい。AKBはメジャーへのステップというより、居心地のいいモラトリアム空間にもなってしまっているし、路線の違いで卒業を選択するメンバーはもういなそうだ。定期的に研究生公演をやったくらいで、卒業生の誕生をひたすら待つ研究生のモチベーションを保てるだろうか。推されメンはメディア専門にするか、みゃおやきたりえのように人気実力のある研究生をメディアに積極的に出していくかくらいしか選択肢はないような気がする。研究生の出し惜しみでガチャ景品の付加価値をつけられればいいというのであれば別だけど。