読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~熱風の果て~

観劇の記録

AKB48(チームB)

AKB48 AKB48-チームB AKB48-チームB-B3「パジャマドライブ」

【出演】井上奈瑠浦野一美多田愛佳柏木由紀片山陽加菊地彩香佐伯美香早乙女美樹鈴木菜絵田名部生来仲川遥香仲谷明香野口玲菜平嶋夏海米沢瑠美渡辺麻友
まるで誰かが仕組んだかのように出来すぎだったアンコールのハプニング。
「ワッショイB」で一列に並んで下手から順番に名前を呼んでいくところで、ぐっさんの番になったときに突然止まるミュージック。これがぐっさん生誕だったら合点がいくところだが、ハプニングと気づく暇もないくらいに、誰が音頭を取るでもなくアカペラで続行、客席からも大きいコールが響いて、上手までたどり着いた。そして、間奏に入って復活したミュージックに何の違和感もなく乗っかっていった。「ワッショイB」以外ではダメだったろうし、あのタイミング以外でも厳しかっただろう。
AKBスプラウトは今日のB公演を最終回にもってくれば上手く締まるんじゃないかという公演だった。チーム力を試すかのようなハプニングを乗り越え、リーダーのCindyはメディアでの活躍をはじめ、療養中のまつゆきはビデオメッセージで復活の気勢をあげ、はーちゃんは興奮の中で神公演宣言をする。解散ではないクライマックスとしては十分だ。AKBスプラウトがテレビドラマ化でもされた日には、今日のハプニングは先輩メンバーの陰謀という設定にされてしまいそうだが、実際は単なるヒューマンエラーだったようで、PAボックス内で説教が行われていた。
チームBにしては珍しいくらいの熱い場面は、既に個人的には神公演の領域に達しているB3を振り返るときに、大きなアクセントになることは間違いない。
A4を見学してたかみなの強烈なオーラに感銘を受けたというはーちゃんのパフォーマンスに注目して見ていたが、いつも以上に、舞台のどこにいても一瞬たりとも気を抜かないパフォーマンスを見せていた。最近は「純情主義」で研究生ばかりを見ていたことを少し反省・・・。今日はきたりえも莉乃たんもいなかったというのもあるけどね。チームB公演でこの二人を見るのはだんだん難しくなっていきそうだ。