読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~熱風の果て~

観劇の記録

AKB48(チームB)

【出演】井上奈瑠浦野一美多田愛佳柏木由紀片山陽加菊地彩香佐伯美香早乙女美樹鈴木菜絵田名部生来仲川遥香仲谷明香野口玲菜平嶋夏海米沢瑠美渡辺麻友
もし並んでチケットが買えたなら7時頃から並んでいたはずの、開幕1週間のPD公演。
やっぱりこの公演はメンバーも客も楽しめる。H1を最後に、B2、H2と、振りを覚えようという気が起きなかったが、PD公演は違う。覚えれば更に楽しい。そもそも、客に覚えてもらうことを狙ったような振りも多い。ここまでは客席の盛り上がりという点では、秋Pが狙った以上の結果が出ているはず。
今日も己の目をいちばん引いたのは正式メンバー入りを果たした美香ちぃ。顔がツンデレというだけあって、B2では「恋のプラン」でさえあまり楽しそうに見えなかったが、B3は心から楽しんでいる表情が見られる。そうすると「ツン」の部分も引き立つようになって、元々強烈な眼力の威力も重なって、目が離せなくなる。ひまわり組のジェットコースターに代役出演していたときにはほとんど印象に残らなかったのに、分からないものだ。
美香ちぃのユニットパートナーのゆきりんは、踊りがB1の頃みたいにクネクネし出したのが少し気になる。B2ではゆきりん自身が「苦手だった」と告白する「リオの革命」が己の目にはいちばんよく映ったわけだから、無駄な動きが多くなっているのは、それだけ気持ちが乗っている証拠なのだろう。表情のつくり方は相変わらずレベルが高い。そろそろドラマデビューしないかな。
チームB全体のパフォーマンスも、去年の夏のグダグダぶりが信じられないくらいの変わりよう。あとは、どこまでチームBのフルメンバーが出演できる公演が確保できるか。事実上のダブルキャスト制になると、ひまわり組へのアドバンテージがなくなるし、かといってBメンは選抜もメディアも控えめに、なんていう時代でもない。ましてや研究生とのダブルキャスト制でチームKを復活させてK4を始めるという時代でもないよなー。見たいけど。