読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~熱風の果て~

観劇の記録

AKB48(ひまわり組)

ピュアピュアえれぴょんを巻頭表紙に迎えるべき、と5月の日記に書いたら、来月発売のピュアピュアで、えれぴょんがグラビアに登場とか!ピュアピュア編集部とって、AKBは編集会議の対象外だろうと思っていたので驚いた。ピュアピュアに載ることで足しがあるかと言えば微妙だが、えれぴょんなら優子たむが果たせなかった表紙も狙えるだろう。
今日のひまわり組は、久しぶりの劇場参戦だったこともあってか、曲パートのクオリティは今まで見た中でいちばんだったように思えた。ストレートヘアで登場の優子たむは、肩の力が抜けて、変幻自在な表現をとことん楽しんでいた。MCパートが曲パートの出来に追いつかなかったので、全体としては最高のステージにはならなかったが、「僕の太陽」公演は、確実に脂が乗ってきている。
脂が乗ると言えば、「小池」。どうやら「小池」、「禁じられた二人」といったところがカラオケで配信になるらしい。字幕は当然、麻里子バージョンなんだろうけど、いつか有華バージョンで歌ってみたい!AKBのカラオケで不満なのは、PVつきが選べるのが「スカひら」と「桜の花びらたち」の2曲だけというところ。せっかく手間暇かけてPVをつくったんだから、全曲PVつきで配信してほしい。AKBの宣伝にもなるかもしれないし。
麻里子がケガということで、本来であれば、全裸でDVD鑑賞をしているはずのめーたんが緊急参戦。ネイルとかダイエットとかは、あまり己の美的感覚にそぐわないんだけどな。最近のネイル隆盛は、後世の人からは奇異な目で見られるのだろうか・・・なんてことはどうでもよく、めーたんといえば「Lay down」。有華がいつにも増して拒否反応を示していて、どうしたのかと思ったら、何とめーたんが歌いながら有華のベルトを奪取して、それを振り回しながら退場していった。かつて白人の征服者がアメリカの先住民を虐殺したときに、女性の×××を切り取って剣に突き刺して掲げながら馬に乗ってはしゃいだ、と何かで読んだ記憶があるが、何となくそんなことが脳裏に浮かんでしまった。
■出演者
大島優子(13)、大堀恵(10)、小野恵令奈(10)、佐藤夏希(13)、増田有華(14)、河西智美(8)、秋元才加(11)、宮澤佐江(10)、野呂佳代(9)、佐藤由加理(13)、大島麻衣(13)、前田敦子(8)、高橋みなみ(10)、小嶋陽菜(9)、板野友美(13)、峯岸みなみ(10)