読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~熱風の果て~

観劇の記録

AKB48(ひまわり組)

ゲームショー帰りのメンバーが劇場に戻ってきて、一昨日に比べると大幅に並びがきつくなったひまわり組。公演内容の差以上の並びの差とは思いつつも、優子たむに会えないでは話にならないので、一昨日の並びと立ち見によるふくらはぎの筋肉痛を抱えつつ、並びに参加。
「ヒグラシノコイ」は、有華の体調が万全でないためか、たかみな7:有華3くらいの声量。バランスは悪かったけど、有華が声が出ないなりに、いつもとイメージが違う繊細な表現で歌っていたのが耳に残った。表現力という点ではたかみなの方が一歩上を行っているので、有華にとっては、この歌は収穫が多いのでは。
「Lay down」は、めーたんがいないと至極正統なサディスティックソングに。メンバー間の危険な遊びを楽しむことができない物足りなさは、才加の圧倒的な加虐が打ち消してくれる。優子たむの髪を振り乱しての陶酔も見どころだ。めーたんの「Lay down」は見ようによっては異端に映るかもしれないが、エンターテインメントとしては素晴らしい。
めーたんとは反対に、ひまわり組のステージで元気なく映るのがNなっち。チームKサードの「花と散れ」で見せた渾身の気組みや、「シアターパイレーツ」や「草原の奇跡」での客席を巻き込むほどの心から楽しんでいる様子が見られない。表情や動きから、一時期の輝きが褪せてしまっているように感じられるのは、気のせいでもないと思う。サードでの成果を無にしないためにも、もうひと頑張りしてもらいたい。
■出演者
大島優子(9)、佐藤夏希(10)、小野恵令奈(7)、増田有華(11)、河西智美(4)、宮澤佐江(7)、秋元才加(8)、野呂佳代(6)、高橋みなみ(6)、板野友美(9)、成田梨紗(12)、佐藤由加理(9)、小嶋陽菜(7)、篠田麻里子(9)、峯岸みなみ(7)、倉持明日香(研究生)(5)