読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~熱風の果て~

観劇の記録

AKB48(ひまわり組)

季節の変わり目を迎えて、体調不良者続出のひまわり組。急きょ香菜とたかみなが呼ばれていて、登場メンバーの中にも体調の悪そうな子がちらほら。
向日葵MCは、めーたんがヨシオちゃん話で暴走している中で、才加は「ここはステージなんだよ」と苛立ちを隠せない様子だった。めーたんも何も考えずに暴走しているわけはないのだが、今のひまわり組は、才加が望んでいるであろう「戦う集団」にはなっていないのかもしれない。才加がナチノンのネタの最中に引っ込んでしまったことにも意味があるんじゃないかと勘繰ってしまいそうだ。
「僕の太陽」公演でいちばん気持ちが高まるのは、「竹内先輩」から「デジャビュ」までの3曲。この3曲は、終わりを意識する恋という共通したテーマを持ちながら、切り口はそれぞれ異なっていて、優子たむも、喜び→情熱→苦悶と大きく表情を変えながら、さらにその中でもいろいろな細かな揺れを見せてくれている。今のところ、この公演での優子たむのパフォーマンスには付ける注文が見つからないのが、何となく物足りないところでもある。
最近のAKBニュースで注目といえば、加弥乃のドラマ主演。オーディションに挑んで勝ち取ったというところに価値がある。AKBで順番を待っていては、これだけの仕事は回ってこなかっただろう。見せ窓に並ぶ遊女ではないのだから、他のメンバーも見習ってほしい。もしかしたら、加弥乃みたいに事務所に移籍しないと、挑戦することすらできないのかな。
■出演者
大島優子(8)、早野薫(9)、大堀恵(7)、小野恵令奈(6)、佐藤夏希(9)、宮澤佐江(6)、小林香菜(12)、秋元才加(7)、野呂佳代(5)、高橋みなみ(5)、大島麻衣(12)、板野友美(8)、前田敦子(5)、中西里菜(8)、佐藤亜美菜(研究生)(9)、出口陽(研究生)(5)