読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~熱風の果て~

観劇の記録

AKB48(チームB)

【出演】井上奈瑠浦野一美多田愛佳柏木由紀片山陽加菊地彩香早乙女美樹田名部生来仲川遥香仲谷明香野口玲菜平嶋夏海米沢瑠美渡邊志穂
チームK千秋楽に参加できなかった傷のせいか、チームK公演がもう行われないという喪失感のせいか、AKBファンとしての己は思った以上に衰弱していた。何のためにB公演に入っているのか疑問に思えてくる有様で、精神的なショックがありあり。優子たむは劇場で吸収すべきものはあらかた身につけたから、もう卒業でもいい、と思うのは、己自身がAKBから離れたいと心のどこかで感じていることを隠すための方便かもしれないな。
劇場では、新曲「BINGO」のPVが流されるようになった。この曲は今日はじめて聴いたわけだが、空気か水のように透明な、毒にも薬にもならず、1回聴いただけでは印象にも残らない、チームA色が強い楽曲だった。「サプライズ」という単語は聞き取れたけど、何を歌っているのかはよく分からなかった。うーん、インパクトなさすぎないかな。これまでのシングル収録曲では、何だかんだで「制服が邪魔をする」がいちばん好きで、再生回数でも他を圧倒している。次に「桜の花びらたち」、そしてなぜか「くじらのバス」が続く。逆にほとんど聴かないのが「ほねほねワルツ」、「会いたかった」、「軽蔑していた愛情」といったところ。相変わらず一度見捨てた曲はほとんど聴かないのが己の悪いクセでもある。