読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~熱風の果て~

観劇の記録

AKB48(チームK)

AKB48 AKB48-チームK AKB48-チームK-K3「脳内パラダイス」

【出演】秋元才加、今井優、大堀恵奥真奈美小野恵令奈河西智美小林香菜佐藤夏希野呂佳代増田有華松原夏海宮澤佐江
インフルエンザの後は職場にカンヅメで、心肺機能が落ちまくり。並ぶ気力もなく、貴重なFC枠で昼夜参戦。この1週間で、チームKの状態はあまり好転していなかった。チームキャプテンのめーたんが復帰したものの、ゲームキャプテンの優子たむは結局欠場に追い込まれてしまったか。TAKADAの長期欠場もケガかもな・・・彼女のダンスも梅ちゃんやかおりん同様激しいから。
「友よ」は、欠場メンバーの楽器もステージに登場していたのが思いやりを感じさせた。片付けの手間より、楽器だけでもステージに立たせてあげようという気遣いなんだ。夜はAGの二人が休みということで、音楽天使えれぴょんはなっちの後は、ドラムの優ちゃんの元へ舞い降りた。優ちゃん大人気。えれぴょんに「がんばってね」とか言われたら楽器も上達するだろうなー。
優子たむソロは、有華が代役で登場。どうしても優子たむと重ね合わせてしまう。優子たむだけにあるのは、抱き寄せたら溶けてしまいそうな淡雪の儚さ。有華は感情の赴くままにストレートに歌い上げる強さがある。「禁じられた二人」の時も感じたが、有華と優子たむは、表現者としてはかなりタイプが違う。だから有華には、代役という意識なしでやってほしい。
夜の「草原」の才加パートは、全員で合唱。シング・アウトもいいものさ。苦しい時期の団結力あふれるステージも悪くないが、もうそろそろチームKの苦難の時期を終わらせてくれてもいいじゃないかと思う。