読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~熱風の果て~

観劇の記録

AKBゴングショー(夜の部)

AKB48 AKB48-イベント・コンサート

昼は有華から、夜は、昼の部で敗者となってしまったタカダから激励を兼ねてお菓子をもらいつつ入場。しかし抽選は昼夜ともラス3以降、と最悪の形。やはりトヨスタに行かなかった罰が当たったかな、と思っていたらトヨスタではレッズ敗退とか。東海シリーズは0勝3敗・・・相変わらず鬼門だ。

高田彩奈 知的に2か国語
知的に2か国語を披露するというので、実は英語ペラペラ?と思ったら日本語と名古屋弁で2か国。さまざまなシチュエーションで、標準語と名古屋弁の違いを力説。観客にも名古屋弁を強要。昼は観客参加型のネタがなかったから、これはいい試みだった。
浦野一美 ルーちゃん
昼はラジオ収録のために不参加だった浦野MIHOちゃん。メルヘンチックな衣装で、パペット犬「ルーちゃん」を左手に従えての登場。短時間でたちまち劇場を独自の世界観で埋めて盛り上げた。しかもルーちゃんは、並んで見に来てくれるファンへの恩返しの気持ちもこめて自分で縫ったとか。
大堀恵 アイロンがけ
ラジオ体操のBGMに合わせて、客席から徴収したハンカチと、用意していたYシャツをアイロンがけ。・・・コゲくささを残しただけで終了。アイロンがけしながらトークするとか、ハンカチを使って手品をするとかくらいは工夫してほしかった。
奥真奈美 なわとび
なわとび?昼の平嶋なっちゃんと同じじゃーん。しかもまーちゃん1重跳びの1回目で引っ掛かってるしー。と思っていたら、突然「二重跳びをやります!」となぜか横を向くまーちゃん。片手に持った二つ折りにした縄を回して、客席からは二重跳びをしているように見える!?それだけで終了。さすがの度胸。
■早野薫 バレエ
今度は「変な動き」ではなく、バレエ。バレエらしい動きをしながらステージを動き回って終了。アンコールに応えて同じ動きをもう1回。最後はかおりんペンギン回転。
増山加弥乃 カラオケ
POPJAMの収録の時にNHKですれ違った松浦亜弥の曲を披露。うーん、ゴングショーの場においては、カラオケという選択は安易な感じがするなー。
平嶋夏海 バスケ
半年間バスケ部に所属していたという平嶋なっちゃんは、あゆ姉を相手にしたパス交換や、野寺氏をゴールに見立てたシュートを披露。野寺氏のメガネにシュート直撃で会場爆笑。これだけで終わっていたら微妙だったが、「毒リンゴ」の振りをしながらドリブルをする、というパフォーマンスが飛び出して、大いに盛り上がった。
■今井優、佐藤夏希 劇団NY
劇団NYのネタのオンパレード。レストラン編、落とし物編、女という生き物は・・・編、老夫婦編、親子喧嘩編、合唱祭編、と息つく間もなく立て続けに6本くらいのネタを披露。最近レギュラーステージではおとなしめだったNYはコツコツとネタをため込んでいたようだ。優ちゃんのバトン技も交えて、再び二人が劇場を盛り上げた。
星野みちる折井あゆみ 花花
上手、下手に別れて登場したクリスマスコンビの二人が、「あーよかった」を披露。ハモリも決まっていて、ステージをワイドに使ってストーリーを表現する演出もよかった。
増田有華 うさぎ
有華が影響を受けたという、酒井法子碧いうさぎ」を手話つきで。有華の歌唱力は誰もが知るところだが、そこに手話まで入れてきたのはポイントが高い。文句のつけようがないパフォーマンスだった。
渡邊志穂佐藤由加理駒谷仁美川崎希 パラパラ
トリを飾るのはチームAの4人による大型ユニットの私服でのパラパラ。軽快な振り付けはキレイに揃っていて、ヒートアップしたところで夜の部のパフォーマンスはすべて終了。

審査員は、東京1週間氏、HGSS氏、ヘアメイク氏、カフェっ娘氏の4名。ヘアメイク氏が可愛らしい感じの美人で、しかもヲタにいじられるたびにいちいち恥ずかしがってイイ!
審査員特別賞は、有華2票、平嶋・野寺コンビ1票、優ちゃん1票で、有華がデジカメをゲット。
勝者投票は、2連覇を目指す劇団NY2票、星野・折井コンビ2票で、ジャンケンに勝った星野・折井コンビが優勝となった。昼に優勝している状況で、NYに2票入ったというのはやはりすごい。
注目の敗者投票は、やっぱりという感じで、めーたん2票、かおりん1票、まーちゃん1票で、めーたんが罰ゲーム行き。ミニスカポリスで「HELLO AGAIN」。自分の身を犠牲にしてかおりんとまーちゃんを罰ゲームから守っためーたん偉いよ。
最後は、有華、みちるの歌唱力コンビによるKiroroちゅらさん主題歌。突然の指名だったにもかかわらず、完璧にハモる二人の歌唱に聴き入った。
準備期間が短かったということもあって、宣伝されていたような「意外な一面」はほとんど出てこなかったが、選抜外メンバーにとっては、歌と踊りの拘束から離れて自己アピールの場を与えてあげることには大きな意味があったと思う。全体的には成功のうちに終了という雰囲気だったので、選抜組を交えた第2回の企画もありそう。